【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるための費用はどれぐらいいる?

    

簡単になれてお金もかからないのであれば、誰でも柔道整復師の資格に挑戦したいかもしれません。しかし、資格を取得するのにはお金がかかります。医療系は学校卒業を前提にしているものも多いので、学校に行くのにどれくらいかかるかが重要になります。

所定の学校を卒業するのにどれくらいかかるか

国家資格を得て、その資格を持っていないとできない仕事ができるようになると、やりようによってはかなり稼げる可能性があります。いかに計画的に資格の取得やその後の使い方を考えておくかが大事です。

人気の国家資格としては医療系の資格があります。日本では高齢化が進んでいて、これからも医療を必要とする人が増えるとされています。自分自身も医療の知識を持っていると、病気やけがを予防しやすくなるかもしれません。

医療系の資格の中でも人気があるのが柔道整復師です。柔道整復師になるための基本的なコースとしては、高校卒業後国が指定する大学や短大、専門学校を修了、卒業し、その後国家試験を受けて合格する必要があります。そのための費用として、学校によって多少差があります。4年制大学はすべて私立大学になり、年間150万円、卒業までに600万円近く必要になるかもしれません。短大と専門学校は3年になりますが、昼間のコースは大学よりも高くなるところもあります。年間150万円としても卒業までに450万円近くかかるかもしれません。専門学校になると夜間のコースがあり、こちらは比較的安く設定されているところもあります。400万円以内の所もあるので、どうしても節約したいときは安いところを選ぶことも考えてみましょう。高いからいい学校、安いからよくない学校などはありません。

自分で整骨院を開業するときにどれくらいかかるか

無事柔道整復師の試験に合格して登録をすると、晴れて有資格者として仕事ができるようになります。多くの人は整骨院などに就職をするので、特にお金はかかりません。ただ、将来的に自分で整骨院を運営したいと考えている人も多いでしょう。独立するのにどれくらいの費用がかかるでしょうか。

独立するときでもほぼお金をかけずに行う方法があります。自宅で行うなら、家賃なども必要ありません。施術をするためのベッドなりマットのようなものは必要ですが、それくらいからでも行えます。ただ、できる業務に限界があり、多くのお客さんに来てもらうとなると自宅で行うのは現実的ではありません。商店街などにあるテナントを借りて改装し、一定の設備を導入してやっとそれなりの運営ができるようになります。物件を借りるのに数十万円近くはかかるでしょう。ベッドなども数台いるので数十万円、さらに電気治療器を数台となると100万円以上かかってきます。借入などもできるでしょうが、数百万円ぐらいかかると考えておいた方がいいでしょう。

できるだけお金がかからないようにするためにはどうするか

資格を取得して仕事をするとき、まず資格を取るのに時間とお金がかかります。さらに取得してからも開業準備などをしなくてはいけません。全くゼロの状態から行おうとして、無事仕事ができる状態までこぎつけるのにどれくらい日数がかかるのか、時間がかかるのかはある程度把握しておく必要があります。

高校卒業後すぐに柔道整復師を養成する学校に行くなどすると、親から授業料などを出してもらえることもあります。その後整骨院で働けば、特に自分で用意するお金はありません。しかし社会人になってから柔道整復師になろうとすると、学校に行くお金も用意しないといけないでしょうし、将来的に開業するときのお金も考えないといけません。仕事ができるまでの費用を抑えることができれば、仕事をし始めてから生活が楽になる可能性があります。

まずは学校をできるだけ安く修了するための方法を考えましょう。大学よりも短大や専門学校の方が修学年数が短くなります。また夜間のコースの方が安くなることが多いです。さらに各学校で用意されている奨学金の制度により、学費の免除が受けられる可能性があります。専門学校などでも申し込み時に試験が課されますが、その成績などで安くなる可能性があるので、頑張って勉強しておきましょう。在学中も成績が優秀なら奨学金が得られる可能性があります。

また、開業資金を抑えるには、フランチャイズなどを利用する方法があります。独立で運営しつつも、資金援助を受けながら営業することができます。