【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の平均勤続年数は?

公開日:2018/07/15  最終更新日:2018/09/11
    

将来の仕事を考えるとき、この職業だと何年ぐらい勤務するのか、どれくらいの年齢まで仕事ができるのか気になるかもしれません。体力や力がいる仕事とするとあまり長くはできません。働き方によっても違いが出る可能性があります。

将来の仕事を選ぶとき、いくつかの条件があるでしょう。理想としては自分のしたいことになるでしょうが、それがそのまま仕事になるかどうかはわかりません。その他、安定しているかどうかがあります。将来的にも求められている仕事かどうかです。さらに十分な収入が得られるかどうかなども気になります。それらを加味してやりたい仕事を決め、その仕事をするための準備をします。

一般の整骨院に就職した人の年数

自分自身の仕事の選択として柔道整復師を選んだのであれば、まずは養成のための学校に通って資格の取得をしなければいけません。何とか国家試験に合格できれば、その後は就職になります。一応資格はあるものの、いきなり独立するのは難しいでしょう。となると一般の整骨院への就職になります。その時の平均勤続年数としては大体10年ぐらいになるかもしれません。その人自身が将来をどう考えているかによっても異なりますが、多くの人は自分で独立して整骨院を運営したいと考えるでしょう。となるとその準備が整うまでの期間がそこでの勤務期間になります。お金の準備であったり、技術習得の準備などをしようとすると、数年で得るのはむずかしくなります。10年ぐらいであれば貯金をすればそれなりに貯められますし、技術も向上させることができます。独立を目標としてない人となるとあまり長く働けない人もいるかもしれません。家庭の事情であったり、別の道に進もうとする人もいるでしょう。それらの人であれば数年で辞めてしまうときもあります。

個人で整骨院を開院した時は長期が多い

会社に就職すると、自分から退職を希望しない限りには定年まで仕事ができる可能性があります。かつては65歳定年制にしているところが多かったですが、今は65歳定年制や定年制を設けていないところもあります。定年制が設けられているところに就職すると、いくら頑張って仕事をしたいと希望してもそれ以上仕事をすることはできません。どうしてもしたければ再就職などをするしかないでしょう。

では柔道整復師になったときにはどんな働き方があるかというと、多くの人はまず整骨院などに就職して技術を磨きます。そして一定期間後に独立の準備をして、自分で整骨院を開院します。それ以降は自分が経営者として整骨院を運営していくことになるので、その場合平均勤続年数はかなり長期になるかもしれません。会社のように定年制はなく、基本的には一生できる仕事です。また、力がいる仕事で大変そうに感じますが、実際は力はあまりいりません。診察は体に触れるように行いますし、骨折などの調整をするにしても力はいりません。慣れてくれば慣れてくるほどコツがわかってくるので、より少ない力で適切な施術ができるようになります。

30歳ぐらいで独立した人あれば、30年から40年ぐらいは問題なく働くことができるかもしれません。実際に70歳や80歳になっても続けている人はいます。ただどうしても感覚等が鈍ると治療が行えなくなるときがあり、その時には辞めなくてはいけなくなるかもしれませんが、それでもかなり長く働けると言えます。

スポーツトレーナーとして働くとき

スポーツを日常的にしている人は、将来の仕事としてスポーツに関わる仕事をしたいと考えるようです。クラブ活動でスポーツをしている人がいるでしょうが、プロなどになれないのであればそれ以外の仕事がないかを考えます。スポーツトレーナーであれば、スポーツクラブで仕事をしたり、プロチームなどに帯同しながらの仕事が行えそうです。スポーツトレーナーになるには、特定のスポーツで一定の技術を持っていたり、民間の資格などを取得してなるときもあります。それ以外には柔道整復師の資格を得てなる人も多いです。この資格を持っていると、体の構造の仕組みを理解できますし、選手のコンディショニングなども行えるようになります。整骨院で治療をする仕事以外として行う人が多いかもしれません。

ではスポーツトレーナーとしての平均勤続年数がどれくらいになるかですが、整骨院で仕事をするよりも短くなるかもしれません。スポーツクラブなどで会員にスポーツの補助をしようとすると、それなりに力も体力もいります。30代や40代ぐらいまでなら何とかできそうですが、50代になると少し辛くなるでしょう。スポーツ選手に帯同して行うときにも、それなりにハードになるのであまり長くお行えないかもしれません。あくまでもスポーツトレーナーとしになるので、それ以降整骨院を開業して仕事をするのであれば、しばらくは継続することができるでしょう。整骨院での治療の仕事は、コツさえ分かれば力が必要な仕事ではありません。

 

資格取得後に一般の整骨院などに就職するときは、独立資金などが貯められるまで勤務する人が多いと思われるので、結果的に10年ぐらいの勤務になるかもしれません。独立後はいくらでも働けるので、とりわけ健康面などに問題がなければ70歳ぐらいまでは問題なく働けるでしょう。