【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の資格を取る為に専門学校の面接対策をしよう

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/16
    

柔道整復師になるには専門学校などで学び、国家資格を手にする必要があります。

専門学校を受験する際、面接が行われることがあります。

いろいろな質問がされますが、例えばなぜ当校を選んだのかや目的意識や意欲などについて聞かれることが多いでしょう。

学校側として受験生の全体像を確認しながら、実際学校で学ぶ姿をイメージするものです。

自分の意見を学校側にうまく伝わるよう話すことが重要で、模範回答をただ行うだけではアピールすることはできません。

事前に準備しておくことによって、当日安心して自分をPRすることができます。

 

自分を上手にアピールすることが大切です

専門学校の面接ではいろいろなことが聞かれることが想定されています。

例えば普段の生活をどのように行っているのか聞かれることがあります。

欠席が多かったり、遅刻が多いような生活スタイルでは自己管理が甘いと証拠です。

授業に出席しないと当然知識が身に付かないので、学生時代に欠席が多いような人は専門学校に進んでも授業を多く休む可能性が高くなると判断されてしまいます。

怠け癖が付いているとイメージされないよう注意が必要です。

以前は遅刻や欠席が多かったけれども、柔道整復師になりたいと考え始めた頃から気持ちを入れ替えたなど、学習に対して意欲的なアピールを行っても良いでしょう。

嘘を言うとばれてしまった時に取り返しのつかないこともあるので、真面目に紳士的な態度で質問に対して答えることが大切です。

実際専門学校は実習などが多いので、休むと授業に付いて行けなくなることがあります。

どのような勉強をしたいのか勉強した内容を将来的にどのように活かしたいのか、自分の目標や将来の夢などが確認されるでしょう。

研究したい学問に関して聞かれることもあり、どうしてその分野を選んだのかや具体的な研究方法なども確認されることがあります。

学んだことを活かしてどのように社会に役立てるのかなど、社会貢献に関することも回答できるよう準備しておきましょう。

自分の情熱をうまくアピールすることができるかがポイントになります。

 

専門学校のイベントには積極的に参加しよう

受験する専門学校を研究しておくことも大切で、一度現場を訪れ実感しておくと良いでしょう。

面接する際専門学校のどこに魅力を感じたのかや、どのような学生生活をおくりたいか聞かれることもあるでしょう。

専門学校によってはいろいろなイベントを開催しているので、できるだけ参加しておくことをおすすめします。

イベントに参加した体験をベースにして、自分の考えを主張すると印象を上げることが可能です。

まずは見学し体験することによって、自分の意見を誇張せずに述べると良いでしょう。

学生時代勉強以外について何かをしていたのか聞かれることもあり、クラブ活動などを確認されることが多くあります。

クラブに入っていなくても特に問題はありませんが、もし入っているならクラブ活動を通じて何を得たのか、何を学んだのかを聞かれるかもしれません。

クラブによって合否を決めることはありませんが、いろいろな経験を積むことによって結果的にどのような成績を残したり学んだことが重要になります。

 

日頃からニュースなどをチェックしておきましょう

学校活動以外にも聞かれることが多く、日常生活や趣味などに関して質問されることもあるでしょう。

直接柔道整復師としての仕事と関係がありませんが、受験生の人となりに関してイメージするため聞かれることがあります。

最近あまり深く聞かれる傾向はなく、日常生活などに関係することから受験の合否を決定することはほとんどありません。

どちらかと言うと受験生の緊張を解消するため軽く質問される程度になります。

但し、提出している書類に記載されている趣味や特技などについて、質問されるケースはあるので注意が必要です。

具体的にきちんと答えられるように、いくつかストーリーを準備しておくと安心です。

最近話題になっていることもチェックしていると便利です。

テレビのニュースや新聞などで取り上げられていることに関して関心を持っておくことをおすすめします。

新聞の見出しを読んでおき今話題になっているニュースに関しては頭に入れておくと良いでしょう。

学校側は受験生が自分のことをどのようにアピールするか、自己分析ができているかなどをチェックするものです。

学校に相応しい人かをいろいろな角度から観察してくるでしょう。

初対面の人と話したり自己紹介するのは難しいですが、学校側に自分を知ってもらえる良い機会です。

自分の良い面はアピールしておき、専門学校の分野にマッチした趣味や特技について話すのも良いでしょう。

専門分野に関してあらかじめ勉強しておくと良く、関連する項目についてどんな考えを持っているか聞かれるかもしれません。

嘘を付いたりせずに、真面目に正直に話すことが大切です。

 

柔道整復師の専門学校を受験する際、面接でいろいろなことが聞かれます。

事前に受験する学校を研究しておくことが大切で、現場を訪れておくと良いでしょう。

学校のどこに魅力を感じたのかやどのような学生生活をおくりたいかなど聞かれたり、日常生活や趣味に関して質問されます。

真面目に正直に話すことが大切で自分をうまくアピールすることが大切です。