【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人募集にはどれくらいの実務経験が必要?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/15
    


柔道整復師が自身の整骨院や接骨院に求人募集をかけるときは、どれくらいの実務経験がある状態が好ましいのでしょうか。ここでは実務経験の重要性、ベテランになるために必要な期間、求人募集と施術内容の関係などについて紹介していきます。有能な人材を確保するためには、求人側の柔道整復師にも相応の能力が求められます。

募集する本人にも実務経験が必要

柔道整復師が求人募集を出すときは、整骨院や接骨院の人員確保のためでしょう。スタッフを雇い入れる状況では、募集者も相応の実務経験があるのが好ましいです。例えば未経験で入職した人に対して、教育ができないと問題があるためです。自分も相手も未経験者となれば、業務に支障が出てきます。

一般的に求人募集をかけるときは、条件として経験3年以上を求めることが多いです。つまり募集者自身も少なくとも、3年以上の経験が欲しいところでしょう。経験が豊富にあれば新人さんに適切な指導ができますので、早期の実力アップが可能になるはずです。

柔道整復師は業務独占資格を有する職業ですが、資格を取得したからすぐにベテランになれるわけではありません。ベテランになるには最低でも3年は必要と言われており、実際に職歴として評価されるのも3年以上です。

なぜ3年以上を要求されるかというと、1~2年では十分な経験を積めないためです。どれほどの才能があっても、経験が少なければ実績も積めないでしょう。つまり3年という実務経験は、実績を証明するための期間となります。

柔道整復師の求人募集をかけるときは、募集側にも相応の経験を求められると考えてください。すでに独立開業をしている状態で募集をかけるのが一般的ですから、現実的に見ると実務経験は10年以上という人が目立ちます。独立するには相応の資金が必要になり、お金を貯めるために時間がかかることも関係しています。

3年以上の経験があればベテランになれる?

柔道整復師としてベテランと呼ばれる域に達するためには、最低でも3年以上の経験が必要だと言われています。これはあくまで最短の期間ですから、人によっては5~7年以上かかると考えてください。

ベテランになるには多くの実績が必要ですから、施術件数がモノを言うのです。経験年数が長くても施術件数が少なければ、思うように上達しないケースは少なくありません。

求人をかけたいと考えている整骨院や接骨院は、5~7年以上の実務経験がある人が多いです。独立するには多額の資金が必要であり、3年くらいでは貯めることが難しいでしょう。事業融資で調達する方法もありますが、やはり自己資金率は高いほうが安心です。 そうした理由から整骨院や接骨院が求人募集をするタイミングは、5~7年以上の実務経験を経てからの状態が多いわけです。

経験年数は長いほど信頼性は高まり、10年以上の実績があれば総じてベテランと言えるでしょう。もちろん技術力には差がありますので、経験が長いから技術も高いとは言い切れません。中には10年の経験がある大ベテランよりも、経験3年ほどの中堅スタッフのほうが技術が上というケースはあります。

ひとつ言えることは利用者が多い治療院ほど、評判が高くリピーターも多いことです。売れているところは技術・サポートが充実しており、顧客満足度が高いと考えられます。つまり経験年数に加えて、実力も重視されるわけです。

求人募集では施術内容も重視される?

柔道整復師の求人応募を考えている人は、院長の実務経験に加えて施術内容もチェックしています。この職場に勤務することでどのようなスキルを身につけられるのか、効率的なスキルアップは可能か、将来独立するうえで有利になるか、などを総合的に考えているのです。つまり求職者にとって魅力的な職場だと思ってもらうことが、効率よい人材確保につながります。

よりよい人材を確保するためには、ホームページにこだわる必要があります。ホームページは整骨院や接骨院にとって、プロフィールや顔とも言えるものです。ホームページの作りが粗末だと、それだけで信頼性を勝ち取ることが難しくなります。

あとはページ内に得意施術を明記しておくことが重要です。もちろん実務経験を記載することも重要ですが、具体的な施術内容も知らせておく必要があります。応募する人がどのような職場なのか明確にイメージできるようにしてあげましょう。

ホームページには嘘の内容を記載してはいけないので、実務経験に即した内容にする必要があります。嘘はいつかバレてしまい、バレると信用を失うことになります。

実務の経験年数や得意な施術などは、嘘偽りなく記載してください。最近はバキボキした施術よりも、痛くないソフトな施術が評価される時代になってきています。こうした施術を身につけたくて職場選びをしている人は少なくありません。得意分野を明確にしておくことが、人材を確保する上での強みになるのです。

 

自分の整骨院や接骨院に人材を呼び込むためには、自身の実務経験も必要になってきます。ベテランの柔道整復師になるためには、少なくとも3年以上の経験が必要になってきます。求人募集を出すときは、いかに職場の魅力を伝えるかがポイントです。施術内容を明確に記載し、求職側がイメージできるようにしてください。