【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の専門学校の選び方とは?

    

高齢化社会が進んでいる日本で、医療従事者のニーズは年々高まっています。

看護や介護に医師だけではなく同じように患者さんの治療に携わる理学療法士や柔道整復師も同じです。

整復師になるためには専門学校を卒業し、国家試験を受験しそれに合格をした人が初めて整復師として仕事をすることが出来ます。

整復師になるためには専門学校へ入学する必要がありますが、インターネットで検索をかけると日本全国の数えきれないほどの学校が検索されます。

自分にあった専門学校を選ぶには、どんなポイントをつかめばいいのでしょうか。

まずは自分がどの地域の専門学校へ通いたいか決めます

整復師になるには、学校へ通い必要な技術と知識を身に着け、国家試験に合格する必要があります。

そのため、まずはお住まいの地域からどの地域へ通うのか考えましょう

地元の専門学校へ通うのか、それとも県外へ出て都市部の専門学校へ入学するのか、そこを決めます。

エリアが決まったら、インターネットの専門学校を検索するサイトを利用し、必要な情報を入力して検索をかけますと、あなたにぴったりの条件の専門学校がいくつかピックアップされます。

気になった学校は資料請求をしてみたり、実際に専門学校の見学会へ参加すれば、授業で使用される教室の風景や実際に実技で使用される道具などを見ることが出来るでしょう。

専門学校の選び方として、まずは通いたい学校の地域を選ぶことは重要なことです。

通うスタイルも今は自由に選べます

以前は柔道整復師になる為には、朝から学校へ通ってしっかりと技術や専門知識を頭にいれる必要がありました。

しかし、一度は就職したがやはり専門学校へ通って資格を取得したい、子育てが落ち着いたので専門学校へ通いたい、バイトをしながら専門学校へ通いたいなど様々な人がいます。

そのため、このような人のライフスタイルに合わせるべく、全ての専門学校共通ではありませんが中には昼間部と夜間部を設けている専門学校もあります

昼間部とは、例えば9時から16時までの長時間しっかりと勉強をし夜はバイトや子育てをしたい、通常の高校や大学のように昼間は勉強をしたいという人がこの昼間部を希望します。

夜間部は仕事を終えた会社員や、日中はバイトをしていた人が通う人が多く、18時から21時までと昼間部よりは学習時間が短時間なので社会人でも通いやすいということで、近年はこの夜間部を受験する人が増えてきています。

夜間部は平日の授業時間が短い為、土日などの祝日に補習を受けることが多く、その補習授業で昼間部が学習している座学や実技を勉強していくので、平日の授業時間が短いからといい合格に差が出るということはありません

通信講座を設けている学校もあります

乳児がおり、専門学校へ通いたくても今は通うことが出来ない。

遠方で近くに専門学校がなくて困っている。

そんな人のために最近では新たに「通信教育」で資格取得を目指している専門学校も存在します。

通信教育では、自宅にテキストなどの学習教材が送られ、動画を見てその手技を見て学んだり、その人に合わせたプログラムでゆっくりと学習をしていくことも出来ます。

中には、昼間は専門学校へ通い、夜は自宅で通信教育を受け、苦手な部分を通信教育で補うという学習方法を選ばれている学生もいます。

通信教育は遠方で学校へ行けない、育児中で学校へ行けないという人だけではなく、普段学校で習っていることを復習するために自宅でも勉強をしたいと希望して選ぶなど利用方法は人それぞれでしょう。

通信教育だけでは不安という人は、専門学校にもよりますが、講習会へ参加し映像では分からなかった実技の方法をここでしっかりと身に着けることが出来ます。

家で学習するだけではなく、最近の通信教育ではスマホやタブレットと連携し、通勤中に学習アプリを使用していつでもどこでも勉強ができるような工夫をされています。

お子様が眠っているわずかな時間や、外出先で少し時間が出来た時などの隙間時間を有効活用して学習することが出来るなど、通信教育も近年では人気となっています。

 

柔道整復師は今、若者だけではなく社会人からも注目を集めている程人気の資格で、将来的に利用価値があることから注目されています。

就職もし易く働き方も正社員だけではなくパートやアルバイトとして働くことが出来、ライフスタイルに合わせやすいということが人気の理由です。

国家資格ということもあり、生涯にわたって利用価値の高い資格で、難易度は高いものの毎年多くの学生が合格しているのも、専門学校選びが要因といえるでしょう。

専門学校といっても全てが手厚くサポートされているわけではなく、学生の合格率も低く指導方法も自分には合わない専門学校もあるでしょう。

そんな時は、インターネットで専門学校の情報を入手したり、学校見学や資料請求をたくさんして自分はどの学校が一番いいのかしっかりと吟味する必要があります

学生に人気の専門学校は、学生に対するサポートも手厚く通いやすい場所にあるという事も考えられます。

専門学校はどれも同じと考えるのではなく、まずはじっくりと比較し、どの地域のどの専門学校がいいか、時間をかけてゆっくり探してみましょう。