【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるための方法は?

    

人の体を扱う職業には、大きな責任を持って取り組むことが必要です。ケガをした人の体を手術しないで治療していく専門家のスキルは、長期間かけて習得していくため、目指そうとするのであればそれなりの志が要されます。

 

 

 

体の自然治癒能力を高める専門家

柔道整復師とはいったいどのような職業なのかというと、脱臼や捻挫、挫傷、打撲、骨折など、それらのケガを手術しないで固定整復後療を行う専門家です。固定では骨折や脱臼のケガに対して、その患部を副木など利用して固定する治療法です。整復は、骨折して足や手の向きがあらぬ方向に曲がってしまったときや肩の関節が外れてしまったとき、元の向きや位置に戻すための方法です。そして後療は、患部の回復を早めるためにマッサージ(手動療法)やテーピングなどから刺激を与えて、自然治癒力を高める方法です。

このように柔道整復師は人々の健康をサポートするために存在する、心強い専門家だと言えます。少々整体師と被ってしまい、どう違うのかその違いが分からないという人もいます。2つの職業はどのような違いがあるのかといいますと、まず柔道整復師の場合は保険の取り扱いが利く立場であり、医療行為となるため国家資格を取得しなければ活動することができません。そして整体師の場合はすべて民間資格となっており、保険が利きません。つまり、国から認められている施術法が違ってくるということです。現在、目指そうとする人が増えている職業の1つともなっています。

資格取得を目指すための専門学校

柔道整復師になるためには、国家資格を取得しなければなりません。そのためにはどのようなことをすれば良いのかといいますと、養成課程のある専門学校に通い、十分にスキルを習得してから試験を受け合格することができれば取得することができます。専門学校では3年以上通って学ぶようになっており、資格取得を目指して勉強していきます。しかし高校から進学する人ばかりではなく、社会人になってから転職するために資格取得を目指す人も増えています。そのような人のために、昼間コースのみならず、働きながら学ぶことができる夜間コースを取り入れている専門学校も増えています。夜間となる場合は3年間で学ぶには時間が足りないことから、4年間通うところが多く、長期間かけてじっくりとスキルを身に着けられるようにカリキュラムをそろえられています。

思いの外、社会人になってから目指そうとする人は多く、専門学校に通うことで高卒から進学する人だけでなく幅広い年齢層に出会えるようになることもあるといいます。そして栄えある専門家となることができれば、働く現場も幅広くなっています。スポーツ施設で活動する人もいれば、介護施設で働く人もいますし、独立して開業する人もいます。なかには強いアスリートの専門トレーナーとなって、アスリートの体を支える専門家になる人もいます。昔は学ぶ人も多くは男性だったのが、体に触れる作業なので女性の患者の場合は女性の専門家がついてくれるのが良いと感じる人もたくさんいることもあり、現在では女性の数も増えてきています。

簡単な勉強ではないため、途中で挫折する人もいるといいますが、他人の体を治していくためのスキルなので責任が大きくのしかかる作業です。そのためにもしっかりと学んでスキルを身につけなければ、国家資格を取ることはできません。授業の内容は、包帯の巻き方やテーピングなどのような基本的な勉強があれば、ストレッチの仕方、マッサージの仕方、リハビリ、メディカルトレーナー、ほかにも専門学校によっては英会話を習うところもあります。英会話を習う意味は、留学する人もいることから、学びやすさの範囲を広げるために行われているところもあるということです。

専門家になるための志が必要になります

将来安定した職業に就くために目指す人はたくさんいます。職業に就くことができれば、安定した収入が入ってくるのは確かなことです。しかしこの職業は人の体を預かる職業であり、それだけ責任も大きなものなのでしっかりしたスキルを要します。もし目指そうとするのであれば、目指す前に自分が行うのに合った職業なのかどうかを確かめる必要があります。もし自分に合っていないとなれば、3年以上専門学校で学ぶのはつらくなるかもしれません。では、どのような人が合っているのかといいますと、「人の役に立つ仕事をしたい」という気持ちを持っている人です。その気持ちが全くなく、とにかく収入のことを考えると続けるのはつらくなるかもしれません。人の役に立つための職業に取り組みたいと考えるのであれば、十分に見合った職業となり、やりがいを感じるようになるという人もたくさんいます。志して勉強することはそう簡単なことではありませんが、国家資格を取得して働くようになれば、堂々と自信を持つことができる専門家として活動することができるようになります。

 

スポーツ選手や体の弱った高齢者、ほかにもリハビリを要する人にとって大きなサポートとなる専門家は、たくさんの人から必要とされる存在です。国家資格を取得するために要されるスキルは、3年以上かけて習得していきます。