【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

専門学校に通わなければ柔道整復師になれない?

    

国家試験を受験するには、国が指定する養成学校の修了が条件になっています。独学などから受験をするのが難しくなります。まずは養成学校にどんな種類があるかを確認しておきましょう。その中から自分に合った学校選びをしましょう。

 

 

 

 

大学や短大の養成コースを利用できる

高校を卒業した後、いくつかの進路があります。今は大学や短大に進学する人も多くなっていますが、もちろんそれ以外にも進路があります。将来なりたい仕事が決まっているのであれば、その仕事をするためのいろいろな選択をしていく必要があります。資格を取得する必要があるのであれば、そのために必要なことをしていかなければいけません。一般的な資格の中には独学で自分で勉強すれば受験ができるものもありますが、医療関係の国家資格と言いますと多くは独学では受験が難しいものがほとんどになります。

では、柔道整復師の場合、専門学校に通わなければなれないのでしょうか。そのように疑問を抱いた人は国が指定している養成学校を調べてみましょう。するとそれ以外の学校でもなる方法があることがわかります。まずは4年制の大学があります。医学系や福祉系のコースを持っている学校であればその中に設定してくれている可能性があるので探してみましょう。4年制は3年制に比べると1年多く学べ、1年分内容が濃く、より実習の質なども高くなっています。一方できるだけ早くなりたいと考えるのであれば3年制の短大を選択することもできます。4年制の大学よりも効率的に学べるようカリキュラムが組まれているので、問題なく学べます。どちらにも共通するのは受験が必要で、さらに合格しないと入学ができない所でしょう。難易度が高い学校もあるので、受験対策をしっかりしないといけません。複数の学校を受験するなどしておくと安心です。

受験をしたくない場合は専門学校へ

大学や短大に進学するとき、必要になるのが受験です。願書を提出すると、入試日に学校などに出向いて試験を受けます。試験の内容は学校によって異なり、推薦入試であれば面接や小論文だけの時もあります。一般入試は学科試験になることが多く、科目の勉強としておく必要があります。柔道整復師になるための進路として、一応大学や短大もあるのでどちらかを選ぶことになります。

しかし、もし「大学や短大の受験が大変そうだ」と感じる人がいたら、専門学校を検討する方が無難でしょう。専門学校では、一応形式上の入試を設けているところはありますが、受験生を落とすための試験ではなく、基本的な学力があるかどうか、入学を希望する人がどれくらいやる気を持っているかを見られます。ただし誰でも入れると簡単に考えていると入れなくなるときもあるので注意が必要です。誠意をもって受験する姿勢を忘れないようにしましょう。

なお、専門学校を受ける場合、大学や短大に比べて良いのは、より専門的なカリキュラムになっているところでしょう。大学や短大では一般教養と呼ばれる授業が一定数あります。入学した当初は一般教養の科目が中心になるため、なかなか自分のやりたい勉強ができないときがあります。もし入学直後から実習を受けたいのであれば、大学や短大はあまりお勧めはできないと言えます。卒業生に対するサポートでも多少違いがあり、多くのパイプを持っている学校の方が就職がしやすくなります。就職を見据えた学校選びをした方がいいかも知れません。

社会人であれば夜間のコースを利用

高校を卒業するときに進学をするか就職をするかの選択をします。大学などに進学をし、その後に就職をする人もいますし、どの進路を取るかはそれぞれの人の判断にゆだねられます。早く社会に出たいのであれば高卒で就職するのもいいでしょうが、できる仕事は大卒に比べると少なくなります。また、仕事の中には資格を得ないとできないものもあるので、資格を得て行うものになりたいのであれば、何とか学校に行く必要が出てきます。

ここで既に社会人になっている人が柔道整復師になりたいと思った場合、専門学校に通わなければ柔道整復師になれないのかが気になるでしょう。一般的に、社会人は昼間に仕事をしているので、それと同時に学校に通うのが難しくなることが想定されます。ですが意外にも社会人でもこの資格を取得したい人が多く、それに対応して昼間コースの他に夜間コースを設けてくれている学校があります。夜間コースは夕方から始まるコースで、日中に仕事をしている人でも通えます。

夜間だから通う年数が増えるかといえばそうではなく、通常と同じく大抵3年コースです。昼間コースに比べるとどうしても授業時間が少なくなるため、かなりハードなカリキュラムの中で勉強する必要がありますが、もちろん卒業に必要な単位が取れるように組まれているので修了すれば国家試験の受験が可能になります。独学であったり、通信制などでも学ぶのが難しいので何らかの形で通わないといけなくなると思われるので、社会人でも通えるコースを選んで希望をかなえましょう。

 

養成学校の中には大学や短大などがあります。受験が必要になるのでそれなりに受験勉強もしなくてはいけません。受験勉強がしたくないならそれがない学校を選ぶしかありません。社会人向けに夜間コースなども用意されています。