【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人情報|転職する場合の転職理由や志望動機の書き方

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/17
    

柔道整復師の仕事は色々な医療施設や介護施設などで需要がたくさんあります。現在転職を考えている方にとって、よりよい求人はたくさんありますので、好条件の仕事を探すことが出来るでしょう。転職活動に成功するためには、雇用者が採用したいと思う転職理由が必要です。そこで履歴書に書く転職理由や志望動機の書き方についてご紹介します。

志望動機について改めて考えてみよう

柔道整復師の求人は総合病院のリハビリ科や整形外科、スポーツトレーナーや介護施設など様々な分野で求人募集があります。柔道整復師が不足している今だからこそ、まさに好条件で転職することが出来る状態です。

採用する側にとっては、やはりよりよい人材を求めているわけですから、何故その求人に応募したのか明確な志望動機を一番に知りたいと思っています。そこで履歴書に書く志望動機について改めてじっくりと考えてみる必要があるでしょう。

総合病院の整形外科が転職希望先の場合、志望動機は色々な患者と接することが出来ますので自分の知識やスキルを高めたいことなどを丁寧に履歴書に書くとよいかもしれません。介護施設の場合は、要介護の方が施設を利用されていますので、身体機能の向上を目的に柔道整復師はリハビリを行っていきます。

機能訓練を目的としたお手伝いをすることによって、利用者の身体能力を向上させることが出来ますので、大変やりがいのある仕事です。こうした点を志望動機として履歴書に書くと、採用者側に好印象を与えることが出来るかもしれません。

大切なのは、自分が選ぶ転職先を何故希望したのか、その気持ちをじっくりと考えてみることと、採用者が志望動機を読んでこの人を採用したい!一緒に働きたい!と思ってもらえることです。自分のやりたい分野で柔道整復師の仕事を見つけたら、履歴書には志望動機をしっかりと書いておきましょう。

現在働いている職場が不満なら思い切って転職しよう

せっかく柔道整復師として仕事をしているにも関わらず、現在働いている職場に不満をもっていたのであれば、新しい転職先を探した方がよいかもしれません。給与面が思ったよりも少なかったり、残業が多く休日がなかなか取れないなど労働条件が悪い場合もありますし、人間関係がよくない職場環境でしたり、転職したい理由が色々あるでしょう。

我慢して働き続けると不満を持ったまま働くことになってしまうため、ストレスを感じたり安い給料でずっと働き続けなければならなくなってしまいます。長く働くことによって精神的な疾患が出てきますし、お金の面でももっとたくさん収入を得ることが出来たのかもしれないのに、収入が少ないまま働き続けなければなりません。

こうした理由があるのであれば、現在柔道整復師は需要のある仕事ですのでよりよい条件の転職先で就業をした方が得です。 但し、志望動機にはこうしたマイナス面のことは決して履歴書に書かないようにしましょう。こうしたマイナス面のことを書いてしまうと、すぐに辞めてしまうかもしれないと採用者の方が警戒してしまうこともありますので、気をつけなければなりません。

履歴書に志望動機や転職理由を書くときはやる気のあるプラスの理由を書くことが大切です。この人を是非採用したいというプラスの動機を書く必要があります。 熱意のある志望動機や転職理由を必ず書いておきましょう。

採用されるか最後は人柄が一番優先される

柔道整復師の転職では転職希望先に提出する履歴書は丁寧に綺麗な字で書くことが大切です。履歴書の志望動機や転職理由については、採用者が必ずチェックするポイントですが、最終的に採用するかどうかについては、人柄が一番優先されます。

柔道整復師は人に接する仕事です。施術によって患者の悪いところを治していきますが、やはり人柄がよくなければその人の施術を受けたくないと思ってしまうのではないでしょうか。そのため、転職面談では履歴書の内容もしっかり見られますが、最終的には採用するかどうかは人柄が一番優先されます。

また、柔道整復師は国家資格が必要な仕事です。この資格を志す人のほとんどが人の役に立ちたいという気持ちを持たれている人がほとんどでしょう。転職先には総合病院や介護施設、スポーツトレーナーなど色々とありますが、何故その転職先を選んだのか面接できちんと自分の言葉で熱意をもって話すことが大切です。

柔道整復師業界は、これまで男性中心の仕事でしたが女性の求人も求められています。女性の患者さんもこれから増えてきますので、女性の柔道整復師も必要とされています。

男女ともに活躍することが出来る仕事ですので、よい求人情報が見つかったらまずは応募してみてはいかがでしょうか。履歴書には必ず志望動機を書いて提出し、面接では自分の良さを分かってもらえるようにしっかりとアピールすることが大切です。

 

柔道整復師の仕事は色々あり、良い条件の転職先があります。履歴書の志望動機はやる気を感じさせるプラスの動機を書くようにしましょう。最終的には人柄が一番重要視されますので、面接では転職理由や志望動機をしっかりと自分の言葉で話すことが大切です。