【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人で土日休みがある職場はどれくらいある?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/09/03
    

柔道整復師は、骨折や脱臼、捻挫などの怪我を整復や固定といった方法で治療することが認められている国家資格です。

一方で、これら治療行為として行うことのほかにも整骨と呼ばれるものを行い利用者の骨の状態を元に戻すことで、骨の歪みが原因による不快症状を改善するといったことも行われます。

柔道整復師の求人で多い職場について

柔道整復師の資格が活かせるものとしては、整骨院が中心で、昔は資格を取得してから既存の整骨院に就職して修行を積み、その後に独立開業するといったケースが多く見られました。しかし、現在ではニーズの多様化によって変わってきており、それまでの治療施設の整骨院ではなく身体の不調を骨の歪みからアプローチして改善するような施設やリラクゼーションを目的にしたものなどが増えています。

整骨院の場合には治療行為を行えば健康保険を請求することができますが、このような多様化によって保険診療に頼るのではなく利用者のニーズに応えて報酬を得る方が増えています。またスポーツトレーナーとして働く人もおり、特にもともと柔道整復師の発祥がスポーツを行っている際の怪我を治療することを目的にはじまったことを考えれば、理にかなった働き方といもいえるものです。

それと柔道整復師の資格を活かせる職場としてニーズが増えているのが介護福祉施設になります。こちらもトレーナーの役割を活かせるもので、リハビリのサポートが主な仕事になりますが、通常の介護であってもその知識を活かすことが可能です。

もちろん、柔道整復師の資格があるということは脱臼や捻挫、骨折などに対する治療知識があるわけですから、これら人を預かるような施設において、怪我が起こった場合の応急的な治療という意味でも学んだことを活かせることができます。

柔道整復師の資格を持っている人の動向

柔道整復師の資格を取得するためには、高校を卒業後にそのカリキュラムがある大学・短期大学・専門学校に進む必要があります。柔道整復師取得コースがあるということは、厚生労働大臣指定の養成施設であるということで3年以上の在学によって卒業すると受験資格を得ることができますし、卒業後に国家試験を受験し合格すれば柔道整復師として働くことができます。試験は筆記試験のみで、必要なことは養成施設で学ぶことになります。基本的には卒業できる能力があれば十分に合格が可能です。

一方で、資格を取得しても経験はほとんどありません。このため多くの場合には卒業後に接骨院など柔道整復師の資格を活かせる職場に就職するのが一般的です。接骨院の中にはインターンシップを設けているところもあり、経験を積むことを目的にその施設で働くことも出来ます。

昔はこれらの施設で修行したあとに独立開業するといったケースも見られましたが、現在では知識と経験を活かすことができる他の職場に転職するのが一般的です。その受け入れ先としてはリラクゼーションを目的としたサロンやスポーツジムなどのスポーツトレーナーなどのほか、近年需要が増えているのが介護施設です。特に介護施設で設置が求められる機能訓練指導員には柔道整復師の経験と知識を活かすことができるため、介護方面に転職する人も増えています。

柔道整復師の資格を活かせる土日休みの職場

柔道整復師の資格を活かせる求人としては、接骨院や病院やクリニックの整形外科、サロンのほか、スポーツジムやフィットネスクラブ、また介護施設などがあります。土日休みの求人はその職場の性質によって異なるもので、一般の人が休みの時に利用してもらうような施設の場合には出勤をしなければなりませんが、代わりに平日が定休日になります。

またスポーツトレーナーなどは利用者のスケジュールに合わせて仕事を行う必要があります。 多くの場合には施設そのものが土日休みといったケースが多いものですから、合わせて休みとなるのが一般的です。しかし、営業を行っているところであれば、土日出勤もしなければなりません。

スポーツジムなどでも平日に働いている人をターゲットにしているところであれば土日が休みということもありますが、年中無休であれば出勤が求められることがあります。もちろん、その分休みは平日に用意されていますし、休日出勤では手当が付くものです。

介護施設でも、デイサービスなど通いの利用客が中心であれば土日が休みですが、預かるような施設の場合には年中無休ですから一般の職員と同様に出勤しなければならない場合もあります。 基本的に求人を出している職場が、土日を定休日としていれば休みとなりますが、そうではないケースもあるので募集内容をしっかりと見ておくことが欠かせません。ただ数として見た場合には、土日が休日の求人募集がほとんどです。

 

職場の施設そのものが土日休みであれば、当然ながら休みとなりますが、そうでない施設もあり、その場合には土日出勤もあります。数としては土日休みがほとんどですが、そうではないケースもあり求人の募集内容を確認することが大事です。