【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師国家試験の効率の良い勉強方法とは

    

柔道整復師の国家試験に合格するためには、闇雲にテキストや問題を解くよりも、効率的に学ぶことが大切です。その方法は自分が置かれた環境や年齢など自己分析をする事や、様々な工夫が大切になります。高いモチベーションを保つためにどのような勉強方法が良いかを分析します。

効率よく国家試験に合格する方法について

柔道整復師になるためには専門学校などを卒業して、そして国家試験に合格する必要があります。学校で良い仲間と出会う事で様々な刺激を受け、それが試験を突破する高いモチベーションになります。自分1人だけでテキストを読んでいても、疑問点が発生した時に停滞をしてしまいます。そのため良き受験仲間を作って、質問を気軽にし合える環境にしましょう。

また試験範囲は解剖、一般臨床、柔道整復師の理論など広範囲です。そのため、最初にわからない部分があっても立ち止まらずに次のページに進む事が大事です。テキスト全体を読んだ後に、もう一度戻って理解できる部分もあるからです。さらに、運動学やリハビリなど細かい分野は試験の配点が少ないために、効率良く対策する事が重要です。市販の演習問題を繰り返し解く事で、重要なポイントを発見できます。また、本番の試験時間を意識して、タイムウォッチを使用して問題演習を解くと、本番でも慌てなくなります。

また地方に在住していたり、仕事で忙しくて独学になる場合は、試験の情報が足りなくなるために合格から遠ざかる事もあります。そのため定期的に受験仲間と情報交換をする事が大事です。

自己分析をしてモチベーションを上げよう

国家試験に合格するためには、自己分析をする事が大事です。例えば20代前半の受験生は暗記力と体力があるために、大量の過去問演習が可能です。他方で30代や40代の受験生は、暗記力が低下しますが、理解力は増すデータがあります。そのため普段から解説をしっかりと読み込んで、自分の言葉に置き換えて説明できるようにしましょう。

さらに、試験に合格するためには勉強部屋を整理する必要があります。乱雑している机の場合は集中力が途切れるために、効率的に学ぶことが困難になります。また過去問演習は合格のために非常に重要です。なぜなら、たしかに全く同じ問題は出題されませんが、似たような問題は繰り返し出題されるからです。そのため過去問演習をする時は、答えを丸暗記するのではなく、なぜ答えが導かれるのかについて考えましょう。試験範囲であるリハビリなどは、受験生がイメージしやすい分野であるため、しっかりと理解する事をお勧めします。不明点は積極的に学校の先生に質問しましょう。

また専門学校などを選ぶ際は、国家試験の合格実績が高い学校を選びましょう。なぜなら合格実績が高い学校は、指導ノウハウが確立しているために、普段の授業や定期試験も国家試験に近いレベルだからです。また合格実績が高い学校は優秀な学生が多いために、高いモチベーションで学ぶことが出来ます。

試験に効率良く合格するためには、テキストの選び方も重要です。この場合に参考になるのは、合格者からの評価が高いテキストです。周囲の評価が高い教材は、コンパクトに知識が整理されています。また、普段から疑問点や理解した部分の記録をメモしておくと、自分の成長や足りない部分がわかるために、効率が良くなります。過去問演習は、何度も繰り返す事が大切です。そうする事で、どの問題が頻出するかわかるからです。

勉強を継続する事の大切さについて

試験に合格するためには根気良く勉強を継続する必要があります。人は年齢を重ねると記憶力が低下する傾向があるために、学んだ範囲を忘れないように継続してテキストや問題集を解く必要があります。また目標を達成した自分の姿をイメージする事は、受験生活を乗り切るために重要です。

普段から専門学校などの講義をしっかりと受講する事も試験対策になります。直前期にまとめノートを書いておくと、効率良く復習が可能です。必修問題は30問出題されるために、普段の問題演習も、わからない部分を放置せずに解説を読んで理解する事が重要です。解説がわかりやすい問題集を選ぶと、高いモチベーションを維持出来ます。

また普段からメリハリを意識する事が重要です。テキストや問題演習で疲れた時は、散歩や音楽でリフレッシュをしましょう。休む時はしっかりと休んで、体調を整えましょう。睡眠中に記憶が整理されるために、暗記をする時は寝る前にすると効率的です。また朝起きた直後は、頭が活動していないために、水分や糖分を補給する事が大事です。家の中が騒がしい時は、図書館や喫茶店でテキストを読むと効率的に学べます。