【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の年収はどれぐらい?

    

柔道整復師については、国家資格が要される仕事ですが、当然国家資格を取得したら即ゴールということではありません。 むしろ、勤務場所に出てから手堅く経験値を得ることによりまして、専門的な知識やテクニックを高めていくことが重んじられる仕事ということができます。 その結果、仕事し始めたばかりの新人と、10年以上のベテランでは、年収額にも差が出ることは少なくありません。

それに加えて、接骨院や病院の整形外科において働く他に、スポーツ施設や介護施設に務めたりします。 その他、整骨院などに正規雇用社員やバイトとして勤めるだけでなく、独立して業務につく人もいます。 働くスタイルが多様であるためキャリアに加え、雇用スタイルや活躍の場によって収入は、大きく変化してくるといえます。

 

初任給についての大まかな相場について

新卒者それから、転職者それぞれで初任給が、当然に異なります。 初任給のアベレージついては 新卒者で月給21~22万円、転職者で月給23~25万円などになります。 留意をしておきたいのが 給料表記が総支給か手取りかに関してです。 求人のためのウェブサイトなどに掲示されている給料額は総支給額になります。 総支給ですから、保険相当分がひかれたものが手取りとなります。さらに近年は、就労条件や待遇が向上している仕事も拡大しています。 ひとつの例としまして、新卒でも月給27万円以上、転職者で給料30万円以上もあります。 とりわけ転職者の場合、経験年数や内容によっても相当初めの金額が影響されます。 自身の過去の経験をしっかり面接時に伝えることが年収額アップのキーポイントになります。

1ヶ月にどの位の収入額を手にできるかについて

柔道整復師の平均給与額についてですが、 まず第一に、仕事先として一般的な接骨院、あるいは病院の整形外科において業務につく場合、30歳位での基本給に関しては20万円~26万円程になります。 こちらの額にキャリア、実績などが加味され、諸々ある手当がプラスされると、月報酬は30万円位となる割合が高いです。 因みに、整骨院においては固定給ということではなく、担った患者の数と比例して給料がアップされる歩合制をとっている場合も多いと言えます。 その結果、しっかりした実力を有して、患者サイドからの信頼を集めることが可能なら、一層多くの収入額が得られるでしょう。

実際に仕事に従事する際の年収額

接骨院、あるいは病院の整形外科において入職した場合、新人時代の平均的な年収額につきましては、350万円~400万円程といわれています。そして、10年程度のキャリアと実績がありますと、600万円から700万円程になります。 独立して開業が成功すればそれ以上のハイリターンを狙うことも可能だと言えますが、整骨院の競合に関しては激しさを増しており、成功に関しましては簡単ではありません。 また、真の実力を付けて、スポーツトレーナーという形で知名度が高くなった存在になれば、一年の収入が1000万円をオーバーする人もいると言われています。 あるいは、アルバイトもしくは契約社員として業務につく人も少なくありません。こうした場合の給料に関しましては、いわゆる時給制となり、時給900円から1500円程が相場というものになります。 因みに、勤務するのであれば、アルバイトであっても契約社員であっても国家資格は不可欠です。 しかしながら、受け付け窓口や補佐など限定された業務範囲であれば、無資格であっても整骨院などで仕事をすることは可能になります。 実際のところ、専門学校に通学し、国家資格取得を念頭に置きながら整骨院並びに病院でアルバイトを行って、在学している時に現場においての研修を積みあげるという人は珍しくないです。

 

柔道整復師につきましては、勤務する場所により給料が大きく変化することから、少しでも恵まれているところに就業することをお勧めします。それに加えて、キャリア並びに実績がサラリーに対して反映される業務ですから、真の実力を身につけることも大事になってきます。キャリア並びに実績をしっかりと積み上げることが、収入を大きくする為のキーポイントといえます。それから勤務であっても一生懸命に取り組めば、一年の収入額が600万円や700万円程は稼げるかもしれないのですが、1000万円オーバーの収入を得たいケースでは、独立して開業するのが一番の効果的な方法といわれています。

あらためていうまでもなく、勤務するよりは、独立した方が成功した場合は、多くの収入を得ることができます。しかしながら、時代の変化とともに最近の競争そのものが非常に激しい業界となっていますので、そう易々と実を結ぶとは考えない方がいいでしょう。 いずれにしても、収入額は個人差がありますので、業務に対する必要な知識とスキルを磨くことが非常に重要になります。競合しているライバルに勝つためには、それ相応の知識とスキルが必須といえます。