【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

意外な求人も!柔道整復師の資格が活かせる様々な職種!

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/27
    

柔道整復師の資格を取得したら、勤務先は整骨院もしくは接骨院になると考えている人が大多数ですが、実際にはこのような職種にも柔道整復師の資格が活かせるのかと、意外な職種や職場があります。技術と知識を生かしたい人にとっては、毎日が新鮮な気持ちで働ける職場になるかもしれません。

整形外科を標榜する医療機関での勤務

柔道整復師の職場の大半が整骨院か接骨院になる理由は、柔道整復師の資格を活かして、いずれは独立開業することが出来るからです。まだ資格を取りたてという人がいきなり開業するのは無謀ですが、既に経験を積んで自分の接骨院や整骨院を開院している柔道整復師の資格保持者のもとで仕事をすると、自分自身が将来、独立開業するための運営ノウハウも学ぶことができます。

交通事故によるリハビリや肩の脱臼などの施術には医療保険が適用されるため、医療行為を行うことができますが、慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている人は自由診療となり、健康保険の適用外となります。この場合は医療というよりは、体のメンテナンスという要素が色濃くなる施術となり、いつまで通っても良くならないという患者さんの訴えに、無力感を感じることもあるかもしれません。

病院及び個人開業医の整形外科のもとでなら、医療に柔道整復師の技術と知識を組み合わせることが可能です。柔道整復師の資格を取得するには、整形外科医学をはじめとして、リハビリテーション医学や解剖学も学ばなければならないため、これら学んだ知識をより多く発揮できるのは整形外科に他なりません。

大きな病院であれば、医療資格を持つ求人募集対象者に柔道整復師はほぼ含まれていますので、医療の分野で働きたいという人には最適な求人募集となることでしょう。

高齢化社会を助ける介護施設での仕事に就くという選択

平均寿命ののびが止まらない長寿国の日本において、近年もっとも懸念されているのが平均寿命と健康寿命との乖離です。平均寿命ののびに対して健康寿命はさほどのびておらず、誰かの手を借りて長生きしている人が増えていることを意味します。

高齢になってから転んで骨を折ると、かなり高い確率で寝たきりになるとなって、寝たきりにならないための予防に力を入れる介護施設が増えています。たいていはデイサービスと呼ばれる通所介護施設ですが、みんなで集まって談笑したり、ゲームやイベントで盛り上がるという一般的なデイサービス施設ではなく、筋力を鍛えて寝たきりにならないために積極的に運動機能を高めることを目的にしたデイサービス施設が登場したのです。

こうしたデイサービス施設では、作業療法士と呼ばれる人達が運動機能の改善に効果的な運動を考え、無理のない範囲で運動をしてもらうよう指導しているのが特徴ですが、介護施設でこういった仕事をする人のことを機能訓練指導員と言います。

介護保険法によって決められている職種の一つで、機能訓練指導員になるには前述した作業療法士の他、看護師や理学療法士、鍼灸師なども含まれます。柔道整復師も機能訓練指導員になるための有資格となっているため、身体機能訓練重視の介護施設の求人に応募すると、整形外科やリハビリテーション関連の知識と技術を生かすことができます。

大好きなスポーツにかかわる仕事に就くという選択

柔道整復師の資格を持っている人は、そもそも自分自身がスポーツ好きという人が多いのが特徴です。そのため、資格取得後はスポーツトレーナーやアスレティックトレーナーといった呼び方をされる、スポーツ選手を支える仕事に就く人もいます。

監督やコーチとは違って選手の体をメンテナンスするのが仕事とあって、表舞台に立つことはほとんどありませんが、縁の下の力持ちとして選手から厚い信頼を寄せられる人物になれます。非常に優れた腕を持つスポーツトレーナーであれば、選手の活躍によってスポットライトがあたり、一躍注目の的になることも珍しくありません。

さまざまな種類のスポーツで活躍するトップアスリートから、ぜひ自分のチームスタッフになってくれないかといった声がかかることもありますので、世界の頂点を目指すアスリートを通して自分自身が持つ知識と技術が、世界にどれだけ通用するかを見届けられる仕事になるのも特徴です。

そこまで世界レベルの仕事は求めておらず、できれば安定した職場で働きたいという場合には規模の大きなフィットネスやスポーツクラブに所属し、利用者がけがをすることなく安心して運動できるようにコンディション作りをサポートする求人を探せば、正社員として雇用されて安定した収入を得られます。トップアスリートとまではいかなくても、スポーツを楽しむ人達に頼りにされる存在になるでしょう。

 

柔道整復師の資格を取ったら、働く場所は接骨院か整骨院というのが固定観念としてあったという人は、さまざまな場所で活躍の機会が与えられているということに気づくのが大事です。そうなれば、もしかしたら自分はこちらで働く方が合っているかもしれないと思える求人が見つかります。