【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

専門学校で柔道整復師の資格を取る為のカリキュラムとは?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/16
    

柔道整復師になるなら専門学校で学ぶことができます。

一般的に3年間通うことになり、1年次は知識や総論などを身につけたり、実技や演習などに関して取り組みます。

2年次は実践力などを高めることができ、現場における診察や治療法について整形外科の領域からアプローチを行います。

3年次は応用力を高めながら国家試験に向けて万全のサポートを利用することが可能です。

 

 

医学や柔道整復などに関する基礎力を鍛えていきます

1年次はまず基礎力を鍛えることから始まります。

土台となる基礎がきちんと染み込むまで、医学や柔道整復などの知識を身につけることが可能です。

治療を介し実際患者と接する際のリスクや安全な施術法に関して理解することができるでしょう。

基盤を築く1 年になり、現場で活躍している講師が模範的な実技を披露してくれます。

高い技術を習得することができ、基礎的な柔道整復実技を体験することが可能です。

基礎的な包帯技術などを学ぶことができ、正確に包帯をまけたり正しい立ち位置を理解することができます。

体の形状や部位に応じて適切な技術を習得することが可能です。

テーピングやギブスといった固定技術に関して徹底的に身につけることができるでしょう。

1年次は大切な時期で、基礎をしっかり養いながら確かな土台を作ります。

医療人として必要な教養や柔道整復のメカニズムなどを理解するのに不可欠な知識を身につけなければいけません。

学ぶべきことはたくさんあり、医学領域はもちろん生物学や生理学、衛生学や心理学といった基礎学習も行うでしょう。

いろいろな実技や演習などに取り組むことができ、講師陣が基本をじっくり指導してくれます。

実際の現場を意識した訓練や教育を日々繰り返すことによって、確かな手技や高度な技術を身につける土台を築くことが可能です。

 

プロとしての実践力を高めるカリキュラムを受けます

2年次は実践力を身につけながら学ぶことができます。

専門性に磨きをかけたり、1年次で学んだ基礎力を現場で活かす機会を与えられます。

1年次に培った技術や知識をベースにし、いろいろな臨床や救急処置などを意識した授業を受けることが可能です。

プロとしての実践力を高めながら、現場に即した鑑別や治療に関する整形外科領域を学んだり、更に専門的で質の高い実技を通じ手技の精度を実践レベルに向上していきます。

1年次に勉強した骨折や脱臼といった基礎知識を踏まえながら、疾患の原因やメカニズムなどを理解することが可能です。

外観はもちろんレントゲン写真などを使って正確に判断する能力を養うことができるでしょう。

いろいろなデータから具体的な治療プランを立てたり、治療方法を学ぶことができます。

経験豊富なスタッフが教えてくれるので、現場における注意点や失敗談なども理解することができ、実践に応じた知識や技術を身につけることが可能です。

1年次とは違って2年次は現場で役立つ知識や技術を中心に習得することができます。

救急処置を意識したカリキュラムや現場に即した方法などの知識や技術を深めることができるでしょう。

より実践的な柔道整復学実技や臨床実習などの授業を受けることができ、ハイレベルな訓練を体験することができます。

中には卒業論文を作成するためテーマを絞り込んだり研究をスタートするところもあるでしょう。

 

国家試験に合格できるよう対策がとられます

3年次は応用力に磨きをかけながら、国家試験や現場の準備を行います。

これまで養ってきた知識や技術を現場においてさらに磨きをかけ、国家試験に向けての対策を整えます。

より深い専門的な学習を行い、幅広い知識を習得することができるでしょう。

現場において活用することができる応用力を身につけます。

現場においてよくある症例に関して具体的に学ぶことができ、現場において同じやり方で鑑別したり、得られた情報などから正確にスケジュールを組み立てていきます。

他の医療スタッフとの関わり方を学んだり、業務内容を理解し患者への接し方を学ぶことが可能です。

問題解決などの全体的な応用力を養うカリキュラムが多いでしょう。

特に3年次は大切な時期で、国家試験に備えて知識と技術を高める必要があります。

卒業した後も将来的に活躍できるよう、自分のスキルを高度化しなければいけません。

リハビリテーションにおいて実践に繋がるような知見も深めるひつようがあり、現場において必要不可欠な法規や他のスタッフとの連携に関して学ぶ必要もあるでしょう。

国家試験に向けてさまざまな対策を行っており、夏休み明けから模擬試験などを受けることが可能です。

例年の出題傾向などを研究したり、必ず合格できるよう専門学校からいろいろなサポートを受けることができます。

 

柔道整復師は専門学校で必要な知識や技術を学ぶことができます。

3年間学ぶことによって国家試験に合格することができたり、現場でいかすことができる基礎力や応用力などを学ぶことが可能です。

いろいろな実習を受けることができ他の医療スタッフとの連携を学んだり、柔道整復師として役割を理解することができるでしょう。