【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の学校に入学する入試の種類は?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/04
    

柔道整復師の学校に入るために入試を受けるのなら、いろいろな種類があるので、しっかりと把握しておいたほうがよいです。場合によっては合格の難易度がグッと下がるため、自身に合わせたものを選びましょう。

 

 

 

 

 

一般入試とAO入試が用意されているところが多い

柔道整復師になれる学校のどこにでも必ずあるのが、受験制限がほとんど設定されていなく、誰でも受けられる一般入試です。

2回や3回と複数回行われることが多いため、例え1回目が駄目だったとしても何回でもチャレンジが可能です。それとは別にAO入試が設けられている学校もあるので、受けたいところがあるのなら調べてみましょう。

AO入試というものは、学力だけを見るのではなく、受験生の熱意をしっかりと見るためにあります。そのため、一般入試に受かる学力があるのなら、AOのほうをとりあえずでも受けてみるとよいでしょう。

一般入試よりも、早い段階で合格が決まるため、余裕を持って学校が始まる準備を行えます。ちなみに高校の成績が優秀ならば、推薦入試というシステムを利用できる場合もあります。こちらは自身の望みだけで受けられるものではなく、高校の学長からの推薦が必要になるシステムです。

もし入学したい柔道整復師の学校が推薦入試を受け付けているのなら、通っている高校の先生に相談をしてみましょう。志望する学校が設定している条件をクリアしているのならば、先生が推薦入試のサポートをきちんと行ってくれるはずです。

ただし、推薦入試で合格した場合は、ほかの学校への出願は一切認められないため、必ず受かったところに通わなければいけません。したがって、迷っている段階では出願せずに、絶対に通いたいという意思を持ってから推薦入試を考えましょう。

 

ほかの入試情報を調べる

ほかにもいくつもの種類の入試が用意されていますが、名称がそれぞれなので、お目当ての学校があるのなら情報を調べてみましょう。スポーツを頑張った方が受けられるものや、すでに国家資格を持っている方が受けられるものなど、いろいろとあります。

ほとんどの場合は一般入試よりも有利に合格できるようになっているため、各学校の入試情報を調べて、自分が受けられるものがあったのなら利用を考えたほうがよいです。

なお、柔道整復師の学校によっては、日本人だけではなく、外国人枠を設けているところもあります。外国人向けに特別作られた入試を受けることになるので、国籍が外国の方は、そちらを利用しての入学を考えましょう。

ほとんどの場合は、日本人には必要のない書類の提出を求められるので、忘れないようにしっかりと用意しましょう。中には取得するまで時間がかかる書類もあるので、余裕を持って手配しておいたほうが安心です。

また、記載すべき内容が日本人とは異なるので、願書は外国人専用のものが用意されている場合があります。もしも、入手した願書が、日本人向けのようならば、学校に問い合わせて正しいものをもらうようにしましょう。間違った願書を使ってしまっては、いくら能力があったとしても、学校に受かることはできません。

 

オープンキャンパスに参加する

いろいろとある入試の情報が欲しいのなら、オープンキャンパスに参加をして、情報を集めましょう。オープンキャンパスというと、授業を体験したり設備を見て回れたりしますが、ほぼ間違いなく個別説明会も用意されています。

そこで、入試の種類や受けるための条件を質問して、詳しく教えてもらえば、自身にピッタリのものを選べるようになるでしょう。オープンキャンパスを活用すれば、願書も入手ができるので、あとは申し込むだけになります。

なお、参加の申し込みは各学校の公式サイトから行えるため、スケジュールをチェックした上で、利用できそうな日時を選びましょう。もちろん参加費用は必要ないので、交通費さえあれば、オープンキャンパスをバッチリと活用できます。

 

柔道整復師の学校を受験するのなら、一般入試は最後の手段と考えて、ほかにも受けられるものはないかチェックしてみましょう。

一般入試はそれらが駄目だった場合にも問題なく受けられるので、せっかく用意してあるチャンスを無駄にするのはもったいないです。ちなみに、現役高校生と社会人の入試が分けられている場合もあるため、間違わずに自身に合ったほうを選定しましょう。

なお、どの入試を受けるとしても、高校を卒業している程度の知識あることを証明しなければいけません。高卒はもちろんのこと、高等学校卒業程度認定試験に合格した方も、柔道整復師の学校を受けられるので安心しましょう。