【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

未経験でも応募可能?柔道整復師の求人に必要な条件とは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/05
    

整骨院や接骨院の柔道整復師の求人広告をみると、要件欄に「未経験OK」と書いてあるものがあります。これはどういうことなのでしょうか。素人でもできる仕事ということなのか、無資格でもやれる仕事なのかを解説していきます。

整骨院の求人に未経験でも応募可能なのか?

整骨院や接骨院の柔道整復師の求人広告応募要件の項目に「未経験OK」と記載されていることがあります。募集する対象が「柔道整復師」と明記してある場合、柔道整復師の国家試験に合格し国家資格を有しているのであれば、資格取得後に柔道整復の現場で働いた経験が無くても応募することはできます。

資格があれば施術は可能なので、あとは先輩たちから教えてもらいながらスキルを磨いていくことになります。募集する経営者としては、その育成期間も見込んだ上で求人を出しているものと考えられ、そのため未経験者であっても構わないとしているのです。

ただし、補助的な仕事ではなく本格的に施術するのであれば、当然柔道整復師の国家資格が必要になります。人の身体に直接触れて治療行為をするわけですから、ちゃんとした資格がないと行うことができません。

また、癒やしのためのマッサージでしたら、国家資格がなくても行うことができるので、そういう仕事内容として求人している可能性もあります。最近は、整骨院や接骨院の数が増えて各エリアで競争飽和状態になっているきらいがあるので、各店舗が治療目的だけでなく、日ごろの疲れや肩こりなどのストレス解消や癒やしを求めてやってくるお客さんもターゲットにし始めています。そういうお客さんへのマッサージなどのサービスを行う役割として求人されている可能性もあるのです。

「未経験OK」でも国家資格の所持は必要

どんな仕事内容であっても、柔道整復師の国家資格を持っていることに越したことはありません。ただ、エステサロンやマッサージ店で行っている仕事内容で求人をかけているのであれば、国家試験合格前の専門学校生でも応募することが可能です。マッサージを専門とする整体師やカイロプラクティックには、国家資格はなくても基本的に誰でも開業することができます。

一方、同じく国家資格は必要ありませんが、柔道整復師以外の国家資格や民間資格をたくさん取得している方がより良い仕事ができるのがスポーツトレーナーです。有名スポーツチームや一流のスポーツ選手と専属契約することになりますが、チームでスポーツトレーナーを抱えるにはかなりの金銭的余裕があるところでないと雇えないため、需要が多いとはいえません。

スポーツジムやパーソナルジムなどは、柔道整復師の資格を持ったトレーナーの需要が高いようです。これから日本は超高齢化社会に突入していくため、介護施設などにおける柔道整復師の役割は重要になってきます。そこでも求人欄に「未経験OK」という表示があることがありますが、しっかりと求人票を最後までみれば「柔道整復師の国家資格」という表記もあるはずです。

パーソナルジムやスポーツジムのトレーナーは、柔道整復師の国家資格が無くてもなれますが、顧客の栄養管理や健康管理などを考えていく必要があるため、それなりの資格を持っているに越したことはありません。

未経験やブランクがあっても資格があれば、やっていける!

「未経験者」の中には、一度国家資格を取得していながらブランクがある人もいれば、これから国家試験を受験する専門学校生もいることでしょう。どうしても柔道整復の現場で働きたければ、求人を出している経営者や開設者に仕事の内容などをしっかり確認してみることをお勧めします。

国家資格はまだ合格前なので持っていないが、お店で働かせてもらうことができるかということを確認するのです。そうすれば、本格的な施術は資格がないからできないが、先輩たちのサポートや癒やしのマッサージ程度ならやらせてもらえるかもしれません。

先輩たちの施術を横で見ることができれば、国家試験の実技試験を受ける際に大いに参考になることでしょう。現場を体験している受験生は、していない受験生よりも有利であると思われます。

結局は、求人を出している経営者側が、どのような範囲で柔道整復師を探しているかということがポイントになってきます。正式な柔道整復師なのか、その「予備軍」でもいいのか、ブランクがある人でもいいのかを確認する必要があります。

最近は、近所のライバル店に勝つために、付加価値を付けたり資格がなくてもできるソフトなメニューを追加したりしている店舗も多いので、どの範囲の未経験者なのかを経営者に確認することをおすすめします。未経験やブランクがあったとしても、国家資格を持っていれば、応募した先で本格的なデビューをすることができるようになります。

 

未経験であることと、無資格であることには大きな違いがあります。仮に、ブランクが長すぎて現在特訓中の無資格の学生にもスキルが劣る有資格者もいることでしょう。しかし、国家資格を持つ者の方が立場的には絶対に強いのです。いくらスキルがあるといっても、法律的に施術が許されていないと施術はできません。