【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の面接対策をしよう

    

求人に応募するとき、書類審査に通るとその次の段階に移ります。実際に会って話をするので、この時に人物像についていろいろチェックされます。受け答えによってはいい印象にも悪い印象にもなるので、しっかり対策をしなければいけません。

 

 

 

 

転職の時は前職を辞めた理由を聞かれる

転職をすると、一旦キャリアが途切れます。これは退職金の部分ではっきりわかります。退職金制度のある会社などに勤めると、勤務年数などで退職金が決まります。定年まで働けば満額もらえますが、中途で自己都合退職などをすれば割合が低くその時の勤務年数で計算された退職金が支給されます。次に転職をした会社では勤務年数が短くなるので、退職金も少なくなる可能性があります。ただ最近はキャリアアップのために退職をする人も多く、企業側も実力のある人を求めようとします。企業側が困るような理由で辞めた人より、積極的に仕事をしようとする人が応募してくることが多くなっています。

柔道整復師の資格を持っている人が転職をするとき、面接対策として前職を辞めた理由を聞かれるかもしれません。この時にどう答えるかを考えておきましょう。鉄則としては、どんな理由であっても後ろ向きの理由は答えないようにしなければいけません。自分のやりたいことができないのでそれを実現できるところに転職したい等前向きな理由があればそのまま答えます。人間関係などあまりよくない理由で辞めたのであれば、自分で前向きの理由を考えておきましょう。後ろ向きの理由があるからと言って、うそをついて全く意図しない答えをすると後でわかりますし、働き始めてから困ります。前向きの理由を考えて、そのつもりで再就職しようとすれば、嘘ではないので次の職場でもその気持ちを持ちながら仕事をすることができます。

将来独立したいときはどうこたえるか

仕事をするとき、自分で色々なことを決めながら自分で行えればそれに越したことはないでしょう。しかしなかなか世の中は甘くなく、自分で会社を立ち上げたり店を経営するのは大変です。それなりに苦労をすることを想定して目指す必要があります。医療系の資格においては、医師や歯科医師などは独立して自分のクリニックを開院する人が多いとされます。それ以外にも柔道整復師も整骨院を開院して、自分で運営していこうと考えている人は多いです。しかしお金も技術もない状態で独立はできないので、まずは一般的な整骨院の求人を探して、そちらで仕事をすることを希望する場合が多いでしょう。

その際の面接対策としては、将来のことを聞かれたときにどのように答えるかを考えておくことです。先述した通り、この業界は独立開業して仕事をしたいと考えている人が多いです。ですから求人を出す側としても、ずっと働きたいと考えている人だけでなく、独立したい人も応募してくるのを想定しています。もし将来独立したいと考えていて、面接時に独立したいと伝えても一応問題はありません。しかし計画性がない独立希望だと印象が悪くなります。

具体的にいつぐらいに、どんな整骨院を開業したいのかなど、しっかりと説明できるくらいはっきりした目標を持っておく必要があります。目標を持っている人なら、その目標を達成するために採用後もしっかり仕事をしてくれると想像ができます。何となく独立したいぐらいだと適当に仕事をすると考えられてしまいます。きちんと開業目標を伝えられるようにしておきましょう。

なぜこの求人を選んで応募したか

求人情報を見ると多くの求人があります。飲食業などは人手不足とされていて、時給をどんどん高くしないとアルバイトが来てくれない状況になっているようです。決して景気がいいと言えないものの、人材の部分は足りないとしている業種が多いようです。多くの求人の中から希望の応募先を見つけるとき、一応個人的な理由を優先するでしょう。給料が高いところであったり、自宅から通いやすいところ、その他働いてみたい職種である等があるかもしれません。

アルバイトぐらいであればそれほど重い理由は必要ありませんが、正社員などとして採用してもらおうとするのであればそれなりに志望理由を考えておく必要があります。柔道整復師が整骨院などに転職や就職を希望するとき、ある求人に応募し、書類などを提出して審査に通りその次は面接を受けることになったと想定して、なぜこの求人を選んだかという質問に答えられるようにしておきましょう。これは定番中の定番と言われる質問になります。ここであまり正直すぎる理由を言うのは良くありません。給料が他よりも高かったであったり、近くなので通いやすいから等だと、採用する側からすると印象は良くありません。まずは応募先の整骨院等の情報をしっかり集めましょう。ホームページがあるのであれば、そちらをチェックして院長の情報や整骨院の情報を見ます。それらの情報から自分が興味がある内容を見つけ、その部分に共感したなどと答えると採用したくなるでしょう。

 

定番の質問に答えられる準備をしておく必要があります。転職なら前職を辞めた理由を聞かれます。良い理由を考えておく必要があります。志望理由を聞かれるので、事前にホームページなどから情報を得ておくと良いでしょう。