【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の資格を取得したら外国で働くことは可能?

    

高齢者の人数が年々増加している中、医療従事者になりたいと希望している若者が増えてきています。特に看護や介護の現場ではスタッフが著しく減っており、作業をする人の負担がひどく社会問題の一つともいわれています。震災以降医療従事者を希望する人は増えても未だに人手不足で悩んでいます。
医療従事者を目指す人の中で、「柔道整復師」になろうと志している若者がいますが、高齢者の中では整体をする人と勘違いをし、未だに浸透していない職業の一つですが、整復師の仕事は骨折や脱臼に肉離れやねん挫などのケガに対し、薬や手術をせず手技によって症状を改善させます。この整復師は国家資格を保有していますが、果たしてこの資格は外国でも利用できるのでしょうか。

 

柔道整復師はあくまでの国内で使用できる資格

この資格を取得するためには、高校を卒業したら整復師の専門学校もしくは専門学科がある大学へ入学し、整復師になる為の知識や技術を学校で学びます。最近では昼間通う学生ばかりではなく、夜間部に通われる学生が増えており、主に仕事をしている社会人学生の方が仕事終わりに専門学校で整復師になるための勉強をしています。

整復師になるための技術と知識を身に着け、その後国家試験に合格して見事した人が整復師として働くことができます。整復師になった後は、医療現場や介護やスポーツ関連施設で働け、国内では幅広い所で働くことが出来ます。実務経験を積み、必要な研修をうけると独立開業権を得ることが出来、自分の整骨院や接骨院を開業することが出来ます。

この資格を取得し海外で働きたいと希望している整復師もいますが、この国家資格はあくまでも日本国内で使用することを想定されている者であり、海外でこの資格をしようすることが原則として利用することができません。

 

世界から今注目されている資格の一つでもあります

実はこの整復師という資格、日本国内しか使用することが出来ませんがその手技や施術方法は世界から注目を集めているのは確かです。以前日本では、整復師という仕事について海外でも広げていきたいという活動をしているものがおり、平成7年から日本人が世界にこの整復師の資格を広める為に活動してきました。
その活動によって平成16年から「Judo therapy」として世界保健機関に正式に認められました。

この資格が世界に認められている今、この資格を更に広げようということでアジアを中心に世界の人と国際交流を行いながらこの整復師の資格の魅力と技術を伝える交流会は今でも続けられており、以前よりも整復師の認知度が高くなっています。薬も使用せず手術もせず体の不調やケガを改善していくこの技術は、体に優しい施術として高齢者だけではなく幅広い年齢の方から注目されています。

しかし、世界では国家資格を持っていたとしても、国によって働く基準は大きく異なります。例えばアメリカの場合、アメリアで認められた該当資格を持っていなければ開業も就業も不可能です。逆にオランダのように資格を取得していなくても働ける国もあります。

 

この資格を海外で生かすための方法とは

折角国内で整復師として資格を取得したのですから、国内だけではなく海外でも使用したいと考えている人もいるでしょう。海外で活躍をするにはいくつか方法があります。1つは国内の団体で海外活動をしている団体に所属する事、2つ目はスポーツトレーナーとして海外でも活動する事、3つ目は接骨院の中には海外で開業しているものもあり、この接骨院で勤務をすること、4つ目はカンボジアのように独自の資格制限のない国で開業したり他国での資格を取得し外国での独立開業をめざすこの4つの方法があります。

海外で整復師と似たような資格を取得する場合はカイロプラクティックやオステオパシーという資格があり、こちらの資格を整復師の代わりに取得して海外で活躍をする方法もあります。アメリカで活躍をしたいと考えている場合、アメリカでカイロプラクティックの資格を取得して開業免許をとる必要があるため、資格取得から開業まで7~8年の歳月がかかると考えておいたほうがいいでしょう。

 

日本の整復師としての技術と知識は海外でも注目されており、現在も注目されている資格の一つでもあります。日本で使用されている整復師の技術や知識は世界でもレベルが高いことで知られており、この知識や技術を習得したいと考えている海外の同業者はたくさんいます。残念ながら日本で取得した国家資格は海外で使うことが難しいのですが、日本の知識と技術を伝えていくことは可能です。
スポーツトレーナーとして世界で活躍をすることもでき、その際に日本の技術を伝えているスタッフもたくさんいます。整復師は少しずつですが認知度も高まりつつあり、体に優しい施術としても評判です。ただし骨折や脱臼の場合は一度医師のもとへ行き、医師から診断書もしくは同意書を得てからの施術になります。ある程度骨折や脱臼の症状が落ち着き、医師から整骨院や接骨院での治療ができると判断されてから、かならずこのどちらかは提出をするようにしましょう。