【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるためには?

    

医療資格を取得するには、まず所定の学校に進学しなければいけません。修了した後に国家試験を受けるなどが必要になります。ただし各資格によって諸条件が異なるので、自分が取得したい資格の概要をきちんと調べておきましょう。

 

 

 

 

国が指定する養成機関を修了する

医師は医療資格の中でも難易度が最も高いとされ、まず大学の医学部に入学しなくてはいけません。その他の医療資格においてもまずは所定の学校に入学し、修了しないと先に進めない資格が多いです。医療資格はまずは医療の知識が必要になります。それ以外に実際に医療の実務を行う必要があります。体のことを知り尽くしていても、実際に人の体に対して一定の対応をした経験がないと、資格を持って仕事をするときに的確に行えなくなる可能性があります。

では柔道整復師になるにはどうすればよいのか。資格名だけ聞くとスポーツの柔道が頭に浮かびそうです。稽古などをして黒帯などを取っておかないとなれないような気がしますが、全くそんなことはありません。実は柔道とついているものの両者にはほとんど関連性がありません。この柔道整復師になりたい人が目指すのは、養成学校と呼ばれる教育機関への入学です。大学、短期大学、専門学校において、国が指定をしている学部や学科などに入学をします。大学や短大となると入学試験があるので、簡単には入学できないときもありますが、専門学校であれば申し込めば入学できるところもあります。大学なら4年制、短大や専門学校なら3年制になります。そちらで知識と技術を学びます。在学中に実技に関する試験に合格しておく必要があり、それに合格しないと修了となりません。専門学校の中には働きながらやダブルスクールなどでも学べる夜間の学校があり、いろいろな人が資格取得に向けて学んでいます。

国家試験に合格して資格者として登録

医師や看護師、薬剤師、その他レントゲン技師や理学療法士などは医療系の資格とされています。その中でも医師や歯科医師、薬剤師などは6年制の大学を修了して卒業しないと次の段階に踏めません。それらの大学に入学するのが一苦労になります。看護師などの他の資格は大学以外でも所定の教育を受けられる期間があります。短大の他専門学校もあり、専門学校であれば受験勉強もほとんど必要ないと言えるでしょう。

柔道整復師も医療系資格の一つで、まずは所定の学校に入学して修了を目指します。無事終了証を受けることができればいよいよ最終段階になります。なるには国家試験に合格をする必要があります。国家試験は、学校の卒業の後の3月に年に1回実施されます。こちらに合格すれば、後は登録をするだけで仕事ができるようになります。国家試験の内容は筆記試験のみになります。医療系資格なので実技なども必要になりそうですが、国家試験の実施時には行われません。

実は学校に在学をしているときに実技部分の試験が各学校で行われています。単位の一つなどになっていて、これが取得できないと修了証がもらえません。逆にもらえているのであれば、実技部分に関して問題がない状態であることの証明になります。筆記試験に関してはすべての受験生が合格できるわけではないので、それなりに対策をしておく必要があります。学校によっては試験合格のための補習などをしてくれるところもあるので、参加しておくと良いでしょう。

登録をしてからの働き方はたくさんある

資格を得ないと仕事ができない仕事は、とにかくまず資格の取得が必要です。さらに登録などが必要になる場合があるので注意しましょう。国家試験に合格して合格証書がもらえたらそれで仕事ができると考えている人がいます。それだけの状態で勝手にその仕事をすると法律違反になるときもあります。資格によって異なりますが、所定の登録を済ませ、その上で業務を行います。医療資格である柔道整復師になるには、所定の学校を卒業して国家試験を受験後に合格し、さらに登録をします。さてその後はどのよう働くかのかというと、実はこの資格は働き方が非常にたくさんあります。まず経験を積みたいなら既に開設されている整骨院への就職がいいでしょう。資格取得のために通った学校で就職のサポートをしてくれるので、そちらを利用すると良いでしょう。

それ以外に自分で独立して整骨院を開く方法もあります。資格取得後にいきなり独立するのは難しい時もありますが、資格取得に当たってアルバイトなどをしていたり、親が整骨院をしていてそれを引き継ぐなどの時は自分の整骨院を持つときもあります。さらに独立しながら、整骨院なども持たずに仕事をすることもできます。専属のスポーツトレーナーなどになれるので、それなら身一つで独立しての仕事が可能です。

 

国が指定する養成学校として、4年制の大学や、3年制の短大や専門学校があります。これらを修了すると国家試験の受験資格が得られます。国家試験に合格して登録をすると晴れて仕事ができるようになります。働き方は様々です。