【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

短期大学でも柔道整復師の資格を手に入れられる?

    

まだ10代から20代初めの若い時代であれば、将来へ向けての夢と希望に溢れている時期であり、なりたい職業のために学校で学ぶことが出来る恵まれた時期です。

柔道整復師も国内では求められる資格であり、取得をするためには短期大学で学ぶこともできます。

 

 

 

 

文部科学大臣指定の大学や短大であればOK

短期大学でも柔道整復師の資格を手に入れられることは出来ますので、夢を叶えるためにも一生懸命に学ぶことです。

ライセンスの取得を目指すことが出来るのは、専門学校であれば厚生労働省の許可を受けていること、短大と大学は文部科学大臣指定の学校を選ぶことが出来ます。

与えられた学生の期間で必要な知識を十分に付けることが出来ますので、それぞれの教育課程をこなし終了ができたら、念願の受験資格を得ることが可能です。

国家試験を受けるにあたり就学先は、専門学校を選んだとしても大学であろうとも、何か不利になるとか逆に有利になるということはありません。

違いは本人の最終学歴であり、自分自身で後悔のない選択をすることです。

また人生の中で言えば短い学生生活の中で、自分は何を経験しておきたいのかなども考えることで、就学先を選ぶときに判断に役立ちます。

数年は通うことになる学びの場ですから、毎日学校へは通いやすいかどうかも学校選びでは大切なポイントです。

自宅から通うことのできる距離にあるのか、一人暮らしをはじめて通学をするのか、用意をされている寮に入るのかなども考えるようにします。

本当にライセンスのためだけに学びたいのであれば専門学校で、毎日ひたすらそのことだけを学べる機会は恵まれた環境です。

ですがせっかくの青春時代ですから、大学でのキャンパスライフもエンジョイしたいなら、大学を選ぶ方ことであらゆる勉強ができてキャンパスライフも楽しむことが出来ます。

 

年に1回の受験のチャンスのためにしっかり学習を

柔道整復師の資格を手に入れられるのは専門学校のほかに、文部科学大臣指定の4年制大学に短大でも大丈夫です。

学生時代に専門知識を学び、学校で用意をしたあらゆるカリキュラムを全て終了します。

そのうえでライセンス取得のための試験を受けますがチャンスは年に1回だけです。

国家試験の受験をするためには、政府が指定をしている養成学校で、全てのカリキュラムを受けて終了しなければなりません。

試験で用意をされている科目としては、柔道整復理論や一般臨床医学、他にも生理学や解剖学などすべてで11個の科目です。

時間をかけて専門分野をしっかりと学び、カリキュラムをキチンと終了をして試験を受けますが、受験者の合格率としては60%から70%になります。

割合から見てみると国家ライセンスの中でも合格率は比較的高めです。

ですがこのライセンスは医療系でもありますので、かなり専門的なことを問題に出されますので、油断をすることなく勉強をして知識をインプットしていく必要があります。

無事にライセンスを取得することが出来れば、様々な就職先から自分に合った職場を選ぶことが出来るので、就職先はどこにするかも考えて前向きに勉強をして試験を受けることです。

整骨院や接骨院などはこのライセンスを持つ人のポピュラーな就業先ですが、病院でも需要はありますし、福祉施設やスポーツジムで人材を募集していることもあります。

イメージ的に接骨院や整骨院ばかりが頭に浮かびますが、もっと広いシーンでの活躍ができるライセンスです。

 

治療をする時には医師の判断を待たずに済む

骨折をしたときや挫折に打撲をした際にも、施術をすることが出来る専門家が柔道整復師です。

ライセンスの取得を目指すのであれば、短期大学や4年制大学に専門学校などから、自分に合った学校を選ぶことが出来ます。

このライセンスを持つことにはメリットも多く、医師からの指示待ちではなく、本人で判断をして治療を行うことが可能です。

たとえば理学療法士の場合であれば、そのライセンスは取得をしていても、治療をするためには医師からの指示がなくてはできません。

将来性の高さにも注目をされているのは、経験や実績を積み重ねたうえで、独立開業も目指すことが出来るためです。

医師からの指示待ちスタイルではなく本人で判断をして治療できるのは有利ですが、それだけ目の前の患者に対しても自分に対しても、しっかりと責任を持たなければなりません。

責任が伴うライセンスだからこそ、医療の世界で活躍をする一員としても、手ごたえややりがいを感じやすいと言えます。

また同じように国家ライセンスを持つ医師と同じように、保険治療ができるのも大きな特徴です。

歯科医師や様々な医師は自分で判断をして、患者に対しての保険治療をすることが出来ますので、同じようにできる事で患者のことを考えての治療がしやすくなります。

治療を受ける際には患者は費用面のことも気にしますが、保険治療ができる事で費用面の負担をできるだけ少なくすることも可能です。

 

文部科学大臣が指定をした短期大学でも、4年制大学や厚生労働省の許可のある専門学校でも、柔道整復師の資格取得を目指すことが出来ます。

定められたカリキュラムのすべてを終了することで、年に1度行われる受験資格を得られるので、しっかりと学んだらあとは受験を受けるばかりです。