【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の学校で求人情報を見つけることはできる?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/09/03
    

柔道整復師は、3年制の専門学校や短大もしくは4年制大学の養成機関を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

国家試験に合格したとは言っても、卒業してから働く場所が無いとなると、それは困ったことになります。養成機関に居る間に求人情報を見つけて内定をもらったほうが、試験をパスして4月から即働くことが可能です。

いろいろなところから求人情報が送られる

専門学校や大学などの養成機関に通っていれば、掲示板などに求人情報が掲載されていることを目にすることがあるのではないでしょうか。養成機関自体が数が限られており、そこでのOB・OGの活躍などがあって、養成機関に対して求人情報を送るということは普通のことです。

養成機関自体を信用しているという前提がありますので、わざわざ情報を送って来てくれるという側面があります。こういうところに送られてくる情報は、求人誌にも載っていないことが多いですので、事実上学校の中から優秀な人を選ぶという側面が強くなります。

多くの中から選ぶということではなく、養成機関の中から選ぶということは、分母が小さくなりますから、選ばれる可能性が高くなるでしょう。採用される可能性が高くなりますので、こういう情報を大事にしたほうがいいです。

柔道整復師が働く場所を探す時には、求人サイトやハローワークなどから探すという選択肢もありますが、一番身近な場所が学校の求人情報ではないでしょうか。平日なら毎日通う場所になりますので、いつでも参照をすることが可能なはずです。

学校が一生懸命集めてきて、地域に根差した求人なはずですから、そこから選択したほうがライバルが少なくていいでしょう。多くの場合は、学校に来た求人情報を基にして、就職先を決めることになりますので、そこにも注目してください。

学校でも就職サポートをしてくれる

養成機関に入ったら、3年間ないしは4年間の過ごし方について説明があるはずです。学校側が言っていた通りに過ごしていけば間違いないということです。

過ごし方などについて心配がある人の場合は、学校側から呼び出されて注意を受けることがあります。学校側でサポートをしてくれますので、その通りにやっていけば国家試験の合格と共に、就職先についても決まりやすいでしょう。

学校側で国家試験の合格及び就職のサポートをしてくれるのは、いわば当たり前になってきています。なぜなら、養成機関の中でも特定の学校を選んでもらうためには、合格率と就職率は目安の指標になるからです。

就職のサポートというのは、求人先の開拓をするというところから始まって、書類の書き方や面接の受け方などの指導まで幅広いです。そういうサポートを受けながら、就職先を決めることが可能になります。

在学中に就職のサポートを受けながら、卒業年次の12月ぐらいまでに内定を決めることができれば理想的です。進路面談や就職指導などをしっかりと行ってくれますので、どういう形で就職を決めればいいのかという相談にいつでも答えてくれます。就職に困ったことがあっても悩みを聞いてくれたりしますので、就職活動に行き詰まった場合でもサポートを受けることにより、職場が決まることは多いです。

国家試験に合格する前に内定を決めるべし

柔道整復師として働くのであれば、国家試験に合格するというのは何よりも欠かせないことです。国家試験に合格しないことには働くことすらできないですし、内定が取り消しになる可能性があります。国家試験に合格することが欠かせませんが、その前に求人先に対して採用されるということが重要です。

しっかりと採用を決めた後に、国家試験の勉強に集中するということです。 国家試験の勉強をするのは当たり前のことですが、就職先を決めていないと、勉強が身に入らなくなります。

勉強に集中したいということで、合格してから就職先を決めるというのはあまりよろしいことではありません。なぜなら、柔道整復師として人気の求人先についてはもうすでに募集人員を充足していることが多いからです。もしかすると少ない求人先の中から探さないといけなくなる可能性が高いです。

卒業年次になったら、学校でも求人情報がどんどん送られていきますので、国家試験の勉強も大切ですが、働き口を探すということにも目を向けてください。合格を勝ち取ったらすぐに4月から働けるようにすることも大切になります。

なるべくブランクを作らないということが重要です。ブランクを作らないためにも、国家試験の勉強だけでなく、働き口を見つけるということにも全力投球してください。困ったことがあれば、学校のサポートを受けて頑張るということです。

 

柔道整復師の養成機関においては、求人情報が送られてくることが多いです。その情報を基にして採用を決めるというケースはたくさんあります。いち早く採用を決めた後に、国家試験の合格を決めるというのが理想的です。それにより、4月から採用先で働くということが可能になります。