【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

中卒で応募できる柔道整復師の求人がないのはなぜ?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/27
    

中卒から柔道整復師を目指したいという方も多くいるかもしれません。ですが中卒という条件で求人を見つけても、残念ながらそのような募集はないのです。実は柔道整復師には資格を取得するのに条件が存在しています。実際に柔道整復師を目指したいのであれば、どのような条件を満たす必要があるのか確認していきましょう。

養成課程のある学校で学ぶのが最初の一歩!

柔道整復師というのは、中卒でも関係なく誰でも簡単になれる職業と思っている方もいるかもしれません。ですが実際には、国家試験に合格する必要がある資格が求められる職業です。

ここでポイントになるのが、国家試験を受験するためにも条件があるという点です。そもそも中卒という場合であれば、国家試験の受験資格すら得られません。だからこそ求人を探したとしても、中卒という条件では見つけることができないのです。

実際に柔道整復師の国家試験の受験資格というのが、養成課程のある専門学校・大学・短大において必要な知識と技能を3年以上学んでいくというものです。養成課程のある環境では、解剖学や生理学などの基礎系科目に加えて、リハビリテーション学や実技や理論などの専門科目の勉強が必要です。必要な知識と技術を専門の環境で身に付けることによって、初めて試験の受験資格を得ることにつながります。

実際に中卒から柔道整復師を目指したいのであれば、まずは高卒認定試験を受けましょう。高卒認定試験を受けることで、高校を卒業したのと同じ資格を得ることが可能です。そしたら養成課程のある大学や専門学校を受験できます。

さらに、大学や専門学校を卒業して国家試験合格を目指すというのが中卒から柔道整復師として働きたいと考えている方の最短ルートになっています。養成課程のある環境も多いので、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

資格の試験内容について考えよう

柔道整復師として働きたいという場合であれば、国家試験に合格することが必要不可欠です。ただし資格を持っていない方でも、施術補助というような形で接骨院などで働けるケースも見られます。

あくまで補助ということになるので、患者さんの治療を行うことはできません。ですが補助での求人はほとんどないので、接骨院で施術者として働きたいなら資格を取るのは必須条件です。

資格を取るのが必須といわれても、勉強が苦手なので合格できるのか不安という方もいるでしょう。実際に受験する場合1年に1回のチャンスになっています。チャンスを逃すと次の年に再チャレンジできますが、新卒受験者のほうが合格率は高いという状況があげられます。

実際の試験内容は解剖学や生理学などの基礎的科目の筆記試験となっています。卒業したばかりの受験生であれば、学校で学んだばかりのことが試験に出るので合格率が高い傾向が見られます。新卒の受験者の合格率が9割を超えることもあるので、しっかりと勉強していれば問題なく合格できる可能性が高いのです。

そもそも養成課程のあるところでは、学校の卒業生の合格率を高められるようにカリキュラムを組んでいます。合格率が高い学校であれば、新たな入学希望者を獲得しやすくなります。多くの学校で試験対策には力を入れているので、試験が不安な方はしっかりと学校での学習に力を入れるようにしましょう。

資格を取ったうえで就職先を探す

柔道整復師の資格を取得したら、いよいよ求人を探してスタートを切ることが可能です。ここで問題になるのが、どのような就職先を見つけるのが自分に適しているのかという点です。同じように柔道整復師として働きたいと思っていても、人によって将来的にどのような地位を目指したいのかという点には違いが見られます。

例えば独立を目指したいという方もいるでしょう。独立を目指しているのであれば、そのために合った環境で就職を検討してみましょう。

実際に求人を募集している接骨院といっても、環境は場所ごとに違いが見られます。研修が充実しているところもあれば、独立などのサポートまで行ってくれるケースもあります。そのような違いにまで注目することによって、自分に合った働き方を選ぶことにもつながります。

そもそも柔道整復師というのは、手に職をつけて自分の腕一本で働ける職業でもあります。開業して自分の整骨院を持つのであれば、元気なら70歳や80歳になっても働くことは可能です。ただし長く働くためには、確かな技術があるかどうかがポイントの1つです。

技術力が高い人だからこそ、利用者に愛されて長く整骨院を続けられるのです。そのため資格を取って最初の求人を見つけるときは、自分の技術力を磨ける環境か確認するようにしましょう。研修制度やステップアップできる環境が整っているか確認することも必要です。

 

中卒の方が柔道整復師になりたいなら、高卒の資格をとってから養成課程のある大学などを卒業し、国家試験に合格する必要があります。資格を持っている方しか求人募集は行われていないのです。また求人を探すときは、将来的な独立などの方向性を考えて技術力を磨ける環境を選ぶことも大切です。