【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人募集での志望動機の書き方

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/09/03
    

柔道整復師として働くのならば、募集している求人先に対して書類や面接での受け答えでアピールしないと採用される可能性は低くなります。その時にネックになるのが志望動機です。

求人先も志望動機は重要だと考えています。志望動機を考えるのはコツが要りますので、そのコツについて言及すると共に応募種類の書き方も紹介していきます。

なぜ柔道整復師になりたいのかを考える

志望動機は履歴書などの書類でも、面接の受け答えにおいてもとても重要なことです。求人先からすると、どういう思いで応募をしているのかということに一番興味があるでしょうから、そこのところが明確であれば明確であるほど、相手に伝わりやすいです。相手に伝わるのであれば、その熱意に応えて採用しようかなという気にもなりやすいでしょう。

柔道整復師の仕事をやりたいと思っているからこそ、そういう仕事を志したのだと思いますので、なぜ志したのかということを紙にまとめていくことです。

いきなり応募書類に書いていくと間違えた時にまた書き直しをしないといけなくなるので、とにかく紙にまとめていくことから始めてください。いきなり文章にするのも難しいですから、箇条書きでもいいから思いつくまで書いていくことです。

次に、思いついたことを紙に記載していることでしょうから、そこから空欄を埋めるために必要な部分をピックアップして文章にまとめていきます。書いてある書類については当然ながら面接においても聞かれる部分でもありますので、突っ込まれる部分においてもしっかりと答えられるように準備をしておいてください。

志望動機に応えられないということは、何のためにここで面接に受けに来ているのかわからないことになりますので、少なくとも準備をして考えるようにします。

自己PRと将来の意気込みもセットにして盛り込む

履歴書で書くことができる志望動機欄はとても小さいので、コンパクトにまとめる必要が出てきます。コンパクトにまとめたことについては、どういう質問が来てもいいように深く掘り下げる必要が出てきます。質問内容に応えられないのはいけないことですので、突っ込まれやすい部分についてはしっかりと考えた方がいいです。

志望動機を考える時には、柔道整復師としてだけでなく、この求人先で働きたい理由を考えることになりますが、それだけでなく自己PRと将来の展望なども含めた方がいいでしょう。

求人を出している企業で働きたい理由というのは純粋な志望動機と呼ばれるところですが、それだけではどうしてもライバルと似通ってしまいます。そのため、自分はこういう点で求人先に貢献できるのではないかという点を自己PRという形で盛り込み、将来に柔道整復師としてどのような形で働きたいかということまで考えておく必要があるということです。

志望理由と自己PR、将来の展望というのは一本の線でつながっていないといけませんので、それがぶれていると思われていると、求人先としては心配になる部分になります。客観的に見て矛盾が無いのかどうか気を付けながら書いていくことがポイントです。書き方は思い付きでやるのではなく、どこかの紙で試しに文章に起こしてみてから、実際の応募書類に記入しましょう。

きちんと熱意が伝わるようにまとめる

本当に求人先に対して働きたいということをアピールしたいのであれば、応募書類や面接においてそれを反映させないといけません。求人先の面接官に対してそういう意気込みを伝えなければいけないということです。 なぜ将来の展望について盛り込んだほうがいいのかというと、明確な目標を持っている人のほうが戦力になりやすいからです。

明確な目標を持っていることがそこの求人先とマッチしているのであればものすごく戦力になるわけですが、求人先と合っていないのであれば、それはミスマッチが起こりやすくなります。 応募者は応募する先がどういう仕事をするのかということを良く理解した上で、自分の希望する仕事なのかどうかをチェックしてみることです。柔

道整復師の仕事は整骨院や病院以外にもスポーツジムや介護施設などいろいろと広がっていますので、応募者がどこで働きたいのかということを良く研究したほうがいいです。研究した上でどこで働きたいのか、どういう展望を描いているのかということを、志望動機にて盛り込めばオリジナリティがあるものが出来上がります。

最終的には熱意を伝えるしかありませんので、それをきちんと盛り込めるのかどうかがポイントです。きれいなことを書いたところで、伝える側に熱意が伴っているのかどうかは分かります。熱意を持って伝えることがあれば、相手にも伝わったりすることでしょう。

 

柔道整復師として求人先に応募するのであれば、志望動機はどうしても欠かすことができないです。志望動機を作る時には志望理由と自己PR、将来の展望を盛り込んで、それぞれに矛盾が無いようにします。面接などで伝える時には熱意を込めることを忘れないことです。