【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるために資格はいる?

公開日:2018/07/01  最終更新日:2018/09/11
    

柔道整復師を含め、医療系職種は国が定めているものなので、法律に基づいて国家試験などを受ける必要があります。ですから誰でも病院や整骨院などで働けるわけではありません。しかし整骨院のアルバイトは誰でもできるようなところがあります。それは何故なのか、理由を知っておくと良いでしょう。

 

 

 

国が定めた決まりに従って取得する必要がある

医療行為の多くを行うことができるのが医師です。医師ができる業務の領域は広く、看護師や薬剤師、その他の医療従事者が行える業務も行える時があります。弁護士なども行える業務が広くて、取得するのが難しいとされる税理士や弁理士、社会保険労務士などの業務も行えるとされています。そのために、まず行いたい仕事に対して、誰でもできるのか、あるいはできないのかを調べておくと良いかもしれません。誰でもできるのであれば、明日からでもできる可能性があります。

では整骨院などで働いている柔道整復師になるためには資格がいるかですが、その物の名称のものを取得しないと所定の仕事をすることができません。取得するには養成のための学校に入学したのちに修了し、さらに国家試験に合格、そして整復師として登録をすることで業務を行えるようになります。

柔道整復師への近道があるとよさそうですが、残念ながらありません。医師であっても、必ず養成の学校を修了して、国家試験を受ける流れを通らないといけないことになっているので、一から取ろうとすると少し大変に感じるかもしれません。高校生など早い段階ですでに興味を持っているなら、できるだけ早く整復師になるための方法を取ると良いでしょう。例を挙げると、3年制の短大や専門学校であれば、学校の修了を3年で終えることができます。学生に比べると多少大変にはなるかもしれませんが、社会人でも夜間学校などがあるので働きながら学校を修了させることができます。学校を修了すれば、後は国家試験に合格するだけで得ることができます。

整骨院でアルバイトをするときにどうなるか

専門学校に通うとき、それなりに学費がかかります。親に出してもらうこともできますが、自立したいと考えるならアルバイトをしようとするかもしれません。大学生であれば、コンビニであったりファストフード店、カフェなどオシャレなところで仕事をする人もいるでしょう。それらのお店で働くにあたって、特に技術などが必要になるわけではありません。接客業なら明るい笑顔、はきはきとした返事などができればすぐに採用してもらえます。

一方、医療関係の専門学校に通うとき、将来的にはそのコースに関する仕事に就きたいと考えている人が多く、必然的にアルバイトもなるべく将来就きたい仕事に関連するものを選びたいと思う人が多いでしょう。

柔道整体師を目指す場合考えられるのは、柔道整復師になるための学校で整骨院のアルバイト募集などを沢山見かけることです。整骨院で仕事をしようとすると当然ながら資格がいりそうですが、事実上まだ持っていない学生にそのような募集が出される理由として、学生に手伝いをしてもらって少しでも業務の内容を知ってもらおうという意味があります。よってその学校の卒業生が運営している整骨院や近くの整骨院などが募集をかけている場合が多いので、資格を持っていなくてもできる仕事となっています。もしそこでアルバイトをするとしたら、腫れている患者に対して患部を冷やすためのアイスパックや、温熱治療のための器具の準備など、補助としての仕事がメインになるでしょう。

関連の業務を行うときには持っている方が良い

何らかの仕事をするとき、誰でもできる時もあれば、一定の条件を満たさないとできないときもあります。条件を満たさないといけないときとして、国家試験などの合格や登録があります。その条件が必要な時は、きちんと取得するようにしておきましょう。いざ取得をして仕事をするとき、それを持っていないとできない仕事もあれば、持っていなくてもできる関連業務などがあります。ただ、誰でもできる業務であっても一定の肩書があった方が仕事がやりやすくなるときがあります。スポーツトレーナーの仕事をするにあたって、特に国家試験などを受ける必要はありません。国が定めた決まりなどはなく、体に関する知識を自負する人なら誰でもできます。元アスリートなどそれなりに名前が売れている人であれば仕事ができるかもしれません。しかし全くの無名の人がスポーツトレーナーですと言われてもなかなか信用を得るのは難しいかもしれません。

その時に持っておくと良い資格として柔道整復師があります。そもそもは整骨院などで骨折などを治療するために取得するものですが、取得の過程で体に関するいろいろなことを学ぶことができます。その技術を持って実際にスポーツトレーナーになる人も多いです。スポーツトレーナーが求められるところでは、取得している人を要求されるときもあります。持っていなくてもできるものの、持っておいた方が仕事はしやすく、信用も得やすくなる上、適切な措置も行うことができます。

 

柔道整復師の資格は実際に整骨院で治療をするために働く場合には必須となりますが、学生などが治療の様子を学ぶなどで整骨院でアルバイトをしたりすることはできます。仕事と言っても直接的な治療ではなく、治療のためお準備や補助をしながら実際の仕事を学びます。