【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師は介護業界でも働ける?

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/27
    

柔道整復という国家資格を取得した後、就職先として多くは医療業界に繋がっています。

今や超高齢社会ともいわれているため、こうした業界でも働くことができるのは、就職難とならないためのポイントになりそうです。

 

 

 

 

 

どういった場所で働くことができるのか

柔道整復師になるためには、大学や短大、専門学校に通い、専門の知識と技術を修得し国家試験に合格すると柔道整復術を用いた仕事ができます。

専門学校では卒業後のサポート体制も整い、就職先も紹介したり斡旋してくれます。

また個人運営している整骨院に就職する求人率が高め傾向で、他には病院が挙げられます。

この場合、資格を持っていても医療行為とは別の施術を担います。

病院勤務では内科や外科医師の治療方法に則り、主にリハビリ担当として活躍できます。

リハビリ専門となる理学療法士と連携したり、チーム医療という捉え方や扱われ方でしょうし、リハビリの支援をするのも立派な仕事内容です。

またリハビリが行える職場としては介護・福祉施設もあります。

ここで疑問視されているのが、柔道整復師は介護業界でも必要とされているのか、働けるのかという内容ではないでしょうか。

現在、情報網を広げてはいるものの、高齢者からの認知度というのは低い水準のようで、整体師と類似していることを持ち上げる高齢者が少なくありません。

整体は民間療法で、マッサージで体のバランスを整えるものです。

柔道整復術は柔道というイメージから、骨をボキボキ鳴らして骨格を整えるなど、痛みの伴う施術がなされているイメージも高齢者にはあるようですが、ソフトな施術、骨や関節、靭帯などの治療サポートをしているので安心・安全な施術が受けられるのが実態です。

それらを知るこうした業界では、柔道整復師を求めている傾向です。

 

高齢者やヘルパーなどから必要とされている

高齢者向けの施設で働けるのか、これは結論から述べれば働くことは可能ですし、今後益々必要とされる人材でしょう。

高齢者の中には体が不自由な人が多く、歩行が困難で車椅子での生活を余儀なくされたり、肩こりや腰痛など、体のこわばりによって支援を求める生活をされている傾向にあります。

生活がしやすくサポートする手を持つのも柔道整復師です。

また超高齢社会の問題から、高齢者向けの施設の増設が見込まれており、それに伴い求人も増える見込みです。

特に通所、有料老人ホームでの募集も年々増えているといいます。

医療業界よりも将来性が期待できるのではないでしょうか。

特に慢性的な痛みの対処方法などに関して強みを持つため、ヘルパーなどの職員にとって助言してもらえるのはありがたく感じるようで、自立支援に対する役割も求められる人材に成り得るようです。

また、柔道整復師として働きたい女性が増えていることも就活のポイントになります。

特に女性の場合には実生活にて介護を経験しているケースが多いといいます。

その経験をフルに活かせる他、男性よりも女性の方が物腰も柔らか、声掛けなどのコミュニケーションの取り方が上手いといわれています。

この業界だけではありませんが、施術中にもどこか具合が悪いところはないか、力加減は強すぎないかなどコミュニケーションを取らなければ症状を根本から改善させられません。

この分野で重要な役割を担いたいのなら、携わり方もポイントになるようです。

働ける場所としては、機能訓練事業に力を入れている事業所で、ここでは痛みの予防、その場の痛みに詳しい人材の活躍が期待されます。

また正直な話、運営上の問題から必要とされています。

例えば通所事業で算定できる項目として、機能向上訓練加算があり、そのためには有資格者が配置されていることが条件です。

医療業界が経営難ともいわれている中で、経営力があるのがこの業界ともいわれています。

柔道整復術によって、転倒による打撲などの治療がスムーズに行え、そうならないための体づくりの指導をヘルパーなどの職員にも独自視点から行うこともでき、優良事業所として評価されるでしょう。

 

働くにしても身だしなみも肝心である

今や高齢者が増えたこともあって、捻挫や打撲、打ち身などを緩和できる人材、有資格者は人気高となっています。

医療法に基づかない手技療法ですが、高齢者が健康を維持するために必要であるのは事実で、特に今後も増加する高齢者に対しては、生活の質を向上させ自立支援に向けた取り組みがリハビリ職員同様に担える人材となっています。

介護現場で働くにしても、コミュニケーション力がないと即戦力にはなれません。

痛みや悩み、不安などを聞き出すことができないなど情報が少なければ、場合によっては間違った治療を行ってしまう可能性も考えられます。

ちょっとした雑談の中からでもヒントになる事柄を聞き出すことができたり、そこから症状に適した治療が円滑に進められます。

安心・安全・信頼関係はコミュニケーション力の1つだといわれるほどに重要です。

また近年、若者も資格取得に励んでいますが、礼節を重んじる職業、働くためには身なりもポイントになるようです。

髪を染めたり、ピアスやタトゥーがあることで現場からは難色が示されがちです。

だからといって試験に落ちることも、就職難という状況に陥る可能性も決して高いわけではありません。

活躍できる場所も数々あり、人材不足している業界ばかりで働きやすく就職しやすいメリットばかりです。

また、雇用形態もアルバイトやパートなどライフスタイルに合わせて選ぶことができるため、高齢者と暮らしている主婦でさえも活躍しているほどです。

ただ、社会人としてのマナーやモラルを守ること、身だしなみからも人柄がチェックされるため気を付けましょう。

また規則がゆるい、服装や髪型自由などの求人情報をチェックするのも良いかもしれません。

 

今や高齢者向けの施設でも、役割を任されているようで医療業界だけではない場所でも働くことができます。

また男性だけではなく、高齢者向け施設では女性の働きが注目されているようで幅広い年代が活躍しています。