【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師に求められる人物像は?

    

資格がないとできない仕事がありますが、資格を取れば誰でもその仕事ができます。しかしいざ取得したけども当初の考え通りの仕事ができないと感じる人がいることも確かです。それぞれの資格や仕事には合う人と合わない人と、適性があるのかもしれません。

 

 

 

 

患者とのコミュニケーション力がある人

資格を取得して行う仕事があります。当然ながら事前に資格取得のための勉強などをしなければならず、学校に通わないといけないときもあります。医療系の資格となると、受験資格を得るのに事前に学校に行くのを前提にしているところもあります。医療系の資格は知識を得ているだけではその仕事ができない可能性があり、学校での実習が必要になるためです。知識と技術を身に着けてようやく資格取得者になり、それらの仕事ができるようになります。

基本的には資格を取得できればそれ以降はその資格者として仕事ができます。ただ、誰でもその仕事に向いているわけではないでしょう。実は柔道整復師に求められる人物像があり、それを知っておくと良いかもしれません。医療関係の資格にはいろいろあり、資格によってはあまり人とのコミュニケーションを取らないものもあります。一方で、患者とのコミュニケーションが必要なものもあり、この資格はそれに該当すると言えるでしょう。治療をするとき、どの部分が痛いのか、それ以外の症状がないのかなどを聞きます。コミュニケーション力がないと、それをうまく聞き出すことができません。患者からの情報が少ないと、それ以外の情報を自分で得る必要が出てきて、場合によっては間違った治療を行う可能性もあります。コミュニケーション力がある人であれば、ちょっとした雑談の中からでも患者の症状を把握し、必要な治療のための情報を聞き出すことができるようになります。

医療技術に対する探究心がある人

資格に似ている言葉として免許があります。自動車を運転するために必要なのは免許で、教師になるために必要なのも免許です。免許はまず取得が必要になります。無事取得すればそれ以降何もしなくていいかですが、一定期間ごとに免許の更新をする必要があります。いくら過去に免許を取得していても、更新をしないとその時点で事前の免許の効力がなくなります。切れた後一定期間であれば更新の手間などがかかりにくくなっていますが、期間が経過すると初めて免許を取得するのと同様の試験などが必要になります。

国家資格や民間資格などの場合、それぞれで決まりがありますが、一般的な資格は基本的には一度取得すると一生有効になります。となると、一度取得するとそれ以降取得のための勉強が不要になります。柔道整復師に関しても一度取得すれば資格は一生有効になるので一生仕事をすることができます。そんな中、求められる人物像としては医療技術に対する探究心を持っている人が回答します。一応仕事としてなろうとすると資格取得時だけ勉強すればよさそうです。それ以降は自由に仕事ができます。ただ医療技術はどんどん進化していて、柔道整復術の分野も同様です。電気治療機器を使った治療などもありますが、それに関しても一定の知識が必要になるでしょう。新たな知識を得るためのセミナーや広州などが定期的に行われているので、それらに参加しながら新たな技術などを習得していきます。それにより技術の幅も広げられるため、探究心のある人でなければ立派な仕事はできないと言っても過言ではないでしょう。

自分で独立して運営しようとする意欲がある人

現代の働き方としては、雇用主に雇用される形式が多いかもしれません。サラリーマンがその典型で、会社である雇用主から従業員として雇用されて仕事をします。そして雇用主から賃金を得て収入を得ます。労働基準法などで従業員の権利が守られているので、仮に働けなくて休んでいるときでも、全く生活費が入ってこないわけではありません。雇用主が補償をしてくれる時もあれば、社会保険などから給付がもらえる時もあります。

では柔道整復師の場合はどうかというと、まず資格取得時は大抵の人は就職をします。就職先は様々ですが、整骨院であったりスポーツクラブ、その他の医療機関などです。それぞれには雇用主がいて、雇われる身として仕事をしていきます。もちろんこの状態でも仕事をして生活もしていけますが、雇用される身においてはあくまでも雇用主が求める仕事をしなければいけません。自分が考える仕事をそのまま行うことはできません。そこで求められる人物像として、自分で独立して運営する意欲があるかどうかがあります。最初から独立するのは難しいでしょうが、ある程度の技術を身に着けたら自分で独立する意欲を持つぐらいでないといけません。街中を見ると整骨院が多いところもあり競争が激しくなると感じるかもしれません。でも技術を求めている人は結構います。整骨院運営意外にスポーツトレーナーとしての仕事もあります。プロ選手の専属として独立して仕事ができるようになると、より自分の求めている仕事がしやすくなります。

 

整骨院で働くにしてもスポーツクラブやスポーツトレーナーとして働くにしても、人とのコミュニケーションが大事になってくるでしょう。医療技術を用いる仕事なので、常に新しい医療に取り組む気持ちなども必要になります。