【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

通信教育で柔道整復師になることは可能?

    

仕事が忙しく、なかなか専門学校へ通っている暇がない、子育てが忙しく落ち着いて学習をする時間も限られている等、仕事や育児を理由に満足に勉強が出来ないと悩んでいる方はたくさんいます。

そんな方々に重宝されているのが「通信教育」です。

自宅にいながら専門学校と同様に様々な資格に関する知識を学ぶことが出来る画期的な学習方法として今注目されており、これからますますニーズが高まるでしょう。

では、その通信教育に柔道整復師のコースはあるのでしょうか。

自宅にいながら資格取得を目指せます

柔道整復師は、医師のように投薬治療や外科的処置をするわけではなく、手技や温熱療法など患者様の体から負担を軽減しつつ回復へ向かう手助けをする国家資格です。

接骨院の先生やスポーツトレーナーのサポートをする重要な役割もあり、骨や関節の骨折や脱臼に関して手術をしない方法で治療を行います。

少子高齢化社会となっている我が国において、今後この整復師という仕事はニーズが高く資格取得を目指す学生も増える可能性があると言われています。

特に今は医療関係のスタッフが少なく、看護も介護も現場ではスタッフが不足しています。

整復師は就職もし易く、活躍できる現場も増えています

国家資格ということも強みとなっており、死ぬまで永遠にその資格は有効なため、育児で一度現場を離れても再就職しやすく、正社員だけではなくパートやアルバイトなど雇用形態も自分の都合で選べることも魅力です。

学校へ通うと年間の金額も高くなるうえ、遠方から通う場合、通学費用もしくは一人暮らしをする費用が重なり、経済的な理由で諦めてしまう人もいますが、そんな人にも嬉しいのがこの通信タイプの学習方法です。

通信教育で資格取得はできるのか

専門学校によって対応は異なりますが、以前の専門学校はほとんどが日中は勉強して夕方に帰るといったスタイルが一般的でした。

しかし、今は社会人でも専門学校へ通って学習をしたいという人が多くなり、現在では昼間部と夜間部の2部門で構成されています。

昼間部は9時から16時まで、夜間部は18時から21時までとなっていますが、学校によっても学習時間は多少前後するので、時間に関しては各専門学校で確認をしましょう。

それでも、なかなか学校へ通うことが難しい、専門学校が近くにはないという人や仕事が忙しく自宅で学習をしたい、子供が眠っている間に学習をしたいという人の為、最近は専門学校でも自宅で学習ができるような対策が取られています。

一人一人に合わせたプログラムで学習を進めていくため、隙間時間をうまく利用して資格取得をすることが出来るでしょう。

自宅に必要な教材が送られ、動画や教材を使用して学習を進めていきます。

決められた日にテストを提出し、添削されて戻ってくるため、苦手な所もしっかりと補えます。

通信教育はこんな利用方法もあります

通信タイプの学習方法と言えば、専門学校へなかなか通う時間がない人や自分のペースで勉強をしたいと考えている人が選ぶイメージがありますが、実は今専門学校へ通いながら自宅でも教材を取り寄せて学習をしている人がいます。

なぜ専門学校へ通い父も自宅で学習を進めていくのか、学校で勉強をしたが苦手分野がありそれを克服したい、国家資格対策として学校だけではなく家でも勉強をしたいという学生が、自宅で学習を進めています。

この学習方法を利用している学生は、復習をかねてこの方法を取り入れています。

また講座によってはスマホやタブレットを利用した学習をすることができ、スマホやタブレットを保有している人は通勤や通学途中で勉強したり、隙間時間を有効活用して勉強をすることも可能なため、今の自分の実力を試すことが出来たり苦手な分野をしっかりと学習していくこともできるので大変便利です。

この方法は整復師だけに限らずほとんどの通信タイプの学習を選ぶと、アプリを使用して場所を選ばず学習することが出来るので短期間でしっかり専門知識が身に付き、合格に向けて準備が出来ると好評です。

 

医療系を目指す学生は年々増加しており、柔道整復師も今後ニーズが高まってくると言われています。

整復師は医師の判断がなくても患者さんへの治療が許可されていますが、その分責任も高い仕事です。

ですから、独立を考えている場合は必ず実務経験3年と一定の研修を受けるという条件を満たさなければいけません。

通信教育でも、映像だけではなかなか手技が上手く理解できない、そういう場合は研修へ参加し積極的に技術を身に付けましょう

整復師は国家資格で、他の資格と難易度も違い難しいですが、最近ではすこしでも合格率を上げる為、各専門学校でも学生に対してサポートが手厚くなっています。

そのため以前よりは合格率も良くなっており、通信講座で学習しても、きちんとテストを添削し苦手な所をしっかりと解説して結果を送ってくれるので、納得して学習を進めていくことが出来るでしょう。

仕事や子育てでなかなか学校へ通えないという人は、通信教育という選択肢を選ばれてはいかがでしょうか。