【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるために専門学校の資料請求をしよう

    

柔道整復師の国家試験合格を目指す専門学校はたくさんあり、東京都内など関東近郊に住んでいれば通えるところだけを条件にしてしまうととても選びきれません。

webページをチェックして気になる学校があったらぜひ直接資料請求をしてみましょう。

 

 

 

 

実際に行われている講義の内容を知る

もっとも重視したいのは行われている講義の内容です。

カリキュラムの詳細や具体的な授業の詳細などもらえる資料の粒度は学校によって異なりますが何らかの資料は必ず含まれているはずです。

むしろ特別言及した資料がなければそこが知りたい旨を改めて伝えて別途資料をもらうくらいの勢いでいましょう。

教える内容自体は学校によってそれほど差はないはずなので、特に気にしたいのは授業の体制です。

少人数制を採用していればわからないことがそのままになってしまうリスクは避けられ、理解が不十分なところを補う補習があれば尚安心です。

国家試験の直前には個別指導で試験対策を行ってくれるところもあります。

臨床実習に重きを置いており、複数の病院で実習することが必須要件なこともあります。

具体的な内容を上げ始めるときりがありませんが授業の進め方が自分に合っているか、自分が試験を受ける上でのサポート体制にふさわしいかの目線で資料を眺めましょう。

不明瞭なところは再度問い合わせれば詳細を教えてくれます。

反対に自分が不安なところを伝えてフォロー体制を聞くのも悪くありません。

国家試験の勉強は自分で進めていかなければならないとしても専門学校のバックアップは不可欠になります。

自習室の有無や図書館の開館時間なども載っていれば確認しておきましょう。

学習を始めた際の自分のライフスタイルがより鮮明に想像できます。

専門学校に入るための入試のシステムを知る

高校を卒業するタイミングの学生は大学受験同様に専門学校を受験します。

試験のパターンも様々で、AO入試で規定の要件を満たせれば学科試験無しで合格できることもあります。

学科試験も独自の試験のみで受験するかセンター試験を併用するかなどが選べます。

それぞれ出願時期や試験日が異なるので併願する場合は試験日が重ならないように注意しましょう。

合格発表のタイミング次第では滑り止めの学校を受ける必要があるかもしれませんので、確実に次の進路が決まるように計画を立ててから出願しましょう。

柔道整復師の専門学校の特徴として、多くの学校が社会人入試制度を設けており、資格を取れば業務ができる性質上、専門学校も広く門戸を開いています。

気を付けたいのは試験の方法です。

学科試験を課されることはほとんどなく、その代わりに志望理由書や小論文、面接などが試験となります。

正解が一つに決まらないタイプの試験を受験することになるので入試対策は難しくなりますが自分の思いや今までの経験を真摯に伝えるようにしましょう。

文章を書くのが苦手な人にはつらい作業ですが自分のことや自分が思ったことを文字にするだけなので、書くべき内容は自分の中に必ず眠っています。

自信のない方は短期間でも小論文の書き方講座をどこかで受講しておくと安心です。

また小論文のテーマとして何が選択されるかわかりません。

時事ネタが採用されても対応できるように新聞には目を通し、直近の業界の動向の情報は集めておきましょう。

知らないと書けないこともあれば自分の考え方のヒントもたくさん得ることができます。

学生とは違い一度は働いた経験があるならばその時の経験を活かした情報収集能力や文章作成能力を示しましょう。

卒業生の合格後の進路状況を知る

国家試験に受かったかは大きなハードルとなりますが試験に受かったからそこで終わるわけではありません。

資格を持って就職先を探すことになるため、一般に柔道整復師の資格を持っていれば整骨院や接骨院、介護施設などで働く方が多いです。

実際にその学校を卒業した人がどんな進路に進んだかの情報は集めておきましょう。

自分のなりたい姿からのアプローチも可能です。

スポーツトレーナーとしてプロになりたいのであれば卒業後にスポーツトレーナーを多く輩出している学校を選ぶのが近道でしょう。

国家試験に受かった段階では整骨院で働こうとする人とスポーツトレーナーになろうとする人にそれほど差はありません。

その後の業務経験や知識の積み重ねによって両者が専門性を帯びていきます。

卒業生に同じ進路の人が多いと、専門学校の授業をきちんと受けておけばその進路に対する知識の土壌ができているとみなすことができるでしょう。

また合格者だからと言って一発で合格するとは限りません。

万が一になったときの制度とそこから再チャレンジした卒業生の話もチェックしておきましょう。

学費免除などのサポート体制がしっかりしているところは学校自信が一発合格に自信があると言っているのと同じです。

落ちてしまった時も最大限にその制度を使って再チャレンジし、二度目、三度目の試験を受けた人の話があればぜひ読んでおきたいです。

モチベーションの保ち方や二度目だからこそ変えたところなど通常の合格体験記では出てこない要素を知ることができます。

専門学校側からすれば一発合格していない学生は都合が悪いのかもしれません。

それでもそんな学生の話が資料請求の中に入っているとすれば学生を大切にし、合格までをしっかりサポートしてくれることが資料の中で体現されていると言えるでしょう。

資料請求は無料でできる学校が多いので気になる学校があればどんどん資料を集めましょう。

体験入学や授業見学の案内も資料の中に含まれることが多く、より学校を知る機会を進めてくれます。

約3年という短くない期間を過ごすところになるので選ぶのには少し慎重になるくらいがちょうどいい感覚です。