【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるための専門学校に通う前に体験入学に行ってみよう

    

資格を取るための専門学校を選ぶ際に、通えるところ、資格の取れるところくらいで考えていると決め手になる要素を見つけるのは難しいでしょう。

卒業生の声やwebページから情報を得るのも必要ですが時間が許す限り体験入学に参加してみましょう。

複数校行くことができれば聞いてきた内容の比較ができ、比較のポイントや決定するのに必要な情報が見えてくるはずです。

 

 

日程と内容を確認してから申し込む

そもそも体験入学を実施している学校かを確認するところから始まります。

オープンキャンパスや文化祭等のイベントを外部の方も入場可能にしているところもありますがそういったイベントでは講義の内容を知ることはできません。

学校の雰囲気を知るためには有効なので行っても無駄にはなりませんが講義の雰囲気や内容を知りたいのなら半日程度体験できる講義がついたものを選ぶ方がいいです。

日程も学校によって様々です。通年毎週何らかの講義を開いているところもあれば秋ごろの入試前の時期にしか行わないところもあります。

気になる学校の日程はすべてチェックして申し込み忘れがないようにし、時間をうまく調整すれば一日で2校回ることも可能です。

毎週申し込みが可能な学校は週によって内容が異なるはずです。

学校紹介に重きが置かれていたり柔道整復師の置かれている仕事環境に重きが置かれていたりとテーマによって話されることが異なります。

複数日程から選べる時には自分の興味があるものを聞きましょう。

申し込みは通常webサイトから行います。希望日を選択したら必要事項を入力するだけで申し込みは完了になります。

わからないことがある場合は電話して直接申し込んでもいいでしょう。

ただし大学の窓口は一般に土日はお休みです。

平日も日中帯のみが受付時間となっていることも多く、きちんと確認して電話する必要があります。

実技のできる講義を行っているところを選ぶ

教室で座って聞く講義ではなく実技を体験させてくれる学校もあります。

あまり多くはないので見つけたらぜひ申し込んでみましょう。

当日半日程度で要領を得て実施することなので高度なことは行いません。

身体の仕組みを利用した簡単な実験やテーピング治療の体験などを中心に内容を構成しているところが多いです。

身体は全身が繋がっているため、額を軽く押されているだけで立てなくなったり、ちょっとしたストレッチで股関節の可動域が大きく増えたりします。

原理を知っていればそれほど不思議なことではありませんがこの知識のレベルの難易度が上がっていくと思うと仕事のイメージもしやすいでしょう。

体験をしに行く段階では何も知らなくて構いません。

一緒に受講する人たちも初心者なので気追うよりはむしろ楽しむくらいのつもりで参加してみるといいでしょう。

内容によっては動きやすい服装での参加が求められるのでそれだけ忘れないようにします。

テーピングをやってみるだけでも人に治療を施すことの難しさは理解できると思います。

それを仕事にしていけるかは自分次第です。

教え方の上手い下手になると当日の講師次第の部分もあるのでそれだけで学校を選ぶのは少しもったいないですが気に入った講師がいるのならその学校を選ぶ一因としてもいいでしょう。

業界と仕事の知識を一緒に学ぼう

専門学校側は学校のアピールをするのはもちろん、そもそも柔道整復師の仕事がどのようなものか、そして取り巻く環境がどうなっているかも教えてくれることがあります。

体系立てて聞ける機会は多くないので無駄と思わず一度くらいは聞いてみましょう。

今の業界や現場を知っている人の話が聞けるのは貴重です。

この講義のスタイルが学校のカラーを表すこともあります。自分の学校のアピールをしっかりするところから、選択肢の一つに加えてほしいといったレベルまで様々です。

業界内の学校のランクや生徒数、合格者数など複数の要素が絡み合っての態度なので一概にどれがいいとは言えません。

ただこの程度の講義で合わないなと思った場合はやめておく方が賢明です。

可能ならなぜ自分に合わないと思ったか掘り下げておくと同じ体験をせずに済みます。

また質疑応答では積極的に発言をしましょう。

業界共通の質問でも、各学校の個別の制度に関する質問でも何でも構いません。

業界に対する質問を一つ用意して全ての学校で同じ質問をし、回答を比べて学校を決める人もいるくらいです。

本当に何もないのなら無理をする必要はありませんが何か一つ質問をしなければならないと思って事前に情報を集めると自然と肝心なところは覚えています。

参加して初耳のことに混乱するばかりではなく、事前知識があればその分だけ落ち着いていられるはずです。時間が許す限り調べ物はしていきましょう。

体験入学は学校の雰囲気を知る上で有効な手段です。

校舎の中を歩いて様子を見るだけでも伝わってくるものがありますので、長く通うところになるので最寄り駅や周辺の利便性をチェックしてもいいでしょう。

通う学校を決める際に少しでも多くの情報を集め、後悔のないように決めましょう。