【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師にも対話力が大事

    

柔道整復師の仕事では技術が重視されますが、それだけでは不十分です。

施術を受ける人との円滑なコミュニケーションを確立しなければなりません。

自分の痛みに不安を持っている人が多いので、対話力を通してそれを取り除くことが特に必要です。

 

 

 

痛みを治すだけではなく不安を取り除く

柔道整復師の仕事は関節や筋肉の痛みを、施術を通して治療していくものです。

痛みを持った患者さんが整骨院に来るので、その痛みを可能な限り取り除かなければなりません。

そのための技術を専門の学校で勉強します。

病気を治すのが一番の仕事ですが、それだけではこの仕事は終わりません。

患者さんの不安を取り除くことも必要です。

その時に対話力が重要になります。

痛みというものは個人差があり、他の人には理解しにくいこともあります。

また痛みがずっと続いている場合は、それがいつ終わるのか不安に思う人もいるでしょう。

ひどい場合はずっと続くのではないかと思っている人もいます。

整復師は自分の技術を使って、痛みを取り除く最大限の努力をしなければなりません。

同時に患者さんの訴えにきちんと耳を傾けなければなりません。

どんな不安であっても、人に聞いてもらえば楽になります。

他の人には理解しがたいような不安を持っている人もいます。

その場合でもそれを否定しないで、受け止める必要があります。

言い換えれば患者さんの胸の内を共有するに努力します。

そのような難しいことをする必要がない場合もあります。

普通の痛みだったら、数回の治療で良くなることが多いです。

その場合でも患者さんとのコミュニケーションは大切です。

治療の方針をきちんと説明して、必ず良くなることを納得してもらう必要があります。

患者さんが治療の仕方に疑問を持つこともあるでしょう。

その場合は疑問を聞いてから、分かりやすく説明しなければなりません。

対話力が高い整復師の評価は高くなります。

ただしすぐに高めることはできないので、毎日の努力を怠らないことが重要です。

 

技術を磨いていきながら対話力も高める

対話力はこの仕事をしていく上で、一番大切なものですが整復師としての技術も磨いていかなければなりません。

そのためには学校の勉強をまずきちんとする必要があります。

学校を卒業してから、自主的にスキルアップを目指します。

各地で研修会が開かれているので、それに参加するのは良い方法です。

さらに人体についての本や健康についての本をよく読むようにすれば、スキルは上がっていきます。

整復師としてのスキルが上がれば、対話力も向上していきます。

この2つは密接につながりがあるからです。

患者さんに施術をすると、その場で直接反応を見ることができます。

時にはうまくいかないこともあるでしょう。

その場合は自分の失敗を察知して、患者さんにどうして欲しいかたずねることも必要です。

それによって対話する力も上がっていきます。

整復師としてのスキルに自信が持てなかったら、患者さんに接するのが苦痛になってしまいます。

苦痛になれば、コミュニケーションのスキルも良くならないと言う悪循環に陥る恐れがあります。

これは絶対に避けなければなりません。

自分のスキルを磨きながら、スキルによって患者さんの状態がどう変化していくか察知する能力が特に求められます。

この場合は声かけをすることを怠ってはいけません。

患者さんから帰ってきた反応をその場できちんと受け止めて、次回の施術に生かすようにすれば、整復師としてさらに成長できるようになります。

 

治療を受けに来た人の気持ちを汲みとる

対話力を伸ばすには、治療を受けに来た人の気持ちをいつでも汲みとるようにしなければなりません。

これは難しいことで、絶えず努力しないとうまくいきません。

自分の気持ちを話したがらない人もいます。

恥ずかしがり屋の人や気難しい人の場合はその傾向が強いです。

その場合は気持ちを理解しようとしないで、施術を始めてしまうかもしれません。

そのような時は運が良ければ、施術がある程度成功して患者さんの痛みを小さくできます。

それでも痛みを完全に治すことはできません。

心を開いていなければ、体がこわばっていることが多くて施術がうまくいかないこともあります。

さらに整復師に不信感を持って、整骨院に通うのをやめてしまう恐れもあります。

自分に打ち解けない人でも、こちらがその人を受け入れる姿勢を見せていれば、態度が変わってきます。

具体的にはその人の言うことや態度を拒絶しないことがポイントです。

どんな人でも自分が受け入れられたと思ったら、心を開くようになります。

ずっと続く辛い痛みを他の人に理解してもらえずに、心を閉ざしている人も少なくありません。

そんな人はこちらが腹を立てる態度を取ることもあります。

その場合でも我慢強く接して、その人の気持ちを汲みとっていくことが重要です。

 

対話力は柔道整復師の仕事をする時に、一番大切になるものです。

それを通して患者さんが抱えている不安や心配を取り除いていかなければなりません。

ただし痛みを治すスキルも大切で、それを向上さながら対話する力も身につけていく必要があります。

痛みのために心を閉ざしている人も少なくなりません。

そのような人を治療する時にもコミュニケーションの能力が役立ちます。

心を閉ざしている人のことを否定しないで、受け止めるようにすれば治療はうまくいくようになります。