【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人に多い「ほねつぎ」ってどんな技術なの?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27
    

「ほねつぎ」とは、骨と骨をつなぐ治療法のひとつというよりは柔道整復という治療全体を表す言葉です。「ほねつぎ」を行う人を接骨医・整骨医と呼び、その人たちが開業しているところが接骨院・整骨院です。接骨・整骨・ほねつぎはすべて同じ意味で、先端医療技術を使わずに柔道整復によって怪我を治していきます。

柔道整復師の求人に多い「ほねつぎ」とは?

求人に「ほねつぎ」とあれば、それは接骨・整骨と同じ意味で柔道整復師が行う治療を総称した呼び方であり、個別の治療法を表したものではありません。

「ほねつぎ」は、骨折・捻挫・脱臼などを外科治療ではなく柔道整復師の手で治療する民間療法のことで、法律的用語では「柔道整復」と呼ばれ同じ意味です。外科手術や先端医療技術に頼らないで柔道整復師の経験と勘によって、手で揉みほぐす方法・副木をあてる・ギブスをあてる・塗布薬を使うなどして、骨折・捻挫・脱臼などを治療していきます。

古く奈良時代から行われていた治療法です。整形外科で行う治療は医療行為であり、柔道整復は医療類似行為と呼ばれます。柔道整復師は、骨折の際の副木やギブスを医師の指示なく、自分の判断で行うことができるのです。他にもあん摩マッサージ指圧師・鍼灸師なども医療類似行為となります。

つまり、「ほねつぎ」とは、医師が行う医療行為とは異なり、外科手術によらない柔道整復師が行う医療類似行為であるといえます。

応急処置が済んだら整形外科へ行って診てもらい、診察した医師がその後の治療を柔道整復師に任せてよいと判断した場合に、整骨院で柔道整復師のもとで治療していくことになります。柔道整復では、レントゲン撮影や注射はできませんし、処方箋も出ません。柔道整復師の経験と勘によって手で行う治療になります。

人間の自然治癒力を活かした治療法

「ほねつぎ」の歴史は遠く奈良時代まで遡り、長く日本人に親しまれてきたこの治療法は、中国医学や江戸期になって日本に入ってきたオランダ医学、さらに日本古来の伝統武術などの影響を受けながら今日まで発展してきました。今のような手術やレントゲンなどの進んだ治療法が無かった時代に、骨折や脱臼、捻挫などを治す方法として広まっていたのです。

「ほねつぎ」は、人間の自然治癒力に働きかけ、手術や麻酔・レントゲンや投薬などの医療技術は一切使わず、患者と信頼関係を築き協力しながら治癒する治療法です。自然治癒力とは、人間が生まれながらにして持っている回復力のことで、傷ついた部位を元の状態に戻そうとします。

それには、筋肉・骨・血液などの組織を再生したり、循環系・神経系・リンパ系などの分泌系の組織の働きを調整したりするといった反応が身体の中で起こっているのです。薬などによる副作用が心配されることもなく、身体を切ったり縫ったりすることなく自然に任せて治療をしていくことになります。

施術するにあたっては、患部を安静にしたり、筋肉や筋の緊張を緩めたり、さまざまな刺激を加えて治療方針を立て、治療過程での状態を観察しながら、治癒へ向かわせます。現代では整骨・接骨と呼ばれていますが、日本古来からの自然治癒力による治療法は「ほねつぎ」と呼ばれて発展してきたのです。

求人に「ほねつぎ」と表記される理由

柔道整復師の求人に「ほねつぎ」とあるのは、日本古来の呼び方を意識したものであると考えられます。整骨や接骨というとどこか不純物が混ざった治療法のように聞こえてしまうからでしょう。古代中国から伝わったとされる「ほねつぎ」には、庶民に親しまれる不思議な治癒力がありました。

柔道整復の方法によって骨折や脱臼を治した古代の医者たちは、神通力でももっているのかと思われていましたが、なんのことはない「人間本来に備わっている自然治癒力」を活かして治していったのです。現代のような進んだ医療機器が無かった時代は、みんな「ほねつぎ」によって身体を治してきました。

それは、庶民の中の医学者から天皇家にまで書物化されて献上され、長く江戸時代まで引き継がれてきました。江戸時代あたりから、西洋医学が入ってきて、この治療の仕組みが解明され中国医学と西洋医学の折衷した形に生まれ変わりました。

そして、昭和に入って柔道整復法が成立したのです。本来は医師免許を持った医者しかやってはいけない治療行為を、特別に許された柔道整復は医療類似行為として国が正式にその成果と医学的根拠を認めた治療法です。先端医療や薬を使用しないことから、身体的・心理的なストレスを受けずに、骨折・脱臼・捻挫・打撲などを治すことができる自然の理想的な治療法として、求人に記載されています。

 

柔道整復師の求人にある「ほねつぎ」というのは、本来の人間が持っている自然治癒力によって治すという日本古来からの精神が受け継がれたものであるといえます。筋肉・骨・血液・神経・リンパなどの組織が再生したり、調整したりしながら、身体を治していく、その支援をするのが柔道整復師なのです。