【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

高齢者のリハビリ施設でも柔道整復師が働くことができる?

    

 

 

高齢者のリハビリ施設でも柔道整復師は働くことができます。お年寄りの中には腰やひざ、首などを傷めている人が多いので整復師としての技術を生かせます。

ここではそんな働き方についてご紹介していきます。

 

 

 

介護施設での仕事は増えている

柔道整復師の介護施設での求人は近年増加しています。介護施設というと、そこで体の不自由なお年寄りが食事や入浴などの補助を受けるイメージがありますが、それだけではありません。

脳梗塞などで手足が不自由になった人が施設に入って、リハビリを受けることがあります。それを指導するのが整復師の仕事です。

整骨院の仕事と異なった面があります。整骨院では患者さんの痛みを取るのが主な仕事ですが、介護施設ではお年寄りが自立して生活できる手助けをしていきます。そのためにお年寄りの健康や心の状態に関する深い知識が必要です。

また一般の成人にくらべて耳が遠かったり、頑固な性格の人もいるので辛抱強い仕事ができなければ、介護施設で働くのは容易ではありません。

介護施設の仕事はいくつかあるのですが、その中で特に重視されるのは生活のリハビリです。自分で立ち上がって、動けるように指導します。病気によって歩きにくくなるお年寄りもいます。そんな人には歩行の訓練をします。これは施設ごとに異なっているのですが、マッサージなどを担当することもあります。

この種の仕事の経験があれば、採用されやすいです。ただし、未経験者を採用する施設も少なくありません。正社員としての採用が多いのですが、パートアルバイトの採用もあります。さらに整復師の仕事にブランクのある人でも採用する施設があるので、結婚などで一度現場を離れた方にも、再び働けるチャンスを得られる可能性が高いです。

 

学校を出てすぐに働き始めることもできる

介護施設で働く場合は、学校を卒業後にすぐに働ける場合があります。経験はなくても、学校で学んだ知識や技術を生かせます。

整骨院で働くこともできるのですが、介護施設の仕事は全国的に募集されているので見つけやすいです。整骨院は都市部に集まる傾向がありますが、介護施設は地方でも多く作られています。地方でこの仕事をしていきたい人に介護施設での仕事は向いています。

ただし、難しい面もあります。全く経験がない場合、自分の技術の活かし方が分からないことがあるかもしれません。さらに自分よりかなり年上の人達に接することになるので、コミュニケーションの仕方に戸惑うこともあります。

それでも自分の仕事に対して不安を持つ必要はありません。採用されたら、十分な研修が行われるのでそれを受けたら、仕事のコツが分かるようになります。

先輩も必要に応じて助けてくれます。慣れていなかったら、お年寄りに指導するというのは、最初は大変でしょう。それでも歳をとった人は、若い人に接することを好む場合が多いので心配はいりません。

自分の担当する人に気に入られたら、仕事がしやすくなります。柔道整復師は将来性のあるものです。日本は高齢化社会を迎えているので、介護施設に入る人は毎年増加しています。

またリハビリを担当する人の数は不足気味なので、売り手市場になっています。施設の中には勤務の条件を良いものにして、人材を集めているところも多いです。

 

整骨院などで経験を積んでから始める

整骨院などで働いている柔道整復師が、転職先として高齢者のリハビリ施設を選ぶこともできます。これまでの仕事と異なった面があるので、最初は戸惑うかもしれません。

しかし、自分の経験を生かせる面もあるので働きやすいです。例えばリハビリ中に痛みが出ることがあります。その場合は整骨院での経験を生かして、その痛みを取れるかもしれません。

また整骨院で働いて多くの患者さんに接した経験も生かせます。介護施設での仕事でもコミュケーションは重視されます。お年寄りとうまくコミュニケーションできなければ、この仕事は難しいと言っても過言ではありません。

整復師として働いた経験を十分に持っている方だったら、お年寄りとのコミュニケーションはスムーズにできるでしょう。その点を考えても、整骨院で働いていた人に適した仕事です。

ただし、これまでとは異なった面もあります。整骨院の仕事は治療行為が多いですが、介護施設での仕事は機能回復が主なものになります。

例えば歩きにくい人が再び歩けるようにするには、筋肉や関節の痛みを取り除くだけでは不十分なこともあります。計画的な訓練を通して、徐々に歩行の機能を取り戻さなければなりません。技術だけではなく、足や腰の関節や筋肉の機能について本を使って学び直さないといけないこともあります。

慣れてしまえば、この仕事はやりがいを感じられるようになります。何よりも体を動かせるようになったお年寄りから感謝されるのが、やりがいの一つです。

 

高齢者の介護施設でも柔道整復師は仕事をすることができます。

その場合はお年寄りの機能回復訓練が主な仕事です。例をあげると、脳梗塞で歩けなくなった人が再び歩けるようになる訓練を行います。体の痛みを訴えるお年寄りのマッサージや施術を担当することもあります。

このタイプの仕事は学校を出てすぐに働けますし、整骨院などで仕事をしてから転職することも可能です。機能回復の仕事は人材が不足気味で、これから有望な仕事の一つになっています。