【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師のアルバイトやパートの求人の割合は?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/15
    


柔道整復師のアルバイトやパート求人は、全体的にどのくらいの割合でしょうか。ここでは具体的な募集割合、時給と案件数の関係、全国で見たときの傾向などについて紹介しています。アルバイトやパート求人に応募する人は、条件をよく確認しておく必要があります。高待遇であるほど応募者が集中するので、迅速に行動することが大切です。

柔道整復師の非正規の募集はどのくらいの割合?

柔道整復師の求人の形態は正社員や契約社員のほか、業務委託やアルバイト・パートなどがあります。正社員としての募集が多い仕事であり、全体の8割程度が該当しています。アルバイトやパートの求人の割合は全体の1~2割くらいです。契約社員や業務委託はあわせて1割未満となっています。

給料・福利厚生が充実している正社員に対して、非正規雇用のアルバイトやパートは気軽に働きたい人におすすめです。時給は職場によって異なり、最低額と最高額では2倍程度の開きがあるのが現実です。安定的な収入を得るためには、時給で選択していくことがポイントになります。

時給で見ると1,000円~1,500円程度が一般的であり、1,500円を超えると高額と言えるでしょう。時給が高くなるほど求人数が減少する傾向がありますので、高時給の案件に採用されるのはハードルが高くなります。高待遇の職場で働くためには、自分の強みをしっかりとアピールすること、そして素早く応募することがポイントです。

非正規での募集は全体の1~2割で、高時給の案件となればさらに少ない割合になります。必然的にライバルが増えてくるので、ライバルより先に応募することがコツです。採用を勝ち取るためには、求人側から自分を選んでもらう必要があるからです。採用率を高めるためには、時給のあまり高くない案件に応募してみるのも手でしょう。

時給によって案件数の割合が変わる

柔道整復師のアルバイトやパート求人に言えることは、時給と案件数の割合がほぼ比例することです。時給が低い案件は募集が多く、逆に時給が高い案件は募集が少なくなっています。時給1,000円~1,500円くらいの金額帯の募集は豊富にありますが、1,500円~2,000円クラスになると少ないです。

最も募集数が多いのは1,000円未満の案件となるため、時給と案件数には関係があることがわかります。 誰しも高時給の職場で働きたいのが現実でしょうが、高時給になるほど競争率が激しくなるわけです。また仕事においても豊富な知識や高い技術を求められることが多いので、必然的に採用率は低くなってきます。

柔道整復師は正社員としての案件が多いので、ほとんどの人は正社員募集の案件に応募します。アルバイトやパートを選択する人は気軽に働きたい、まずは働いてみてから正社員になるか判断したい、などと考えていることが多いです。 ほかにも自分の実力を試したい、初心者なので地道にスキルアップしたいという人も非正規枠を希望することがあります。

どのような仕事であっても責任が発生しますが、正規雇用と非正規雇用では責任に差があるのが現実です。そのため最初はアルバイトやパートから始めて、自信が出てきたら正社員にステップアップするという人もいます。非正規の求人選びをするときの注意点は、最低限生活できる収入を得られるかよく考えることです。

全国的に見てもアルバイトやパートの求人割合は少ない?

人口密度の高い都市圏ほど柔道整復師の仕事は豊富にあります。仕事が豊富にあれば選択肢が増えるわけですから、より自分の条件にマッチした仕事を見つけやすいでしょう。ただアルバイトやパートの求人割合は、どのようなエリアでも少なくなっています。

大都市での案件数を見ても、非正規は1~2割の募集に留まっています。ただ案件の絶対数が多いので、仕事を見つけるのはそれほど難しくありません

一方で大都市は競争が激化しやすく、高待遇の求人には大勢がいっせいに応募する傾向があります。自身にとって魅力的だと感じた仕事は、周りも同じように思っているケースが多いです。仕事探しで重視するポイントは時給と人間関係だと答える人が少なくありません。つまりこの2条件が高待遇ならば、応募者が殺到する可能性が高いわけです。

応募は早いほどいいと言われていますが、これは早く応募するほど採用されやすくなるためです。 アルバイトやパートの募集では、先着で採用していくケースもあるのです。応募が翌日になってしまうだけで、他者に決まってしまうことがあります。だからこそ即日応募を常に意識し、先延ばししないように注意する必要があります。

実際に行動力が素早い人ほど、採用されやすい傾向があるのです。アルバイトやパート求人に応募する人は、履歴書や面接対策などの準備は事前に済ませておいてください。

 

柔道整復師の求人募集の多くが正社員であり、アルバイトやパートの求人の割合は1~2割と少ないです。さらに高時給の仕事ほど募集が少なくなる現実があります。都市部においても非正規の募集割合は少ないですが、求人の絶対数が多いのでチャンスは大きいと言えます。