【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

病院の求人募集で働く柔道整復師の仕事内容

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/03
    

柔道整復師の病院の求人採用に応募したとして、具体的な仕事内容がどうなっているのか疑問に思う声が出る事があります。

病院で治療といえば医師がやる物というイメージ等もあり、医師と柔道整復師の行う治療行為の差がどういう物なのか分かり難いという話もありますが、今回はその詳細について、ポイントを3つに分けて述べていく事とします。

柔道整復師の仕事内容について

日本古来の柔術や柔道に伝わっていた治療術に端を発する事もあり、柔道整復師が治療出来るのは骨折や捻挫、脱臼等の怪我になります。脱臼で外れたり、骨折で位置が狂ってしまった部分を上手く戻しテーピングや包帯固定等の手技療法や運動療法で回復に持っていきます。

骨や筋の外傷関係とリハビリ関係を扱う専門職という認識で間違いありません。病院の求人に応募して採用された場合には、整形外科やリハビリテーション科、もしくは高齢者医療等の部署に配属になる事が多いです。

ただし、柔道整復師は治療行為が出来ますが、骨折や脱臼に関しては医師の診断が必要となります。柔道整復師は触診で怪我の様子を診断しますが、外側から見たら脱臼と思えてもレントゲンを撮ってみたら中身が細かく骨折していたというケースは珍しくありません。

骨折も折れ方によっては、神経や血管等を傷つける様な位置に破片が散っている様な事があります。骨粗鬆症等が原因で骨折や脱臼が誘発される事も多いです。

そんな時に整復術で無理をすると重大な事故に繋がってしまうリスクがあります。 痛みが無い様に、外側から骨の位置を素早く整える事に関しては柔道整復師はプロですが、それだけで全ての怪我をカバー出来る訳ではありません。

手術や別口の治療が必要な事もありますので、医師と上手く連携する必要があります。そして、そのポイントさえしっかりチェックしていれば、鍼灸師等と同じく自己裁量で出来る部分も多く独立開業も出来ますので、とても有意義な仕事と言えます。

柔道整復師と理学療法士ってどう違うの?

柔道整復師と仕事範囲が被る資格は幾つかありますが、理学療法士もその1つです。理学療法士は怪我や病気で弱ってしまった部分を電気刺激や運動療法、温冷療法等で回復に持って行く専門職になります。

柔道整復師との違いとしては、医師の判断や指示無しで治療を行う事は出来ません。 柔道整復師も骨折や脱臼に関しては、医師の指示を仰がないといけませんが、それ以外の関連する怪我や病気に関しては診断の後、手技療法で治療する事が出来ます。

独立開業も3年以上の実務経験があれば可能になりますが、理学療法士の場合は仕事の内容上、保険請求が出来ませんので、その延長として開業も出来ない事になっています。

病院の求人で採用された場合には、病院の事情にもよりますがリハビリ室で医師からの指示を受け、それに基づいてリハビリ訓練や補助のマッサージ等を行う事が多いです。スポーツ外来や老人医療関係が強い病院では、特にその傾向が強くなります。

リハビリの専門家が理学療法士であり、怪我の治療の専門家が柔道整復師であるという事で考えると齟齬がありません。町の接骨院等で、柔道整復師がリハビリの指導等を行っている事もありますが、中には医師や理学療法士と協力体制を上手く作って、専門的なリハビリが必要な時には病院へ紹介するという方式を採っている事もあります。

病院等で柔道整復師として採用された場合には一緒に仕事をする事も多いですので、職域や専門についてしっかり確認しておく事をお勧めします。

病院で勤務する場合の平均時間ってどれ位?

病院によって違いはありますが、大体8時間勤務と考えておけば齟齬がありません。受付時間が9時~12時、午後が15時~20時だと計算するとしてその時間内で働く事になります。

医師とは違いますので、急遽呼び出しを受けるという様な事はありませんし、残業も無いと思って構いません。お昼休みの時間も確保されていますので、スケジュール的に過酷になる様な事もまず無いです。

他には、都心の病院で1日10時間勤務になる様なケースであったり、始まりが早く終わりもそれに合わせて早いケース等もありますので、求人に応募する場合には必ず確認する様にして下さい。

休日に関しては大体週休2日制ですが、必ず土日が休みになるとは限りません。今の所、固定休日は勤務施設の休みに合わせた日になっているのが主流です。

何を重視するかにもよりますが、休日重視で考えるのでしたら、年間休日が120日以上や完全週休2日制という事で検索してみるのが良いかと思われます。 全体的な傾向として、勤務条件や福利厚生の面で言えば、やはり大規模病院や都心に近い施設の方が好条件である事が多いです。

ただ、その分仕事が忙しくなる事も考えられますし、勉強時間や自由時間をしっかり確保したい等の場合には中小施設の方が融通が利く事も少なくありません。他にも個人病院で働き、地域の人とより強く結びつき、色んなケースを体験したいというのも考え方の1つです。全ては自分次第とも言えますが、1度、しっかり計画を立ててみる事をお勧めします。

 

脱臼や骨折等は医師の判断を仰がなければいけませんが、自己裁量で患者に治療出来る資格が柔道整復師です。病院に勤務する場合は、理学療法士等の他の専門家とも上手くやっていく必要があります。

病院に勤務する場合は、平均8時間労働であり、整形外科関係に配属される事が多いです。施設毎の採用条件をしっかり確認し、自分に最も合った所を選ぶ様にして下さい。