【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

女性でも応募できる柔道整復師の求人と豊富な仕事内容!

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/05
    

柔道整復師の求人の面接を受けたいが、女性は無理なのではないかと諦めている方は少なくありません。柔道整復師の求人は、性別にある程度の制限をしているところも中にはありますが、そうではないところもたくさんあります。

柔道整復師の性別による制限の実態や女性が活躍している方の比率、具体的な仕事内容について解説していきます。

柔道整復師の求人は性別が関係するのか

柔道整復師という言葉を耳にすると、何となく男の人がする職業という印象がある人は少なくありません。実際、男の人が中心の職種ですが、女性であっても資格を取れば柔道整復師になることが可能です。

例えば看護師も、かつては男性の看護師はあまりいませんでしたが、近頃は少しずつ多くなってきています。本人にやりたい気持ちがあれば性別に関係なくなれる仕事は多いです。

柔道整復師の求人では男の人の方を優遇する勤務先もありますが、男性を優遇するのは男の人の方が力強いからというのが理由になります。あくまでも一般的な話になりますが、女性の方の多くが力強く施術を行うことは困難ですが、男の人は力強い施術を行うことが可能です。

その一方、女性の方を柔道整復師として採用しているところもたくさんあるため、性別のことを気にして諦めてしまうことはありません。女性のお客さまの中には施術は女性の方にしてもらいたいと思っている方がたくさんいます。リラクゼーションサロンにいるスタッフは女性の方が多く、繊細な対応や施術が人気です。接骨院や整骨院に、リラクゼーションのメニューを提供している場合も中にはあります。

このような勤務先であれば女性の方を採用してくれる場合が多いため、資格の取得を目標に頑張るのが良い方法です。資格を取るとエステティシャンやスポーツトレーナーを目指しやすくなります。

性別ごとの比率と置かれている環境

男の人と比較した場合、女性の柔道整復師の比率が少ないのは確かですが、そうであっても3割くらいはいることになります。直近の10年間は女性が、この国家資格を取る場合が多くなってきていて、その理由として色々な職業の求人が増えてきたことが挙げられます。

かつては男性だけの業界だと考えられていましたが、近頃は職業による性別の待遇の違いがほとんどなくなってきています。転職エージェントが提供する求人を見てみても、性別に関係なく募集している勤務先は多いです。

女性のお客さまは女性の方に施術してもらいたいと考えている方が少なくありません。自分の身体を触られるので、同性の人に施術してもらう方が安心すると思うのは自然なことです。今後ニーズはもっと高まっていくことが予測されるため、柔道整復師の資格を取っておくのが、おすすめになります。

接骨院や整骨院以外にも、エステサロンやフィットネスクラブなどで働く進路も用意されている訳です。資格を取るのは中年の年代になってから取ることも出来ますが、若い年代の方が有利なことは間違いありません。若いころはモチベーションや記憶力があり、スキルや知識をどんどん吸収していくことが出来るからです。

柔道整復師が行うことが出来る仕事の内容

柔道整復師とは骨や筋肉、関節や腱などに加わる衝撃などによって起こる脱臼や捻挫、骨折や打撲などといった怪我に手術などではなく、非観血的療法で固定や整復などの治療を施すことが可能な専門家のことです。接骨院に在籍する施術師やスポーツトレーナーになって、怪我を治療したり健康を支援したりする施術師などとして以前から広く認知されていて、女性もなりたいと感じている方は少なくありません。

高校を卒業してから文部科学省が指定している4年制大学において、基礎系科目だけではなく柔道整復理論や柔道整復実技、リハビリテーション学や関係法規などといった臨床系の専門科目を学んだり、厚生労働省が許可している専門養成施設を卒業したりすることによって国家資格の試験に臨むことになる訳です。そして国家資格に合格することで、厚生労働大臣免許である柔道整復師になることが出来ます。

資格を取得後、臨床研修を受けてから整骨院や接骨院などで仕事をしたり、独立して整骨院や接骨院などを新たに立ち上げて院長として働くことも可能です。柔道整復師として整骨院や接骨院、病院などでスタッフの1人として仕事をするのと整骨院や接骨院を立ち上げるのを選ぶことが出来るのがメリットになります。それぞれの勤務先により仕事内容や勤務時間は少しずつ異なりますが、独立すれば自分の好きなように決めることが可能です。

 

柔道整復師は男性の方が多いですが、少なからず女性の方もいます。女性の方を受け入れている勤務先はあるので、転職エージェントに相談するのが良い方法です。教育制度が整っている勤務先であれば、働きながら実績を積むことが出来ます。