【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の男女比はどれくらいになる?

    

柔道整復師は、骨折や捻挫などの外傷はもちろん、更年期障害などの婦人科系の疾患で悩んでいる人に手技やマッサージなどの施術を行い体の回復をさせる治療法です。

男女比としては男性にやや多い傾向がありますが、専門学校や大学などでは女性も3割から4割ぐらいは通学しています。

女性は男性に比べるとやや体力などは少ないかもしれませんが、細かい気配りができるため同性や高齢者には人気があります。

 

比較的男性比率が大きい職業のひとつです

柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫などの外傷はもちろん、更年期障害や生理不順などの婦人科系の不調で悩んでいる人に、手技やマッサージなどを行い体の回復力を高めるための治療を行います。

一般的な医療の資格に比べると、整骨院や接骨院、病院、介護施設などの幅広い職場で活躍が出来るなどのメリットがあります。

柔道整復師の男女比を統計的に見ると、女性に比べて男性にやや多い傾向にありますが、専門学校や大学などでは女性も3割から4割ぐらいは通学をしています。

販売や事務系などの一般的な職業に比べると、結婚・出産後も職場に復帰がしやすく、人手も不足しているため求人も多いのが特徴です。

女性特有の体の不調で通院をしている人は男性スタッフにアドバイスを受けにくいですが、女性スタッフがいると体の悩みを相談しやすいため、幅広い年代の人が活躍をしています。

男性に比べると体力はやや劣りますが、接客マナーが丁寧で細かい気配りができるため、同性の患者には信頼されている人が多いです。

10代、20代の若い人はこれから専門学校や大学に入学を検討している人が多いですが、男性と女性の割合のバランスが良い学校がおすすめです。

専門学校や大学でも女性が増えています

柔道整復師のうち、男性は女性に比べると体力があり女性とは違い出産を経験することはないため、正社員として活躍をしている人がほとんどです。

医療系の職業の中では様々な職場で活躍ができますし、最近は週休2日制の病院や整体院が増えているため、疲れた心身を休めることが出来るのが特徴です。

高校生や他の仕事で活躍をしている人も専門学校や大学に通学し国家資格の取得を目指す人が増加しています。

柔道整復師の勉強を行いたいと考えつつも男性の数が多いと抵抗を感じる女性は、地元で評判の高い専門学校や大学を選ぶと同性が多い環境で安心して必要な技術や知識を身に付けることが出来ます。

専門学校や大学を選ぶ時は、資料請求をしたり、インターネットなどで確認をして自分の性格や個性、年齢に合った所を選ぶことが大事です。

なお、最近の専門機関において男女の比率は6対4ぐらいの学校が増えています。

男女の比率を知っておくと学校を選びやすいです

以前は男性のほうが圧倒的に多い柔道整復師でしたが、現代は働く女性が増えているため安定した収入を得るために国家資格を取得している人が増加しています。

美容や健康などに関心の高い人が増えているため、女性が活躍できる職場が増加しています。

男女の比率は6対4か、7対3ぐらいの専門学校や大学を選ぶと、女性が通いやすい環境が整っています。

地元で評判の高い専門学校は昼間部はもちろん、夜間部の授業も受けられるため、昼間は仕事やアルバイトで忙しい人も、空いた時間を利用して学ぶことが出来ます。

医療系の職業の中でも需要が多く、働ける職場も多いので転職や就職などに有利です。

国家資格を取得してから、病院や整骨院、接骨院などで経験を積んでおくと将来独立して開業をすることもできますし、手に職を付けておくことで安定して継続した収入を得られるなどのメリットがあります。

 

以前は男性が圧倒的に多い職業でしたが、現代は結婚、出産後も働きたい女性が増えているため、専門学校や大学に通って国家資格を取得している人が増えています。

そのため男女の比率がどれくらいか知りたい人も多いかと思われますが、専門学校や大学では6対4か、7対3ぐらいの割合でやや男性が多い所が多いです。

地元で評判の高い学校を選ぶと男女の比率のバランスが良いため、女性が通学しやすい環境が整っています。