【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人で給料が高額になる資格や経験はある?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/30
    

柔道整復師の求人を探すときに、一つだけの資格ではなく他にもあると効率が良い資格を持っていれば給料は高額になりやすいです。また、色々な現場での経験などが豊富だとやはり給料は上がりやすくなります。

ここでは柔道整復師の求人で給料アップに繋がる資格や経験などを紹介します。

柔道整復師と一緒に鍼灸師があると幅が広がる

求人で給料が高額になりやすい資格として他に鍼灸師の資格もあると、それぞれ施設を用意して施術をすることで保険適用の施術と自費施術も可能なので対応できる患者の幅が広がります。

特に独立開業を考えているときは両方資格を持っていると、接骨院の患者には鍼灸のような東洋医学的なアプローチを行うことで症状が改善する人も多く喜ばれやすいです。

これは逆の場合でも同じで、例えば鍼灸師の資格を持っている人がねん挫の患者が来院したときに、正しい対応をするために柔道整復師の国家資格を取得することもあります。

2つの資格を活用すると施術法も広がり、特に高齢者の患者を診るときは両方あるととても良いです。西洋と東洋どちらも働きかけられるのでより改善しやすくなります。これはスポーツトレーナーとして働くときにも役立って、スポーツ選手の体調管理にも活用出来ます。

実はこの2つの資格には共通科目があって学び直しが出来て知識も広まりやすく、両方の知識と手技を活かすことで患者が求める施術もしやすいです。筋肉などの外傷と内蔵やメンタルへの2つの手技を併せもて、就職でも求人数が増えますし待遇も条件が有利です。

国家資格を同時受験すると解剖学や生理学など難問科目の理解度も深まるので、合格率も上がり両方の先生とコミュニケーションが取れるため医療業界での人脈が広がりやすいです。

柔道整復師の経験を積んで収入アップも可能

最終的に独立開業を目指す場合でも、求人で高額を狙うにもまずは施術経験を積むことが重要で、資格取得後は接骨院や整骨院などへの就職が一般的です。

最初に就職先を探すことから始めて、求人情報は専用のサイトや雑誌などで集められますし、特定の季節に募集が増えるなど季節変動も少ないので欠員が出ると募集があったりと年間を通して求人があります。資格取得で通学必須な養成学校は、就職サポートも充実しているので在学中に就職活動を始めると有利です。

柔道整復師は雇用形態も色々で、正社員や契約社員、バイトやパートなど就職先によって待遇もかなり違います。独立を目指す人も多くて厳しい環境ほど人気も高いです。

就職の試験は一般企業とあまり違いがなく、学科試験や面接だけで採用になることもあります。長く続けるためには腕を磨くことが必須で、腕を磨くにはたくさんの患者と接して多くの施術を経験するしかありません。資格取得後に整骨院などで働いていても患者の数が少ないために、もっと経験を積むためにたくさんの経験が出来る施設へ転職する人もいます。

接骨院などでは高齢者向けの介護施設など色々な分野を手掛けている所もあって、その場合だと機能訓練士としての経験を積めます。当然ですが、全く経験がないよりも色々な場所で働いて、様々な患者の施術を行ってきて実績が高い方が給料も高額になります。

柔道整復師は独立しやすく長く続けられる

他の理学療法士や作業療法士だと医師の指示がないと施術が出来ませんが、柔道整復師だと医師と同様に自分で判断をして施術が出来ます。免許を取得すれば独立開業も可能です。

自分の方針で経営が出来るのも人気の一つで、将来的に独立もそれほど難しくなくて会社に務めながら30代後半で転職を考えて、通学と免許取得をしてから整骨院などで経験を積んで僅か数年で自分の整骨院の開業を行う人もいます。

転職する人の前の職業も色々で、20代は建設会社のバイトをしていたり、30代で営業から転職する人もいたりします。会社に勤めていると定年になると退職しますが、柔道整復師だと免許があれば元気な限りは働けます。中には独立開業をして70歳から80歳を過ぎても働いている人はいて定年はありません。

高齢でもたくさんの人が活躍している職業が転職の理由の一つで、退職後の生活が不安で年齢に関係なく働ける職場を求めて40代や50代から取得して成功する人も少なくないです。

色々な経歴がある様々な年代の人が活躍出来る業界で、採用にも年齢制限がないところも多く年齢が高いからといって応募を諦めなくても良いです。

年齢はあまり関係なくても本人が健康であることは不可欠で、投薬での施術はしないで施術は手や体を使います。身体を動かす時間が長いので予想よりも重労働で、自分の健康管理で働ける年齢も違います。

 

柔道整復師の求人で少しでも高額な給料を得るためには、鍼灸師や多くの現場で働いてきた経験などが必要です。たくさんの患者を実際に施術することで、技術力も上がりますし患者との対応の仕方などもわかってきます。まずは、未経験でも可能な所から探して腕を磨くことが大切です。