【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人応募に必要な資格を取得する手段

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/09/03
    

この記事では柔道整復師として就職するために必要な資格の取得方法をご紹介します。

そもそも柔道整体師とはなんなのか、どんなことをやっているのかという基礎基本的なことから、どんな場所で活躍しているのかや、求人状況や平均年収などもご紹介しています。

そもそも柔道整復師とは

昔、ほねつぎや接骨師などと呼ばれていた職業で、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの損傷を非観血的療法で人間の持つ治癒能力を最大限発揮させる施術を行います。

整体師やカイロプラクティック師、あん摩・マッサージ・指圧師とは区別された職業であり、国家資格が必要です。接骨院や整骨院という施術所を開業できたり、病院や接骨院などで働くこともできます。

病院では、整形外科で勤めることとなり、医師や理学療法士などと共に働くことでより深い知識を習得することが可能で、人気の就職先です。 他にもスポーツトレーナーとして選手のサポートをしたり、パーソナルトレーナーとしてジムで指導する選択肢もあります。 介護・福祉施設で機能訓練指導員として筋力を高める運動を指導するキャリアを歩む人もいます。 スポーツや介護・福祉分野での活躍が広がっており、世界に進出している柔道整復師もいます。

仕事内容は整復法・固定法・後療法によって整復、固定などの治療を行います。 整復法とは、骨や関節を元の場所に戻るために操作する技術のことで、固定法は、三角巾や包帯、副木などで患部を固定することです。

また、後療法は、損傷した組織を回復させる療法のことです。物理療法・手技療法・運動療法の3つに分けられます。 独立開業が可能な資格であり、国家資格ということもあって手堅いイメージとスポーツトレーナーの道があることから人気があるようです。

柔道整復師の求人に応募するために必要な資格とその取得方法

柔道整復師として求人に応募するためには、柔道整復師の国家資格を取得する必要があります。 柔道整復師の資格の取得には、高校卒業資格と柔道整復学科のある4年制大学か3年短大または柔整系専門学校を卒業し国家試験に合格する必要があります。短大と専門学校は3年で卒業できるため費用と時間どちらも少なくすみます。 しかし大卒の資格が得られないため大卒の肩書きが欲しい方には不向きでしょう。

最短で柔道整復師の求人に応募したいのであれば短大か専門学校を選ぶ必要があります。 学費は大学が約600万〜700万程度で、公立大学がないため比較的高価になっています。短大は約300万で、専門学校が400万弱です。 専門学校では昼間部と夜間部があるところが多く、働きながら資格取得のための勉強をすることが可能です。

学校での授業は難しく、毎年1〜2割ほどの生徒が留年または中退しています。 そのため真面目に授業を受け勉強をする必要があります。 進級のハードルを高く設定している学校も多く、片手間で卒業できるほど簡単ではありません。

また国家試験の合格率は年々低下傾向にあり、現在は60%前後となっています。 しかし、新卒だけを見れば80%近くあり、学校で厳しくも手厚く指導してもらうことで国家試験をパスできるでしょう。 高い水準の生徒を育成するためには進級への厳しいハードルが必要ということがうかがえます。

柔道整体師の求人状況と平均年収

なかなかに資格取得までの道のりが長い柔道整復師ですが、求人状況はどうなのでしょうか。 病院や接骨院だけでなく、介護・福祉分野やスポーツでの就職も可能なため求人は多いです。専門学校などでは就職率100%をうたっているところが多いのも求人が多いことの証拠でしょう。

やはり人口の多い東京、大阪、神奈川などは柔道整復師の就業人数が多くなっています。 近畿地方では人口あたりの柔道整復師の人数が多い傾向にあります。 そのため近畿地方は狙い目ともいえますので、引っ越しも厭わず就職したい方は一度探してみるといいかもしれません。

人気の就職先は、専門家と一緒に働くことで知識がつけられる病院ですが、介護系はこれから需要が高まりさらに必要となっていく分野です。

柔道整復師として新卒で働く場合の初任給は20万程度です。 平均年収は300〜700万。 平均年収の振り幅が大きいのは、開業した場合や、スポーツトレーナーとして働いた場合など多種多様な分野での活躍や業務形態が存在するためです。 ちなみにスポーツトレーナーとして働く場合の平均年収は約570万でした。 機能訓練指導員という介護の職業で、柔道整復師のキャリアの一つとされています。 その機能訓練指導員の平均年収は354万でした。

年収を上げるためには独立、開業することが必要なようです。そのためにも病院などの勤務でしっかりと経験を積む必要があります。

 

いかがでしたか? この記事では柔道整復師になるための資格についてご紹介しました。 まとめると、柔道整復師になるには国家資格が必要で、資格を取得するには大学・短大・専門学校のどれかを卒業し国家試験に合格する必要があります。就職先も多く、就職率は100%の学校も多くあります。