【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師はどのような病院で勤務可能?

    

柔道整復師の技術は、専門学校などに通って資格を取得することで様々な分野で活躍することができるものとなっております。

以前は男性が多かったのですが、最近では女性が増えている傾向のある職種です。

その中でも主に選ばれる職場は病院や接骨院など、医療関係の業界だといわれています。

柔道整復師として働くためには、勤務時間や体制などを細かく確認していくことをおすすめします。

勤務時間は1日8時間が平均的です

柔道整復師が病院で勤務する場合、勤務時間は職場によって異なりますが1日あたり8時間がほとんどで、受付時間が9~12時や15~20時だと労働時間はその時間内に該当し一般的に規定の時間だけ働くことになります。

退社する時刻は片付けや引き継ぎ、カルテのチェックといった雑務を済ませてからになるかもしれません。

そうなるとすれば実質勤務時間は8~9時間ぐらいになりますが基本的に残業はないと言えます。

都心では1日あたり平均勤務時間は10時間ぐらいとやや長く勤務するところもあれば、中小規模で地域密着型の施設なら朝早くから受付し終了時間が早まるというところもあります。

一般的にお昼休みなどの休憩時間はきちんととることができるので、実働8時間程度です。

勤務している医師とは違うので24時間働くことはなく、緊急の呼び出しもまずありませんが、施術時間が長引いたり患者が一定時間において押し寄せてしまうと残業することもあるでしょう。

他にも混み具合などにもよりますが被施術者に対して、30分~1時間の施術が必要なケースもあります。

労働基準法では残業時間上限が1ヵ月につき45時間になっていて、年間360時間と決められているのでこれは超えることはまずありません。

接骨院や介護施設などいろいろな場所で活躍できます

勤務先や雇用契約などの内容によっては休日取得状況が変わりますが、基本的に週休1~2日制です。

中にはシフト制を利用している勤務態勢のところもあり、必ずしも土日や祝日が休みではない施設も多く存在し、固定休日は勤務施設の休みに合わせた日というケースが主流でしょう。

働くにおいて休日日数が重要な項目なら、年間休日が120日以上だったり完全週休2日制といった条件などを絞って、求人を検索することをおすすめします。

柔道整体師は活躍できる場所は多くあり、クリニックはもちろん接骨院整骨院整形外科リハビリテーションなどがあげられ、他に介護健康施設スポーツ施設トレーナーとしても活躍することができるでしょう。

独立して開業する人も多く、自分のペースで働くことが可能ですし、最近の傾向としては併設されている介護やデイサービスなどにおいて機能訓練指導員として活躍する場が増えています。

このように、柔道整復師の資格があるといろいろな施設や職業に就くことが可能になります。

施設によって休日日数や営業日、始業や終業時間が異なるので、優先すべき勤務条件などを決めてから職場を選ぶことができるので便利です。

比較的早めの終業時間が良いなら介護施設の勤務や地方での施設などを選択肢にいれると良いでしょう。

自分にとって最適な施設を選択しましょう

勤務条件や福利厚生などを見ると、大規模施設や都心部の施設がおすすめす。中小規模の施設や個人の施設と比べると制度面などにおいて差がどうしてもあります。

だからといって大規模な施設のすべての条件にメリットがあるわけではなく、勤務時間が長くなったり労働そのものが厳しい環境にあるかもしれません。

中小規模にもいろいろと不便なことがありますが、規模が小さくなると丁寧なサービスを行うことができたり、時間的に余裕があったりするかもしれません。

個人院では手技を磨いたり勉強することができるので、個人院ならではのメリットや魅力もあるでしょう。

事前に通いやすさや働きやすいさなどいろいろな条件を考慮し、自分にとって最適な施設を選択することをおすすめします。

例えば病院が経営しているグループ施設では、シフト制や週休2日制などを選択することができたり、完全週休2日制や不定期シフトを選択したりすることが可能です。

従来柔道整復師は比較的男性が働くイメージが強かったですが、最近では女性柔整師という言葉があり女性の有資格者も増えてきました。

それに伴って職場の環境も変わりつつあり、福利厚生がきちんと整いさまざまな講義や研修などに参加することができる施設もあります。

大規模病院や中小規模など自分の希望やニーズなどに応じて職場を選択することができ、人と接することに喜びを感じたり傷を癒やすためのサポートを行いたいといった人にはぴったりの仕事でしょう。