【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師のやりがいとは?

    

 

柔道整復師の仕事はやりがいの多いものです。自分の施術によって患者さんの痛みを小さくでき、感謝されるでしょう。

スキルアップがしやすいのもこの仕事の良さです。また個人の頑張りでも収入が上がるメリットもあります。

 

 

 

患者さんから感謝される喜び

柔道整復師は患者さんの筋肉や関節の痛みを治していく仕事です。

腰やひざ、首の痛みを抱えた人はたくさんいます。病院に通ってもなかなか良くならない場合もあります。自分の痛みを他の人に分かってもらえずに苦しんでいる人もいます。そのような人達を癒していくのがこの仕事です。

慢性化してなかなか良くならない場合もありますが、自分の施術によって痛みが和らぐこともあります。痛みから解放された人は、整復師に感謝します。

痛みに耐えるのは想像以上に大変なことです。それを良くしてくれる人にはどんな人であっても有難い気持ちを持つでしょう。これが柔道整復師の生きがいになります。

痛みだけではなく、心のケアによってもこの仕事をやって良かったと思えることがあります。施術をしながら、患者さんの訴えに耳を傾けて、苦しみを理解していくことになります。

自分の苦しみが理解されずに、心を痛めている人も少なくありません。それは体の痛みと同じように辛いものです。整復師が心の悩みを完全に解決できるわけではありません。しかし、悩みを理解してもらうことで患者さんの気持ちは楽になります。今まで感じていた孤立感も解消されていきます。

筋肉や関節の痛みをケアしながら、心の状態まで気を配るのは楽ではありません。辛い気持ちを打ち明けられたら、自分の心まで重くなることがあります。それでも体と共に心の状態まで良くしようと努力することで、この仕事をしてよかったと思える時があります。患者さんが良くなった時の喜びの気持ちが、この仕事を続けていく原動力の一つです。

 

自分のスキルを徐々に向上させることができる

この仕事は続ければ続けるほど、スキルが上がっていきます。スキルが上がると仕事が楽しくなりますし、もっと頑張ろうと言う気持ちにもなります。さらに患者さんの評判も高くなると言う好循環が生まれます。

ただし、すぐにスキルが上がるわけではありません。始めた頃は失敗もあるでしょう。例えば施術の時に力を入れすぎて、患者さんに痛い思いをさせてしまうこともあります。厳しい人だったら、痛かったことに対して怒るかもしれません。

このような失敗があると落ち込んでしまいますが、それを次回の施術に生かすことで自分のスキルが上がっていきます。自分自身でもスキルを上げる努力を怠ってはいけません。

例えば各地で開かれている研修会に出て、スキルの向上を目指すのは良い方法です。自分よりも技術のある人に出会って刺激を受けることもあるでしょう。

本を読むことでも勉強ができます。この仕事は人間の健康と深いつながりがあります。健康についての研究は年々進んでおり、糖質制限などの新しい情報も知られるようになってきました。本を読んでそのような情報を自分のものにして、仕事に生かすことで生きがいを感じられるようになるでしょう。

自分が勉強を熱心にしていれば、それは患者さんにも伝わります。伝わることによって自分自身の整復師としての評価が高くなることもあるかもしれません。他の人から褒められると、どんな人でも嬉しいのでこの仕事のスキルをさらに高めようという気持ちが出てきます。

 

自分が頑張ることで収入も増える

この仕事は頑張れば頑張るほど収入がアップします。分かりやすい例は、担当する患者さんの数です。それを増やせば、確実に給料は上がります。

患者さんの数を増やせば、身体的な負担は大きくなります。しかし負担に耐えることで、給料のアップが実現できます。数を増やしたからと言って雑な治療をしてはいけませんが、施術の回数が増えれば自分のスキルが上がるのは間違いありません。

いろいろな働き方ができるのが、柔道整復師のメリットでもあります。例えば、パートとして働くことも可能です。まずパートとして働いてみて、うまく働けるようだったら勤務の時間を増やせます。お子さんが成長して家庭の仕事が少なくなったら、正社員になっても良いでしょう。

このようにいろいろな働き方をしながら、給料を増やす工夫ができます。最初はどこかの整骨院で社員として働いて、その後に独立を目指す人も少なくありません。この場合は負担が大きくなりますが、自分の頑張り次第で収入をさらにアップできます。

独立して自分で整骨院を経営するようになったら、収入が増える可能性は高くなります。経営に失敗したら収入は低くなりますが、成功して多くの患者さんが来るようになると社員として働いていた時より多くのお金を得られるでしょう。自分の努力次第で収入をどんどん上がられるのがこの仕事の生きがいの一つです。

 

柔道整復師のやりがいは、患者さんに感謝されることです。痛みを治すことで多くの患者さんに喜ばれ、生きがいを感じることも少なくありません。

自分のスキルを上げられる点もこの仕事の良さの一つです。仕事を一生懸命すれば、スキルは上がっていき仕事自体も楽しくなります。自分の頑張り次第で給料を上げられるメリットもあります。

最初はパートとして働いたとしても、正社員になってその後独立し、自分で整骨院を経営してそれが成功すれば多くの収入を得られます。