【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

スポーツトレーナーに柔道整復師が求められる理由とは?

    

 

スポーツ選手を支えるトレーナーになる方法として、代表的なものに柔道整復師の資格を取ることが挙げられます。柔道整復師というと聞き慣れない人も多いでしょうが、一体どのような資格で、なぜトレーナーに向いているのでしょうか。

ここではそれについてご紹介していきます。

 

 

 

柔道整復師という資格と取り方について

柔道整復師とはどのような資格かというと、簡単に説明すると柔道の技術を用いて整復することです。

古来の柔道の全身でもある柔術では様々な怪我を負ってしまうため、それを応急処置するための技術が発展してきました。それを現在の医療にも活かすために存在する国家資格なのです。

実は、日本で治療行為を施せるのは、柔道整復師と医師のみとなっています。では、先ほど述べた整復とはどういう治療行為なのでしょうか。

具体的には、打撲・脱臼・捻挫そして骨折などの損傷を受けたとき、関節や骨を適切な位置で固定する方法です。これらを一般的に骨接ぎ(骨継ぎ)と呼ばれており、正しく固定することで自然治癒しやすい環境を整えることができます。

その資格を取るにはまず高校を卒業していることが前提にあります。そして、特定の専門学校や大学・短大で必要な技術と知識を習得していきます。最低でも3年間通い必要な単位を取得し、初めて柔道整復師の国家試験を受けることができ、それに合格して晴れて資格を得ることができます。

 

スポーツトレーナーに柔道整復師が必要なわけとは?

柔道整復師がスポーツトレーナーとして必要な理由として、一番最初に選手が怪我をしたときにすぐに処置する技術を要していることが大きいです。

やはり、どの競技でも怪我がつきもので、その処置が遅れたり誤っていたら選手生命そのものを脅かしてしまいます。そのためにも、骨接ぎのできる人がそばにいることは非常に重要なことなのです。

さらに、先ほど述べたようにこの国家資格を取るために専門の知識や技術を身に着けることになります。打撲や骨折というのは全身のどこでも起こるような怪我であり、当然資格を取るためには体全体の仕組みを理解しておかなくてはなりません。

スポーツ選手のサポートにその知識が必要不可欠になってくるわけです。特に、怪我をしないようにより高度なトレーニングをするときには役立ちます。もしその知識がないと無茶なトレーニングをしてしまって選手の育成どころか体を壊しかねないのです。このような理由から各団体の多くで柔道整復師の資格をもった人が重宝されています。

また、この資格は基本的に日本国内でしか通用しませんが、骨接ぎの技術は世界でも認知されるようになって海外の業界でも必要とされるようになっています。

 

スポーツトレーナーへの道に必要なもの

そもそもスポーツトレーナーと言う資格はなく、あくまで選手をサポートする人たちの総称なのです。

例えば、食事・栄養面でサポートするためトレーナーとして栄養士を雇うところもあります。精神面をサポートするために、精神科医を雇うところもいます。では柔道整復師は何をサポートするかというと、選手の体のメンテナンスということです。

この資格を取っていればトレーナーになるための門扉が大きく開きますが、病院やスポーツジムで勤めておくことで実績を積むとよりその道が開かれることになります。

というのも、いくら資格をもっていたとしても、身体を預けるための信頼が不可欠となるからです。その信頼を獲得するための一つの方法が実績というわけで、実際にその経歴が大きく関わることは少なくありません。

また、一つの資格だけでなく鍼灸師やマッサージ師・理学療法士などの資格を複数有しておくことでよりトレーナーへの道が開かれることになるでしょう。

実際に世界で活躍している一流のトレーナーの多くはいくつもの資格を有しており、日々最先端の技術や知識を習得するため勉強を怠ることはありません。その一流のトレーナーに支えられることで一流の選手が育成できるわけです。

 

柔道整復師とは打撲・捻挫・骨折などの整復する所謂骨接ぎを施すことができる資格を有する者です。それを利用して育成中の選手が怪我をしたとき、すぐに処置をすることができますし、整復師としての知識がトレーニングにも役立てることができます。

そのため、スポーツトレーナーとしての需要が高く、日本国内のみの資格ではあるものの最近では海外でも注目されているのです。

柔道整復師になるためには、この資格だけでなく、さらに選手に信頼できる何かが必要となります。実際に病院やスポーツジムで実績を積んだり、いくつもの資格を有するのもそれに当たります。