【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師は機能訓練指導員として働ける?

    

柔道整復師の就職先としていろいろなものがあり、病院や接骨院・整骨院などがあげられます。

福祉や介護の分野においても多くの人が活躍していて、福祉や介護業界が初めてな人も資格があると働くことができる現場が数多くあります。

 

 

 

 

 

高齢者をサポートする役割が求められます

接骨院や整骨院で働いているイメージが強くある柔道整復師ですが、病院や介護などの世界において活躍している人もいます。

スポーツ業界でも活躍している人がいて、アスリートの健康状態などをサポートしたりインストラクターとして働いている人もいるでしょう。

近年福祉や介護業界において需要が増えており超高齢化社会を迎えつつある日本では福祉や介護業界における人材の需要は更に大きくなります。

中でも機能訓練指導員としていろいろな高齢者をサポートする役割が求められており、指導員を目指し取り組んでいる人が多くいるのが現状です。

更に経験を積み知識を深めることによって介護支援専門員、いわゆるケアマネージャーとして転職することができます。

キャリアアップを目指している人も多く、福祉や介護業界において指導員の職に就いたり目指している人がいます。

この仕事はデイサービスや特別養護老人ホームといった福祉施設において、筋力の低下を防止するため専門家としてさまざまな機能訓練を行ったりレクリエーションを行う仕事です。

指導員は特に資格が必要というわけではなく、理学療法士や言語聴覚士・看護師などの資格を持っていると指導員として働くことができます。

この指導員を目指すと施設によっては年収がアップすることもあり、高齢者をサポートしながら、生きがいややりがいなどを見出している人も中にはいるでしょう。

その人に応じた機能訓練計画を提案し幅広いサポートを行うのが仕事です。

さらなるスキルアップを目指すなら、介護支援専門員も目指すことができます。

 

機能訓練やリハビリテーションを行います

機能訓練指導員にはいろいろな目的があり、福祉や介護施設における目的としてさまざまな高齢者が充実した生活を毎日送れるようサポートすることにあります。

いろいろな施設がありますが今後も高齢者の数は増加するのでかなり需要が高まっています。

各施設には1名以上配置することとなっているので、ますます指導員の需要は高まるでしょう。

いろいろな仕事があり、例えば在宅介護を行う家族のため、日帰りで高齢者たちを預かったり入浴したり食事といった介護サービスなどを行います。

デイサービスにはいろいろな種類があり、機能訓練やリハビリテーションに特化したデイサービスや、機能訓練に特化したところも増えています。

最近ではいろいろな施設で働くことも、柔道整復師としての働き方になりつつあるでしょう。

指導員が行なう主な仕事には、例えば人それぞれの機能訓練計画書を作成することがあげられます。

他のスタッフに対しどのように最適な指導を行うのか、いろいろ提案したり指導しなければいけません。

機能訓練計画書は基本的にそれぞれの利用者の状態に合わせ、一人ひとり個別で作成し、評価やモニタリングを行います。

幅広い人をサポートするというのが指導員にとって重要な仕事で、各施設には車いすや自助具がありますが、利用者や入居者に最も適したアイテムを選定したり安全な使い方などを理解してもらうよう伝えなければいけません。

スタッフはもちろん利用者にも分かりやすく説明し、毎日楽しく過ごすことができるよう細やかなサポートが必要です。

指導員の役割としていろいろありますが、体力測定も指導員の仕事になります。

定期的に体力測定を行うことによって、最適な筋力アップスケジュールなどをアレンジします。

高齢者が健康で充実した毎日を過ごせるよう、いろいろなサポートを行うことになるでしょう。

 

その人に合った機能訓練が必要です

デイサービスや特養などにおいて機能訓練指導員の配置が一人求められているので、福祉や介護施設では柔道整復師の需要度が高いです。

今のところ国から具体的な法律がないので、仕事内容として指導員の個人の裁量に任されている部分があります。

一般的に機能訓練は3ヵ月に1度作成される機能訓練計画書に基づき行うことになっていて、指導員は利用者の状態や家族の要望を反映しながらどうすれば毎日楽しく機能訓練することができるか考えます。

機能訓練によって利用者の体力がアップすることもあるので、やりがいを感じることもあるでしょう。

老人ホームにはいくつか種類があり、介護付有料ホームや住宅型ホーム・健康型有料ホームなどがあります。

地域が運営していたり民間企業が運営しているところもあり、今ではかなり多くの施設があります。

有料老人ホームの場合は費用が高めに設定されているので、機能訓練などが充実しており介護が不要な健康な状態の時から利用することが可能です。

施設によっては健康的に動ける人も多くいるので、その人に合った機能訓練スケジュールを組む必要があるでしょう。

そのため利用者のライフスタイルをチェックしたり、サークルやイベントなどが開催されている場に一緒に参加し利用者の状況を把握しなければいけません。

入居者の生活の質が高められるよう、いろいろな指導やサポートを行うことになります。

 

柔道整復師の就職先として、福祉や介護分野において活躍している人がいます。

機能訓練指導員として機能訓練スケジュールを作成したり、それに基づいて高齢者をサポートするのが仕事です。

利用者が健康的になっていくことを見て、やりがいを感じている人もいるでしょう。