【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の国家試験の試験内容は?

    

柔道整復師という職業を耳にしたことがあるでしょうか。この整復師という職業は骨折や脱臼にねん挫や打ち身などの外傷を受けた患者さんに対して、薬物療法や外科的手術を行わずに手技やマッサージだけで治療をすることを目的とし、自然治癒力を高めることを目的とした施術を行っています。自然治癒を高めるこの治療方法は、患者さんへの体の負担が少なく高齢者に優しい治療方法として注目されており、もちろん薬物療法や外科的治療よりは回復までに時間がかかりますが、それでも体への負担が少ないということで、この整復師という職業は世界から注目されています。体への負担が軽いのに患部の回復をすることが出来るということで、その技術や知識を習得したいと考えている人は世界中でたくさんいます。
では、この整復師という職業、試験内容はどうなっているのでしょうか。

 

試験会場と当日の試験科目について

まず整復師の国家試験会場ですが、全国で行われているわけではなく各都道府県の指定されている会場で行われます。来年度の場合、北海道・宮城県・東京都・石川県・愛知県・大阪府・広島県・香川県・福岡と沖縄の10か所の会場で同日一斉スタートで試験が開催されます。

試験科目は解剖学からリハビリテーション医療など今まで学習してきたほとんどの科目がテスト範囲となるでしょう。苦手な科目がある場合、試験前にきちんと先生に確認をしておくことで少しでも合格率を高めることが出来ます。試験はマークシート形式なので、正しいと思っている番号やアルファベット部分を塗りつぶしていくだけなので、文章を丸暗記する必要はありません。

筆記試験をする上で、視力が極端に落ちている(視力が0.04で視野の幅が極端に狭い人)は受験をする事が困難であると、厚生労働省の基準で決まっています。これに該当するものはたとえその学校で専門の勉強をしていても受験をすることは厳しいでしょう。

 

整復師になるための受験資格とは

まずこの整復師になる為には、どういう人に受験資格を与えられるのでしょうか。まず学校教育法に基づき大学へ入学することが出来る人で、3年以上文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合した指定の学校でしっかりと整復師に必要な知識と技術を習得し卒業見込みのあるものが試験を受けることが出来ます。

整復師は以前一部の法が改正されましたが、改正する前に文部科学省の指定した専門学校または大学または専門学校へ通い、その技術や知識を習得中のものであれば、試験を受ける権利を与えられます。このどちらかに該当すれば、整復師としての試験を受ける事はできます。どちらにも該当をしていない人は試験を受ける権利は与えられません。

 

難しい国家試験に合格するためには

この整復師の試験は非常にハードルが高く難しい試験ともいわれています。毎年合格率も6千人以上いる中で、50パーセントの人しか合格をすることが出来ない狭き門ともいわれています。なぜ難しいのかというと、この整復師という資格は、接骨院や整骨院で働くことが出来、患者さんに対して適切な治療を施すことが出来ます。人に対して施術を行うことが出来る資格という事もあり、非常に試験のレベルも高いと言われています。

きちんと専門学校で専門の知識や技術を身に着け、整復師が過去に行った問題を復習することで過去の問題を把握し、国家試験対策に有利になるともいわれています。専門学校や大学で整復師に関しての技術や知識を身に着けることが出来ますが、学校が違うからといって合格率に差があるという訳ではありません。きちんと各学校で文部科学省が定めるカリキュラムをこなし、一定基準の専門知識と技術を身に着けるよう、文部科学省がみとめた学校ではそのような授業を行っています。

専門学校では昼間部と夜間部もあり、社会人でも専門学校へ通い整復師になるための知識や技術を身に着けることで受験資格は得られます。夜間部は平日の授業時間が短い分、休日に補習授業があるので夜間部だからといい合格しにくいという心配はありません。

 

整復師は国家資格です。人に施術を行う仕事だからこそ、様々な専門知識や技術を身に着け難しい試験に合格をしなければいけません。試験の合格率は50パーセントですが、過去の問題を復習し学校の授業内容を見直すことで合格率をぐっと上げることはできるでしょう。
試験方法も一字一句文章を覚えてそれを記入するものではなく、マークシート方式を取り入れているので、試験の方法としては簡単です。試験資格も決まっており、局単に視野が狭く視力が落ち、コンタクトレンズや眼鏡などを使用しても視力が弱い人は受験をすることが出来ません。
整復師は今大変ニーズも高く、現場でも整復師を必要としている声が高まっています。世界中からも注目されるこの資格は、今後も活躍する現場は増え、雇用形態も更に自由となり育児と仕事を両立できる女性も増えるかもしれません。人の役に立つことができるこの整復師という資格、受験を希望させる方はこれらの事を参考にしてみてください。