【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になるために通う学校の学費は大学と専門学校でどのくらい変わる?

    

柔道整復師になるために大学で学ぶか専門学校で学ぶか悩む人も少なくありません。

資格を取るだけならどちらを選んでも同じですが、学費などは双方で違いますから、その金額差も考慮しなければなりません。

 

 

 

 

専門学校と大学の平均的な必要費用

基本的に専門学校の学習期間は3年間で、大学の場合は4年間かけ、柔道整復師の資格を目指して学んでいきます。

大学の方が1年長く通いますから、卒業までにかかる学費も、専門学校より多くなるのが通例です。

なので少しでもお金をかけずに資格を取りたい場合は、迷うことなく専門学校を選ぶべきだと思います。

卒業までにかかる費用は、専門学校の場合は概ね400万円前後、大学なら約700万円前後といった感じです。

これはあくまでも平均的な数字なので、実際の費用は各学校によって大きく異なります。

「前後」と言ってもその上下差は数十万円、ともすれば100万円程度前後するケースも少なくありません。

ですから費用を安く済ませるなら、専門学校と言えども入学先はしっかり比較した方が良いでしょう。

 

専門学校で必要な金額を具体的に見る

例えば、専門学校では入学金として30万円、年間の授業料と施設費用などがそれぞれ108万円と46万円、といった金額も見られます。

この場合、初年度の総費用は184万円となりますが、翌年以降は入学金が不要なので、年間の学費は154万円です。

すると卒業までに支払う金額は合計で492万円となるため、専門学校でも400万円を軽く超える場合がある訳です。

つまり平均値は目安でしかないため、その点にあまり拘らない方が良いでしょう。

そのほか、教科書や教材費なども必要となり、それにも10万円から30万円程度かかったりしますから、この点も忘れずにチェックしておいてください。

ただし救済措置がない訳でもなく、社会貢献できる人材育成といった観点から、返済が要らない奨学金を設けている専門学校も見受けられます。

新卒者と既卒者では給付額が違ったりもしますが、適用条件を満たしている人は、それを活用するのがおすすめです。

ただし、国家試験に合格してこそ意義がありますから、費用だけで入学先を選ぶのは得策とは言えません。

そこで、各校の合格率をキチンと確認しておき、資格取得に近い学校を選んで欲しいところです。

 

大学の必要費用と専門学校との金額差

同様に大学の学費に関してですが、入学金で30万円、年間の授業料が90万円、それに年間の施設整備費用で30万円程度かかる大学も数々見られます。

さらに教育充実費などで25万円、実習費に10万円要しますと、入学初年度で合計185万円かかる計算です。

翌年以降は入学金が不要なので、毎年の学費は155万円となり、卒業までに合計で650万円支払う計算になります。

先ほどの専門学校の例では総額が492万円でしたので、卒業までにかかる大学と専門学校の金額差は158万円です。

実際には学友会費や保護者会費など、細々とした諸費用も必要なはずですが、これは各校でかなり内容が違うので、この計算には加えていません。

それらの数字は大まかな金額でしかないので、実際の費用は各校のパンプレットなど、最新資料でお確かめください。

とにかく、100万円を超える金額差が生じる訳ですから、この金額差をどう捉えるかが重要と言えます。

大学は総じて学費が高額なので、金銭面を優先すれば、専門学校に軍配が上がるのは明らかです。

ところが、ほかの学生と一緒にキャンパスへ通い、学生ライフを4年間満喫できるといった大きな利点もあります。

サークルや部活などに入って交友を広げれば、求人へ応募して、社会人になってからその人脈が活きてくるケースも少なくありません。

長い目で見れば、お金では得られないものを手に入れられるチャンスがそこかしこにあるのです。

もちろん、柔道整復師以外の科目を学べることも、大学へ通う利点であり、様々な見識を深められます。

とりわけ大卒という肩書を手に入れられることも、無視できないメリットのはずです。

学びに遊びに人脈づくりにと、それらを考えれば、専門学校との金額差も十分に埋められる価値があるのではないでしょうか。

つまり、学費などのトータルコストは高くなる反面、その金額差に相当する付加価値が大学にはあると考えられます。

とは言え、柔道整復師の専攻学科を扱い始めて日が浅いなど、ノウハウの蓄積度合いは大学ごとで違うので、入学先を適切に選ぶのが肝心です。

 

少ない費用で資格を取り、1年でも早く柔道整復師の求人に応募したいなら専門学校が最適、ということです。

それに対し、キャンパスライフを謳歌して人脈を築きつつ、大卒という肩書も入手できることに価値を見出すなら、大学の方が魅力的になります。

人生といった長いスパンで考えれば、むしろその程度の金額差で済むなら安い方かもしれません。

柔道整復師の求人に応募して働き始めれば、それぐらいの金額は取り戻せますから、その意味では大学で学ぶのもありだと思います。

とは言え、どちらが正解という類の話でもありませんから、それぞれの価値観と照らし合わせ、自分にピッタリな答えを見つけましょう。