【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるために国家試験の対策を行っている学校に進学しよう

    

 

国家試験を受けるための受験要件は厳しいので、独学や通信教育で学ぶことは難しく、決められた養成機関で少なくても3年以上学ばなければいけません。

そのため試験対策に力を入れている学校を選ぶことを考えましょう。

 

 

 

定期的に模擬試験を実施している

柔道整復師としての技術や知識を学ぶために、日々講義や実習などを行っています。

ただ、講義や実習だけでは試験対策を行うことができませんので、適当なタイミングで模擬試験を実施しています。

模擬試験は試験に向けてどういう分野が弱いのかといったところを知ることができるので、弱点に該当する分野について重点的に勉強することができるでしょう。

1年や2年の間の模擬試験については実力模試が中心で、3年の模擬試験については国家試験に準拠した形での模擬試験になります。

実際の試験は午前・午後共に150分で解くことになりますので、時間の使い方などについて学ぶのに有効です。

定期的に模擬試験を実施することによって、試験に対してのモチベーションを保つことが可能です。

適切なタイミングで模擬試験を受けることによって、日々の勉強がどこまでうまく行っているのかということをチェックすることが可能ですので、模擬試験をうまく有効活用してみましょう。

 

個人面談をしてくれて適切なアドバイスをもらえる

模擬試験の後、結果が返ってきたときに個人面談が行われることが多いです。

面談によってどのくらい実習が習得できているのかということや模擬試験の結果のフィードバックが行われます。

学校生活や成績状況などを見て困ったことがないかどうかチェックをする場として面談がありますので、こういう機会を有効活用しましょう。

もし困ったことがあるというのであれば、面談のときに相談してみましょう。

なかなか勉強することが難しいならば、有効な参考書を教えてもらえたりしますし、補習を組んだりしてもらえたりもしますので、困る前に相談をするのがいいでしょう。

養成機関のスタッフたちは学生の合格を願っていますので、そのために応援しているのは間違いないです。

困っていることがあれば、積極的に動くことが何よりも大切ではないでしょうか。

 

分からないことがあればすぐに先生に聞くことができる

養成機関の講義でも国家試験に必要なことについて学ぶことになります。

養成機関に行っているということは身近に先生がいるということでもありますので、分からないことがありましたらすぐに質問をすることができます。

参考書などで学習をしているときでもわからないことがあったらすぐに質問してみましょう。

分からないことをほったらかしにするとずっとわからないまま残ってしまう可能性がありますし、分からないことをすぐに聞くことができるというのは何よりも大きいことです。

特に、国家試験対策をしてくれる養成機関については合格率が段違いに高いです。

最近であれば60%前後ですので、その中で80%以上の合格率をたたき出して養成機関については熱心に指導が行われているということでしょう。

勉強が苦手な人にとっては筆記試験がネックになる可能性があります。

ただ、筆記試験に合格しないことには柔道整復師になることができませんので、そのための対策はどうしても必要になります。

 

柔道整復師になるためには3年以上養成機関にて学ぶ必要があり、そのうえで国家試験を受験して合格しないといけません。

養成機関で積極的に試験対策を行ってくれるところを見分けるために、養成機関ごとの「合格率」に注目すればいいでしょう。

合格率が相当高いところというのは積極的に試験対策をしているはずです。