【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

デイサービスの求人募集で働く柔道整復師の仕事内容

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/09/03
    

デイサービスとは日中に介護を必要とする人が通って、日常生活の介助や機能訓練を受けることができるサービスです。老人ホームのように24時間施設に入所するのではなく、日中に通って介助などを受けることができるサービスに該当します。

デイサービスにおいても柔道整復師が行う仕事内容もあります。

機能訓練指導員として働くことになる

デイサービスにおいて柔道整復師が果たすべき内容ということになると、機能訓練指導員として働くということになります。機能訓練指導員とはレクリエーションや機能訓練を行うための手助けを行うということです。

機能訓練は1人1人に応じた形で機能の低下を招かない様に、体を動かすというトレーニングを行うことです。例えば、寝たきりになる人は歩かなくなりますので、それを防ぐためにも歩くトレーニングを行う必要があります。

機能訓練指導員の仕事内容は、サービスを利用する高齢者1人1人に対して機能訓練計画書を作成することから始まります。この計画書に基づいた形で、高齢者に対して機能訓練を行っていく必要があるということです。計画書というのは個別で作られますので、その人に合ったものでなければいけません。

指導員が何でもかんでもやれる訳でもありませんので、介護職員に指導するという場面も当然あります。介護職員に適切に指導をしないとけがの恐れがあるので注意を要します。

デイサービスを行う施設においては、必ず1人は機能訓練指導員を配置しないといけないという規則がありますので、求人で募集をしていることは十分にあります。機能訓練指導員という資格があるわけではなく、介護保険法に基づいて柔道整復師や看護師、理学療法士などの国家資格を持つ人が指導員として働くというわけです。高齢者と接したいという人には向いている仕事です。

機能訓練に特化した形も増えている

デイサービスは在宅でもなく介護施設でもなく、両方のいいとこどりをしている施設だということが言えます。基本的なサービスとして朝に送り迎えをして、施設に着いたら入浴や食事などの介助を行った後で、レクリエーションや機能訓練を行い、夕方に家に送り届けるということです。日中だけ稼働するという形になりますので、深夜に働くということは一切ありません。

最近では生活の介助をすることを止めて、機能訓練などに特化した形の施設も存在します。機能訓練自体が求められているという流れがありますので、それに伴って機能訓練指導員の需要が高まっています。

高齢者としてはなるべくなら介助を受けずに、いつまでも自立したいという風に思っているはずです。寝たきりなどを予防するために、デイサービスなどで必要な機能訓練を受けるということはとても大切で、そのためのニーズは大変高いです。

体力面などの増強を図ったり、生活に支障が無いようにしたり、歩行訓練などをしたりするというニーズがあります。そのニーズに応えるためにも機能訓練指導員は1人1人の高齢者に向き合って、自立生活ができるように支援していく必要があるということです。

接遇などをしっかりとすることが求められる

デイサービスを利用する人というのは、介護予防を目的とした軽度の要介護者に該当しますので、しっかりしている人が多い傾向にあります。機能訓練を受けに来ている高齢者がいるわけですが、意識はしっかりとしていますし、それほど衰えているという訳でもありません。

まだまだ自立できている高齢者を対象にして機能訓練などをしていくのが、機能訓練指導員になります。具体的にどのような形で機能訓練計画書を作成していくのかというのは、その人次第のところがあります。柔道整復師をベースとした機能訓練指導員であれば、体の仕組みが分かって、どういう風な運動をすればいいかということを理解しているでしょうから、自分自身の経験を活かして実行に移すことが可能です。

サービスを受ける高齢者がそんなに入れ替わるというわけではないでしょうから、いつも同じ人に対してどのような訓練をすれば楽しくやってもらえるのかなどを考える必要があります。辛いことばかりをやっても全然楽しくありませんので、楽しめる要素を加えながら訓練に取り組んでもらうことが大事です。

まだまだ元気な高齢者も多いでしょうから、きちんと接遇などをしっかりとすることが求められます。訓練にやる気が出ないということであれば、なぜやる気が出ないのかということをコミュニケーションにて探ることです。最終的には高齢者のためにやっていることを理解してもらう必要があります。

 

最近はデイサービスで柔道整復師の求人が増えてきています。柔道整復師が行うことは、機能訓練指導員として、機能訓練をサポートすることです。とてもニーズが高い仕事内容ですので、高齢者に向き合いながらやっていくことが求められます。