【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の将来性は?

    

現在、多くの柔道整復師は接骨院もしくは病院で勤務しています。介護分野においても、整復師の配置を要件としている所もありますが、その数は全体から見ると少ないのが現状です。特に通所介護や有料老人ホームでの整復師の募集は年々増えており、この分野での将来性が期待できます。特に高齢者の慢性的な痛みに関する相談や対処方法等は介護職にとって大変有意義な助言になり得ます。長期的に関わることで自立支援に対する役割も求められています。

将来的な発展の為にも、既存の働き方のみでなく、新しい分野への挑戦が必要な時期に来ているのではないでしょうか。移り変わる社会情勢を先読みし、活躍できるにはどの様な事を意識するべきかをお伝えしたいと思います。

接骨院を始めても、競争が激しい

国家資格を取得された方の多くは、既に開業している接骨院に就職するか、自分自身で開業するかのどちらかを選ぶ方が多いのが現状です。しかし、都市部を中心に接骨院の数が多すぎる為、競争過多に陥ってしまい、本来の役割を全う出来ないことも実情としてあります。一度は接骨院を開業したものの、競争に敗れ、現在は病院のリハビリテーション科のスタッフとして物理療法のみを行う整復師もいます。病院のリハビリテーション科に在籍し、ある一定の要件を満たすことで、みなし理学療法士として、リハビリテーションを行うことが出来るそうです。

ですが、これはあくまで一過性の方法に過ぎず、今後も理学療法士の人口が増えれば、整復師の必要性は無くなるのではないでしょうか。接骨院の開業も厳しく、病院での勤務も難しいとなった場合、整復師としての存在意義が不透明になってしまう恐れがあります。

接骨院の開業以外にも活躍出来る分野がある

整復師が有する治療技術は、医療分野だけでなく介護分野でも重要な役割を持っています。特に機能訓練事業に力を入れている通所介護等の事業所では、痛みや痛みの予防に詳しい整復師の活躍が期待されます。介護分野にこそ整復師の将来性があるといえます。個人で医院を設立し、多くの患者様を治療している整復師も、最近の傾向としては介護分野にてどの様に存在感を示せるかを考えているようです。

特に通所介護での機能訓練指導員としての整復師の募集は年々増えています。柔道整復師の資格を持ち、介護の分野でも精通する能力が身につけば、役職が上がる可能性もありますし、自分自身で通所介護事業所を経営することも可能です。実際に、接骨院と通所介護の両方を経営し、一般的な患者様から、介護保険を利用する利用者様へのトータル的なケアを実践している方も増えています。多角的に経営することで、競争過多による廃業等のリスクを減らす事も出来ます。また、アドバイザー的な役割を担い、地域のサービス事業提供者に向けて、整復師の視点からの介護予防等を提言する方もおられます。

介護分野で活躍できる整復師になる為にすべきこと

介護報酬の改定に伴い、国の方針として介護予防と自立支援が今後も重要なキーワードとなります。その中でも、介護保険利用者の介護度の増悪を抑え、自立した生活が行えるように支援する事が通所介護事業所でも求められています。通所介護事業で算定できる項目に機能向上訓練加算というものがあり、この加算を算定するには整復師等の有資格者が配置されている事が義務付けられています。その為、痛みや怪我の治療から、怪我の予防方法にまで詳しく精通している整復師が配置されていれば、転倒による打撲、怪我をしない為の体づくり等を指導することが出来ます。

しかし、介護分野での役割は通常の接骨院での治療とはやや異なる点があるのも事実です。特に、介護を受けている方が対象なので、認知症があったり、様々な病気や障害を負っている人がほとんどです。その様な方に対して、部分的な治療を施すのではなく、個人の生活歴等に着目し、生活の質を向上させる取り組みを行う必要があります。

整復師が将来的に活躍するためには、既存の接骨院や病院での勤務ではなく、介護分野への進出が必要です。特に今後も増加する高齢者への自立支援に向けた取り組みが、リハビリテーション職だけではなく、整復師にも担える役割だといえます。有料老人ホームや老人保健施設においても利用者の転倒や転落による怪我や骨折は少なくなく、それに対する知識が既存の介護職員には不足しているのが現状です。特に通所介護事業所においては機能訓練指導員を配置する事で加算が算定可能であっても、有資格者の人員不足で算定自体が難しい所が多いようです。このような現状に対して、整復師が介護分野に勤務し、その能力を発揮できれば、介護予防や自立支援といった国の政策にも寄与し、その役割の意義は大きくなるといえます。

これから柔道整復師になることを考えている方には、医療分野のみではなく、介護分野における役割を意識し、治療技術や介護技術、対人支援業務に対する知識を養うことをおすすめします。今後も高齢化社会が進む中で、整復師の知識を介護分野でも浸透する事ができれば、自立支援に寄与できると思われます。