【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるには柔道の段位が必要?

    

柔道整復師は国家資格の一つで、現在ではこの資格を取得しようとする人も決して少なくありません。

ただ、その名称から柔道が関係するという事は分かりますが、資格取得に関してどの様な条件を満たす必要があるのか分からない事も多々あります。

この資格を取得する場合、柔道も必要となってきますが、柔道の技術に関してはどの様な扱いになっているでしょうか。

柔道整復師になるにはどうすれば良いか

柔道整復師になる為には、まずは厚生労働大臣か文部科学大臣が認可した専門学校でしっかりと教育を受けて、さらに資格試験に合格しなければなりません。

ただ、入学する際に既に柔道の経験がなければならないかと言ったら決してそうではありません。

全く柔道の経験がなかったとしても、養成講座で柔道の実技の時間が設けられているからです。

よって、極端な事を言えば、入学するまで全く柔道の存在を知らなかった人でも入学資格を持っていれば誰でも専門機関で学ぶ事が出来ます。

ではどの様な人が入学できるかというと、高校卒業もしくは卒業見込みの人大学生社会人となります。

勿論これらの条件を満たしていれば、年齢、性別等は関係ありませんし、転職の為に専門学校に入学しても問題はなく定年退職をしてからでも入学可能です。

また、入学後は3年間の専門教育を経て、卒業年度の実技認定試験に合格すれば国家試験を受けられる形です。

どの様なカリキュラムで学ぶのか

柔道整復師として資格を取得する為には、卒業してその仕事で働く上での知識と技術、経験を身に着けるべく専門学校で用意されているカリキュラムをこなさなければなりません。

現在では国家試験の科目となっている解剖学生理学運動学リハビリテーション医学等様々な医療に関する内容を学ぶことになっています。

また、専門学校によっても特色があり、力を入れているジャンルも違っているため、通う専門学校によってより詳しく学べる内容が変わる場合も少なくありません。

一般的には資格を取得する為には、基礎分野・専門基礎分野・専門分野の3つを3年かけて学ぶことからも、座学だけで何かを学ぶのではなく実習等も適宜行いながら必要な知識と技術を身に着けるようになっています。

また現在では昼間の開校だけでなく夜間開校となっている専門学校も存在しており、この場合昼間は仕事をしている人でも3年間で必要な知識等を身に着けられるようにカリキュラムが組まれています。

柔道の段位は結局必要なのかどうか

先述の通り、資格取得の為には柔道の経験は必要であり、専門学校で学ぶ際は柔道の実技の時間も予めしっかりと用意されている状態ですが、勿論入学前は未経験者であってもまったく問題はなく入学後にしっかりと身に着ける事が出来れば良いと言えます。

ただし、実際に資格を取得する際は柔道の経験があるだけでも良いのか、それとも段位が必要なのかどうかわからないから心配だと言う人も少なくありません。

結論を述べると、段位は全く必要なくただ柔道の経験があればこの資格を取得する事は十分可能です。

大会に出なければならないという訳ではないし、大会で優勝とか準優勝等良い結果を出さなければ資格を取得できないという事も一切ありません。

そのためしっかりとカリキュラムをこなす事が出来れば、スポーツが苦手な人はもちろん、女性の方、体が小柄な方であったとしても全く問題なく資格を取得する事が出来ます。

「柔道が苦手だからこの資格を取得する事は出来ないのではないか」と心配をする必要も一切ありません。

 

柔道整復師になるためには、まずは専門機関で3年間学科授業と柔道の実技を学び、そこで技術や礼儀などを吸収して国家試験へ臨みます。

ただし、入学に関しては柔道未経験者だったとしても全く問題視される事はありません

柔道の大会に出る必要もなく、段位を取得しなければならないという訳ではないので、あくまでも柔道の経験をしたことがあるかどうかが条件となります。

そのため、運動が苦手な人でも、小柄な方でも、専門機関に入学する資格がありさらに国家試験に合格する事が出来れば柔道整復師としてすぐに働く事が出来るようになっています。

勿論柔道の時間は最初から高度な事をするのではなく、3年間で段階を踏みながら安全に配慮しながら指導してもらう事が可能です。