【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人では高齢者と関わる業務が多い

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/03
    

柔道整復師の仕事は高齢者と関わるイメージが浸透していますが、実際の職場ではどうなのでしょうか

ここでは柔道整復師が活躍できる職場、求められる役割、応募できる仕事などについて紹介していきます。業務独占資格を必要とする職業は、資格を取得することで就職の幅が広がります。将来性を見据えたうえで求人情報を探すようにしてください。

 

柔道整復師の仕事は高齢者とふれあう現場が多い?

柔道整復師の求人には、介護・福祉施設なども含まれています。必然的に高齢者との関わりが多くなる仕事のため、シニア層とふれあいたい人に適しています。

機能訓練としてサポートし、筋力を強化して身体機能を正常に戻していくのが役割です。活躍の場は医療機関やリハビリ施設などにも及んでおり、資格を取得しておけば安定した収入を確保できるでしょう。

現場で実績を積んでいけば、将来的に独立開業の道も開けてきます。独立を成功させるためには、お客さんを呼び込むためのマーケティングが必要ですが、口コミ評価を上げることも欠かせません。

地元客の口コミを中心に利用者が拡大していくケースは非常に多いので、接客対応も身につけておく必要があるでしょう。高齢者とのコミュニケーション能力を磨いておけば、リピート率を高めることができます。

高齢者とのコミュニケーションでは、話をよく聞いてあげることが重要です。 信頼関係を構築するためには、会話をなるべく多く重ねていく必要があります。人間は会話を通してお互いの考えを知り、そこで初めて信頼関係が構築されていきます。まったく話したことのない人と信頼関係を構築することは困難です。

高齢者に説明をするときは、わかりやすい言葉を選ぶようにしてください。専門用語はなるべく使わないこと、シンプルにわかりやすく話すことが重要です。そのために初期対応や接客対応、コミュニケーションにこだわってください。

高齢者の身体機能が低下しないようにサポートする

柔道整復師になるには国家資格が必要であり、それ以外の人が従事することはできません。これは柔道整復師法で規定されており、厚生労働省が認定しています。活躍できる分野は医療や保健・福祉の場が中心となっており、必然的に高齢者と関わる場面が多くなります。

求人応募では整骨院や接骨院、整体など幅広いです。メディカルサロンに就職するときも、資格を所有していれば有利になります。 医療機関ではチーム医療による連携が要求されるため、必然的に助け合いの精神を磨くことができます。他の専門家と関わることで、総合的な知識を高められるでしょう。

整形外科での勤務経験がある柔道整復師は、求人応募をするときも有利に働きます。プラスアルファの経験やスキルを持っていると、他の応募者に対して区別化できるのです。整体師と混同されることが多いですが、整体師の場合は国家資格を必要としません。また整体師の施術は保険適用外になるのに対して、柔道整復師の施術は適用となります。

柔道整復師の役割は患者さんの自然治癒力を引き出すことです。高齢者は自然治癒力が低下しやすく、病気・怪我が治りにくい傾向があります。これらの症状が長引いてしまうと身体の可動範囲が狭くなってくるので、それをサポートする必要があるわけです。身体が動かなくなると気持ちまで落ち込んでしまいがちですから、メンタル面でのサポートをするのも大きな仕事です。

整骨院や接骨院の求人に応募できる?

柔道整復師の求人には整骨院や接骨院などもあり、独立開業を目指している人におすすめの職場です。全国展開しているグループ院に就職すれば、コミュニケーション能力や集客手法なども学習できるでしょう。どうすれば売れる院になれるのか勉強するために最適な場と言えます。

整骨院や接骨院では肩こりや腰痛、頭痛などの施術ができます。これらの症状に悩まされるのは高齢者が多いため、必然的にシニア層とふれあうことが多くなるのです。 筋肉が凝り固まってくると身体が動きにくくなってきます。可動範囲を広げるためにも、身体本来の機能を回復させる機能訓練のためにも柔道整復師は貢献しています。

技術力を高めるためには、人気の就職先で実績を積んでいくのが得策です。大切なのは痛みを取り除くだけでなく、根本治癒が可能になることです。それゆえ根本解決を売りにしている職場を見つけるのが得策でしょう。職場で学んだ知識や積み重ねた実績は、将来独立するときの基盤となります。

人気のグループ院では本格的な手技を身につけることもできます。手技は高齢者からの評価が高く、最も実感できる施術です。機械がどんなに進化しても人間の手を超えることはありません。本格的な手技を学べる職場に就職すれば、将来性はぐっと高まるはずです。求人情報を確認するときは職場が掲げるコンセプトを確認しておくとよいです。

 

柔道整復師の仕事は、介護施設や医療機関など高齢者とふれあう場が多々あります。高齢者の機能訓練をすることに加えて、身体の痛み・こりを解消するのも大きな役割です。将来的に独立開業を考えている人は、大手グループの整骨院や接骨院の求人に応募してみるのが得策です。