【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

デイサービスで柔道整復師が働くメリット

    

 

柔道整復師と言えば整骨院や接骨院で働いているイメージが強いですが、介護・福祉分野でも需要は非常に高い資格です。

現在国は要介護にならないように介護予防に力を入れることに舵を切り、デイサービスからの需要は高まっています。多くの方がそこで働く選択をしていますが、どういったメリットがあるのでしょうか。

 

 

福祉分野における柔道整復師の役割

今や日本はWHOや国連の定義からすると超高齢化社会です。少子高齢化により支える側も少なくなってきており、1人1人の負担は増加しています。

高齢になると若い時よりも少しの怪我で回復も長引き生活に支障をきたすことや、場合によっては寝たきりになってしまいかねません。そのため予防をしていくことが重要であり、身体機能や運動能力に詳しい柔道整復師の活躍が福祉分野で期待されています。

高齢者への施術需要も高いですが、福祉分野ではデイサービスでの募集も非常に多いです。働いている方のほとんどは機能訓練指導員という名称の職に就いています。

機能訓練指導員は福祉施設で専門家として機能回復・機能予防を行う仕事です。この職に就けるのは柔道整復師や看護師等決められた有資格者しかなれません。機能訓練指導員を特別養護老人ホームや機能訓練を行う福祉施設では必ず1人以上設置する必要があります。

特別養護老人ホームでは看護師が担っている場合が多いのですが、デイサービスでは機能訓練なので看護師よりも身体の構造に詳しい柔道整復師が求められています。主な仕事は機能訓練計画書を作成したり、どのようにしていくかスタッフに指導・提案を行っていきます。

そして定期的に機能を評価して健康で充実した日を送れる手助けをします。機能訓練指導員を設置することで、リハビリを行うデイサービスは運動器機能向上加算という事業所に入るお金がプラスされます。その意味でも需要は高いのです。

 

デイサービスで働くことで得られるメリット

機能訓練指導員として働く場合、介護保険制度を知っていなくても仕事を始めることができます。もし専従で就くのならば、相談員や他の役割も担わないといけない場合があり介護保険制度についてや請求業務についても学ぶ必要があります。

デイサービスで働く場合は専従よりもバイトで入る場合の方が全国的に多いです。柔道整復師として本業の傍ら、週1回程デイサービスで機能訓練指導員として入れます。

働き方が自由に選べますし、1日の賃料も高いです。リハビリは理学療法士や作業療法士の方が専門分野ではありますが、デイサービスでは個別リハビリを実施しても1人1人時間はとれません。

よって計画書作成しスタッフに指導や提案を行うことが多いです。それは機能訓練指導員と同じ業務内容で同じ様式の書類です。また理学療法士や作業療法士でもリハビリで得られる加算も機能訓練指導員設置と同じ運動器機能向上加算です。

リハビリの専門家なので、バイトでも専従でも福祉分野ではリハビリ職の方が人件費はかさみます。そのため、機能訓練指導員を設置する方が運営側もメリットがあるのです。

その他運営側のメリットは実際に機能訓練の一部としてマッサージや関節可動域訓練を行ってもらえることです。本業をそこで行うわけですが、柔道整復師もメリットがあります。

自身の本業である整骨院等をアピールできるからです。施術を受けて良かったら続けてほしいと、デイサービス以外でも希望される方は非常に多いです。バイトしながら賃料を得てお客も得ることができるのです。当然福祉への貢献もありますが、バイトをすることで給料がプラスされ、自身の店にも誘導できるのでメリットしかないと言えます。

バイトをする時間を確保する必要はありが、それでも1日2万~3万円が相場なので、月1回だけでも良いでしょう。

 

国から指示はないので自由にできるやりがい

機能訓練指導員として福祉施設で働くことができますが、国から特に何をするようにといった指示はありません。つまり裁量に任されていることになります。

裁量次第なので自由に自身の経験を基に計画を作成することができます。どのように利用者の支援をしていくかや、楽しく機能訓練ができるかを考えていくので大きなやりがいを得られるでしょう。

デイサービスでは対応する方がそうコロコロ変化しないので、いつも関わる方はほぼ同じと言えます。その方々をこの先ずっと支えられ、自身の提案した機能訓練の成果を確認できるのも嬉しさになるでしょう。

 

柔道整復師は福祉分野での需要は高く、特にデイサービスでは機能訓練指導員としての需要が非常に高いです。就職しやすさもありますが、本業を続けつつバイトとして入ることも可能です。

自分が入れる曜日や頻度も調整や交渉しやすいメリットがあり、無理なく働くことができます。また機能訓練以外に本業の施術も訓練の一環として行うこともでき、本業への営業もバイトしながら叶うのです。

そういったお金に関するメリット以外に、当然やりがいも得られやすいです。本業のように来る方がコロコロ変わることは少なく、ほとんど固定の方の対応をします。国から特に機能訓練指導員について指示はないので、自身で考えその方に合わせた訓練を提案できます。