【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人情報|実務経験がどれくらいあれば転職には有利?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/15
    


柔道整復師の求人情報を探すときは、実務経験が考慮されるのでしょうか。ここでは実務経験と転職の関係、教育制度の充実した求人の特徴、実務経験が大切な理由などについて説明していきます。豊富な業務経験があるほど、仕事探しが有利になるのはすべての職種に共通することです。

ベテランになるのに要する期間はどのくらい?

石の上にも三年と言われているように、柔道整復師としてベテランになるには3年間くらいの実務経験が必要になってきます。もちろん適性や才能の問題もありますので、早ければ3年未満で相当に上達する人もいます。

ただ経験年数が少ないと、経験数は必然的に少なくなってくるでしょう。経験という時間を費やさなければ、手に入らないことは多いのです。

柔道整復師の求人情報に応募するときは、3年以上の経験があれば有利と判断されることが多いです。転職においてもローン申し込みにおいても、3年間の勤続期間があれば有利になります。一定の経験があるのでプロとして判断してもらえるため、積極採用されるケースが多いです。

柔道整復師の就職先として多いのは整骨院や整体院です。これらの施設は業務年数で採用の可否を決定するケースもあるので、年数は少ないより多いほうがいいのは間違いありません。 長期的な経験があっての転職活動ならば、採用で不利な扱いを受けるケースは少ないです。

一方で前職場を数ヵ月で辞めてしまい、柔道整復師として経験が少ない状態だと採用は不利になるでしょう。即戦力のある人材を雇用したいと考えるのは、どこの職場も違いありません。技術力やスキルを示すための指標となるのが実務経験ですから、できれば3年以上の経験を積んでから求人情報に応募するのが得策です。経験はそのまま実績に反映されるので、嘘のないアピールポイントになるわけです。

教育制度の充実した職場なら転職で有利になる?

転職をしたいけど柔道整復師の経験が少なく、採用されるか不安という人はいるでしょう。そうした人は教育制度の充実した求人情報を探してみるのが手です。独自の教育カリキュラムを用意している職場もあり、キャリアアップを積極的に応援してくれます。

大手グループの整骨院や接骨院は、未経験者から育ててくれるところもあります。もちろん柔道整復師の資格を取得していることが条件ですが、資格があれば柔軟対応してくれるわけです。教育制度が充実していれば、経験年数が3年未満でも転職できる可能性があります。

もちろん転職をした理由にもよりますが、人間関係や通勤時間など技術的な問題以外の理由ならあまりマイナス評価にならない傾向があります。ただし自身のコミュニケーション能力不足が原因で周囲と揉め事を起こしたような状況なら、採用は難しくなるかもしれません。

大手グループと個人店舗のいずれにも言えることですが、周囲の和を乱さないことが重要な採用条件となります。求人票に詳細が記載されていなくても、人間関係の構築に難があると判断されると採用されないケースが多々あります。

自身の適性を判断するためには、求人サイトを活用するのもおすすめです。専属エージェントが在籍しているサイトなら、適性診断をしてくれるところがあります。自分の強みと弱みを明確に把握しておくことが、書類選考や面接を突破するコツとなります。

実務経験が少ない状態での転職はなぜ不利になる?

実務経験が少ないと転職で不利になりますが、これは十分な実力が身についていないと判断されるためです。短期間で辞めてしまう人は、我慢ができない性格だと認識される可能性もあります。

どのような仕事にも言えることですが、一人前になるためには相応の時間がかかります。仕事は楽しいことばかりではなく辛いことが多いですし、何より大きな責任を背負うでしょう。 短期間で何度も職場を辞めている人は、責任意識が薄いと判断される場合があります。

また人間関係に難ありとみなされる可能性もあるので、なるべく初就職から3年間は辞めずに勤続するのが得策です。3年の経験があれば実績として判断してもらえるので、求人応募をするときも有利になります。

高待遇の職場ほど大勢の柔道整復師が殺到する現実があり、それゆえ比較検討がシビアになります。 知識やスキルも比較されるので、当然ながら勤続年数も重要な判断基準です。

短期間で職場を辞めないためには、マッチングした職場を見つけることが何より大切です。漠然と求人選びをしている人は、失敗しやすいので注意してください。ミスマッチした職場に応募したことが理由で、何度も転職を繰り返している人は少なくないです。

業務独占資格を必要とする柔道整復師は高需要のある仕事ですが、高待遇の職場で働くためには相応のスペックを要求されると考えてください。将来のことも視野に入れるなら、長期勤続できる職場を探すことがポイントになります。

 

ベテランの柔道整復師として認められるためには、3年くらいの期間が必要になってきます。ただし教育体制度が完備されている職場だと、勤続期間はそれほど重視されない場合もあります。いずれにしても実務経験は少ないより多いほうがよいので、長期勤続を意識した仕事選びをすることが大切です。